お得なLCC。春秋航空(スプリングジャパン)を何度か利用して感じたメリットデメリット

スポンサーリンク
728×90

年末年始の帰省シーズンですね。お盆やゴールデンウィークも、帰省の交通費はなるべく安く浮かせたいですよね。新幹線や大手航空会社だとやっぱり高い。もっと節約できないかな?と思った時、お得なのがLCCの航空会社です。

私はもう何度もLCCの春秋航空を利用していますが、実際に利用してみて、良い所、悪い所色々感じています。そこで今日は、春秋航空を利用してみて分かったメリットデメリット、上手な使い分け方などをお伝えしたいと思います!

春秋航空を利用するメリット

閑散期は安い

LCCはその名の通り格安航空会社ですから、当然のごとく他の大手航空会社と比較して値段が安いです。ただでさえ安いのですが、時々驚くような安さの時があります。定期的に国内線、国外線が1,000円未満になるキャンペーンをやっているのです。

閑散期のキャンペーンなので、なかなか利用する機会がありませんでしたが、一度、帰省の時にちょうどそのキャンペーンをやっていて、成田広島間を3000円台で利用できたことがありました。これはかなり嬉しかったです!

閑散期に利用するなら春秋航空はおススメです。

繁忙期でも比較的とりやすい

大手航空会社等では、年始の帰省先からの復路便は、往路便より早く売り切れることが多いです。1/3や1/4などは、かなり早く予約する必要があります。

でも、春秋航空なら、大手航空会社がSOLD OUTとなっている時期でも取れることが多いです。最後の頼みの綱的に利用できると思います。

機体がきれい

春秋航空はまだ新しい航空会社のため、機体がとても綺麗です。機内が清潔で、とても快適に過ごせます。CAのお姉さんも若い方が多い気がします♪

春秋航空を利用するデメリット

繁忙期は早く買わないと安くない

春秋航空は、繁忙期も安いですが、他の航空会社同様、搭乗日が近くなると高くなります。大手航空会社を早く買った時と同じくらいの価格になることもあるので、繁忙期は早く予定を決めて購入することをお勧めします。

成田空港が遠い

国内線ならやはり羽田空港が便利ですが、春秋航空の国内線発着地は成田空港です。私はいつもバスが楽なので、東京駅からのバスを利用していますが、東京駅まで行く時間と、そこからバスに乗って1時間15分なので、結構遠く感じます。

また、空港のゲートから飛行機の搭乗場所まで、バスで行かなくては行けないこともままあり、面倒くさい、余計な時間がかかっていると思うことが多いです。

チェックイン締め切り時間が早く、少しでも遅れると乗れない。

空港での待ち時間を減らしたいので、無駄のないよう出発時刻を決めたいと思うのですが、春秋航空のチェックインの締切時刻は、他の航空会社より早いのです。大手航空会社が15分、20分前なのに対し、春秋航空は35分前です。

そして、ネットの口コミでよく書かれていますが、この35分前ルールは鉄壁です。少しでも遅れると乗せてもらえません。私の知り合いでも、ほんの少し遅れただけなのに乗せてもらえなかったと嘆いていた人がいました(T_T)。

オーバーブッキングの脱落者を出すためとの噂がありますね。

出発時刻がかなり遅れることがある

大手航空会社を利用した際に出発時間が遅れたことは記憶にありませんが、春秋航空を利用して痛い目にあったことがあります。夜の便を使った際、前の便の到着遅れの影響で、出発時刻が3時間近く遅れたのです。

到着した空港から目的地へのバスの最終時刻がギリギリになってしまうため、これには本当に焦りました。口コミを見ると、結構遅れることはあるようですね。予定が狂ってしまうので、絶対に外せない予定がある場合は春秋航空は避けた方が無難かもしれません。

決済手数料を取られる

チケットを買う際、HPで手続きを進めて行くと、最後に決済手数料と出てきて、なんだこの手数料は??と最初は驚きました。

クレジットカードを利用する場合、550円かかります。

運賃を格安にしているのだから決済手数料は払ってねということですが、普段のカード決済で手数料を払うことがないので、ちょっと負担に感じますね。

安いから堕ちないか心配…

運賃を安くできるからにはそれなりの理由があると考えると、安かろう悪かろうで安全面が疎かになっていないか不安になったりします。特に3000円台で乗った時はとても心配でした…(^_^;)

勝手な思い込みですが、中国系の会社なので安ければ良いだろうと適当なことをしていないかなど勘ぐってしまったり…(^_^;)

実際には墜落事故など起きていませんし、いらぬ心配ですが、やはり今後もずっと取り除けない不安のような気がします。

最後に

以前は、朝の便が始発でも間に合わないような早い時刻でしたが、最近はそれが解消されたので、前より利用しやすくなりました。閑散期や、繁忙期でもかなり前から予定が決まっている時は、春秋航空は安く利用できるためとても重宝しています。

状況によって、大手航空会社や新幹線を使った方が良い場合もあると思いますので、その時々で上手に使い分けられると良いと思います♪

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら