😱注目~!静電気が体に与える影響とは

スポンサーリンク
728×90




秋から冬の寒い時期に空気が乾燥すると起きるのが静電気です💦。あの、突然バチッとくる衝撃は、どんな人でも苦痛ですよね。ドアノブを握るとき、セーターなどの洋服を脱ぐとき、いつバチッとくるのかビクビクしてしまいます。この静電気ですが、なぜかいつも自分は静電気が起きると思う人はいませんか?いつも静電気が起きてしまう人は静電気体質というのですが、この静電気体質の人は実は身体にとって悪影響だったのです。今回は、静電気がどのような影響を身体に与えるのか、静電気にまつわる豆知識をご紹介します。 

静電気体質の人は不健康?!

静電気体質の人は、一般的に自然放電ができない人のことをいいます。静電気特有のバチッとした衝撃を感じない人は、実は金属などの静電気を通しやすい物質に触れる前に、自然放電できているのです。これは、身体が健康な状態だとできるそうです。そのため、静電気体質の人は発生した電気が自然界と循環せずに、体内に留まった状態になっています。つまり、静電気体質の人は、身体に不調がある人が多いということなのです。肩こり・腰痛・冷え症の症状がある人が、自然放電が苦手という共通の特徴があります。そして、これらの症状を引き起こすのが、食生活や睡眠時間などの生活リズムの乱れからくる血液がドロドロの状態が原因のひとつとなっています。

静電気体質により起こる悪影響

静電気が身体に与える影響は様々なものがあります。肩こりや免疫力の低下、静電気によるカルシウムやビタミンCの流出を高速化したり、疲労やストレスが溜まりやすくなるなど、身体に与える悪影響は様々なものがあるのです。最悪、静電気により埃やダニを引き付けやすくなり、衣服などから化膿の原因となる菌が皮膚に侵入すると、皮膚病を引き起こす可能性もあります。このような症状にならないためにも、静電気は積極的に除去したほうがよいでしょう。

静電気体質の改善方法

静電気体質を改善するためには、まず部屋の中を静電気から守る必要があります。静電気は空気の乾燥により発生するため、加湿器をつけて湿度を50%くらいに保つことが大切です。観葉植物を置くのもひとつの手です。観葉植物はマイナスイオンを発生させるため、静電気を起こりにくくさせてくれるのです。また、静電気が起きやすい衣類は、洗濯のときに柔軟仕上げ剤を使用したり、服の組み合わせにも静電気が関係していきます。+に帯電しやすいウール製品と、-に帯電しやすいアクリルやポリエステルの服の組み合わせは静電気が発生しやすいため、避けるようにしましょう。

最後に

いかがでしたか?まさか静電気が身体に悪影響を与えているとは思いませんよね。冬になるといつも静電気が起きると何気なく思っていた人は、ただ単にバチッと嫌な思いをするだけでなく身体が不調となる原因を作っていたのです。静電気体質にならないために、普段から規則正しい生活と静電気を発生させない空間づくりが大切になってきますね。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら