最近何だか調子が悪い。。。その不調は春バテのせいかも!春バテの原因と対策!

スポンサーリンク
728×90




最近、何となく疲れがちだったり、気分が落ち込みがちで、心身共になんだか不調ということはありませんか?特に、新生活を始めたばかりの方や、環境に変化があった方は要注意。その症状、実は、春先の不安定な気候や、春特有の環境の変化によるストレスが原因の”春バテ“かもしれません。春バテには様々な症状がありますが、早めに撃退して乗り切りたいものです。
そこで今回は、春バテの原因から、予防や改善のためにできる対策まで詳しくご紹介しましょう。

春バテとは?

前述のとおり、春先の不安定な気候や、この時期に多い環境の変化は、どうしても体調を崩す原因になってしまいがち。春バテとは、このような春に起こりやすい心身の不調の総称ですが、人によってどんな症状が出るかは様々です。

例えば、なんだか気分が落ち込みがち、やる気が出ない、不安感や倦怠感、イライラといった精神的な不調や、目覚めが悪い、昼間に眠い、夜に眠れないなどの睡眠トラブルとして表れることもあります。

また、体のだるさ、肌荒れ、抜け毛、肩こりや手足の冷えといった、身体的な不調が起こる場合もあります。そのため、健康で元気なはずなのに、これらの症状がいくつかあてはまるという方は要注意なのです。

春バテの主な原因は自律神経の乱れ

春バテの症状は、体の自律神経の乱れによって起こることが多く、また春先はその自律神経を整えるのが難しい季節でもあります。

そもそも、自律神経は、活動や緊張、ストレスに関わる交感神経と、その反対に、休息やリラックスに関わる副交感神経で成り立っており、正常であれば主に昼間は交感神経が、夜は副交感神経が優位に働きますが、これが乱れてしまうと、心身の健康バランスも崩れてしまうのです。

例えば、春先は気候の変動が激しく、天候の移り変わりも激しいうえ、前日は過ごしやすい気温だったのに、今日は肌寒い、昼間は暖かかったのに、夜になると寒いといった気温の寒暖差が大きいという特徴があるため、これに身体が対応しようとすることで、交感神経が優位に働きがちな状態になったり、多くのエネルギーを消耗してしまうため、体は疲れを感じやすくなってしまいます。

特に、冬から春へのファッションの移ろいに合わせようとしすぎて薄着になりがち方は、体の冷えから血のめぐりが悪くなり、そこから不調を引き起こしてしまう場合もあります。

また、春は大陸から移動性高気圧が次々と流れてくるため、低気圧と高気圧の入れ替わりが激しく、気圧がめまぐるしく変化するという特徴もあり、この影響で自律神経が乱れがちになったり、低気圧によって昼間の眠気や、体のだるさを感じやすくなっていることもあります。

さらに、花粉症による体質的な不調も重なり、心身共に疲れがちという方も多いことでしょう。

そして、なんといっても春は、

  • 卒業
  • 入学
  • 進学
  • 就職
  • 転勤
  • 異動

といった生活環境が変化しやすいシーズンですから、自分自身の新生活や周囲の変化に伴って、知らず知らずのうちに緊張感やストレスをため込みがちになり、これも自律神経を乱れさせる大きな原因となってしまうのです。

春バテに効く対策3つ!

困った春バテを予防したり、撃退するためには、乱れた交感神経と副交感神経のバランスを正常に戻し、自律神経を整えることが大切になります。

なるべくストレスをためないようにし、心身をリラックスさせるのがポイントになりますが、忙しい毎日ではなかなか難しい面もあります。

そこでおすすめしたい対策のキーワードになるのが、「体を温める」こと。体温が上がれば、体の代謝や免疫の働きが良くなるという効果もあります。

目もと、首もとを温める

寝る前に、目もとや首もとを温めることで、スムーズに深い眠りに入りやすくなり、これによって睡眠の質が上がると、副交感神経を優位にして心身をリラックスさせる効果が期待できます。

特に、目もとを心地よく温めると(40℃前後)、短時間で副交感神経を優位にさせることができ、リラックス効果を得られるのでおすすめ。目もとを温めてくれる市販のアイマスク製品や、蒸しタオルを使うと効果的です。

炭酸入浴でリラックス

ぬるめのお湯(38~40℃)に、炭酸ガス入りの入浴剤を入れ、20分程度ゆっくり浸かる炭酸入浴は、副交感神経を活発にするリラックス効果がありますから、体を温め、自律神経を整えるのにおすすめ。

就寝前であれば、その後の眠りへも入りやすくしてくれますから、?と同様、睡眠トラブルの改善にも効果的と言えるでしょう。

服装で上手に温度調節

春の不安定な気候や、気温の寒暖差に上手く対応するためには、服装で上手に温度調節することも欠かせません。

それには、ストールやマフラー、カーディガン、スプリングコートなどをいつでもさっと羽織れるようにしておく、靴下やレギンスなどで足元を冷やさないようにするといった心がけが効果的です。体が冷えてしまったときは、?や?のような方法で、体を温めるケアを!

最後に

春バテの解消には、適度な運動も効果的で、散歩を兼ねた軽いウォーキングや、ストレッチといった軽い運動は、体の血行を良くする効果もあります。ただし、あくまでも体を疲れさせない程度の運動ですから、翌日に筋肉痛になるような激しい運動は避けましょう。

また、これらの運動を朝に行ったり、朝日を浴びたりするなど、なるべく太陽の動きと合った朝型の規則正しい生活を心がけることも、体内時計や自律神経を整えるのに効果的です。ぜひ、ご紹介したポイントも参考に、春の不調、「春バテ」は賢く予防&撃退してくださいね!

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら