一人で登るからこその楽しみ。ソロ登山流行中!その魅力は?

スポンサーリンク
728×90

最近、ひとり山登りをする「ソロ登山」が流行しているのをご存知ですか?仲間と山登りをして山頂に着いた喜びを分かち合うのも素敵ですが、ひとりで歩く登山の楽しさを覚えると、やみつきになる人も少なくないようです。ソロ登山にはどのような魅力があるのでしょう。今回は、ソロ登山の魅力についてご紹介します。ソロ登山に興味がある方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ソロ登山の魅力1「自由に歩きたい」

ソロ登山をする多くの方が感じているのが、「とにかく自由に山を歩きたい」ということ。目的時から出発時間、コース、帰宅時間まで、すべて自由に決められるのが最大のメリットと感じている方は少なくないようです。

ソロ登山は、ひとりであれば好きなときに立ち止まることができますね。「この景色を写真に撮りたい」と思えば、周囲に気を使うことなく好きなときに足を止めることができます。ソロ登山は、自分の好きなペースで自由に山を歩けるのが楽しいと感じている人が多いということですね。

ソロ登山者の中には友達と話をしながら山を歩くことが、意外とエネルギーを使うという声もあります。友達と話すことは楽しいですが、山登りとなると余計なエネルギーは消費したくないですね。

ソロ登山の魅力2「当日の天候や体調が悪いときでも予定変更がラク」

登山仲間とスケジュールを合わせて山登りをするのは、当日までのワクワク感や楽しみが増しますね。しかし、いざ山登り当日に自分の体調が微妙に悪いと感じた場合、せっかく立てた予定をドタキャンして良いものなのか気を使うのではないでしょうか。

また、山登りの感覚というのは人それぞれ違うようです。「小雨くらいで山登りを中止にするの?」「ここまで来たなら山頂まで行ってしまおう」と感覚が合わないこともあるでしょう。

山登りをするときの天候の判断はとても難しいことだとは思いますが、そもそも感覚が合わない人と登山をするのは避けた方が良いということですね。ソロ登山であれば、「やめとこう」という判断を自分ひとりで決められるので、すぐに予定変更できるのがメリットのようです。

ソロ登山の魅力3「新しい山仲間ができる」

ソロ登山をする人の中には、新しい出会いを求めている人もいるようです。ひとりの方が気軽に話しかけやすいという人や、たまたまテント場で友達になったという人もいます。お互いソロ登山であれば同じ趣味を持つ者同士、共通の話題が多いのかもしれませんね。

人によっては、その場限りの交流で終わる場合もあれば、その後も一緒に山登りをして山ごはんを楽しむという場合もあるようです。

最近では、外国人の登山者も増えています。日本の山岳風景の美しさから、外国人登山者が増えているのかもしれませんね。もし登山者の中で外国人の方に遭遇することがあれば、話しかけてみてはいかがでしょう。案外、フレンドリーに答えてくれるかもしれませんね。

ソロ登山の魅力4「自分の実力を知りステップアップできる」

登山経験者の方と一緒に山登りをすれば、初心者のうちでもある程度難しい山に登れてしまうこともあるでしょう。確かに、登山経験者の方と一緒であれば安心して山登りができますし、アドバイスなどがもらえて良い経験になるでしょう。

しかし、ソロ登山はひとりで目的の山を決めて、全ての計画を自分で立てなくてはいけません。

ソロ登山の魅力は、自分の実力を知り自分のレベルに合った計画を立てられることです。そのため、自分の実力を徐々にステップアップさせることができ、さらに山の情報や知識を身に付けることができるでしょう。

例えば、「○○山の登山ルートを調べると、一般的にテントか山小屋で1泊して登る人が多いようだ」という場合は、「自分はまだ山で寝泊まりしたことがない初心者だから、1日で登れる山に変更しよう」というように、山選びをすることができますね。

このように、自分で情報収集をして少しずつ行ってみたい山に近づけるよう、ソロ登山でステップアップするのが醍醐味という人もいます。

想像以上にソロ登山者は多い!

ソロ登山は、「ひとりで山登りして楽しい?」「ひとりだと危険じゃない?」と感じる人もいるのではないでしょうか。

実際に山に登ると、老若男女さまざまな方がソロ登山を楽しんでいる姿を見ることができます。初めて山登りを体験して、「ソロ登山者は自分だけじゃなかった」と感じる人が多いようです。

中には、「ひとりで山登りをしても話し相手もいないし、退屈じゃないの?」と思う方もいるようです。

しかし、ソロ登山は自分で登山ルートを調べ、自分の足で歩き、食事のこと、安全に下山することなど、頭の中はみなさんいっぱいです。そもそも退屈している暇はないということですね。

最後に

いかがでしたか?ソロ登山が増えている理由が伝わりましたでしょうか。興味はあるけれどなかなか勇気が出ないという人は、最初は友達と山登りをしてソロ登山の方を見てみると良いのではないでしょうか。

そこから、「よし!自分でもできそうだ!」と感じたら、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら