初心者にも簡単!株価の動く要因について

スポンサーリンク
728×90

株価は企業の業績より先に動くと書きましたが、言い換えると、株価は人気によって動くといえます。今回は株価が動く要因について確認をしたいとおもいます。

株価は人気によって動く

企業の来期の業績が上がると予想されると、その企業の株は人気を呼びます。当然のように投資家の多くは、その株を買い求めます。結果として、株価が上がります。このように企業の人気が高くなると、株価が上がります。反対に企業の来期の業績が下がると予想されると、その企業の人気は下がります。投資家の多くは、その企業の株を売りにかかります。その結果、株価は下がっていくのです。

株価は常に行き過ぎる

株価は上がったり下がったりします。それも企業の業績が明らかになる前にです。ということは、投資家の思惑により、株価が動くのですから、必ずといってよいほど、行き過ぎます。具体的な例で説明します。

例えば、現在、株価200円の株があったとします。この企業の業績が来期、大幅に上がると予想されました。その業績の上げ幅は20%ぐらいだとします。すると、投資家は株価も20%ぐらい上がると予想して買いに出ます。一部の投資家が、その株を買いに出たら、それを見ていた他の投資家たちも、あわててその株を買いに出ます。彼らの多くは、株価が20%どころかもっと上がると予想します。

結局、株価は行き過ぎて20%上昇の240円どころか270円ぐらいまで上がります。このようにして株価は上がるとき、必ずと言ってよいほど行き過ぎすます。また、下がるときも、同じように下がりすぎます。上がりすぎた株価を見た多くの投資家たちは、これはあまりに上がりすぎたと感じて売りに出ます。すると、今度は下がって、240円ぐらいで下げ止まるどころか、それ以上に下げます。このように株価は人気により、上がるときも下がるときも必ずといってよいほど行き過ぎます。

株価は波を描くようにうごきます

株価は波を描いて動くことになります。つまり上がるときは業績以上に上がり、その反動で下がります。その下げ方は上昇の反動で必要以上に下げます。下がるときも同じです。株価は業績の下げ以上に下がります。その反動で、今度は上がります。その上がり方も、下げた反動で必要以上に上がります。結果として、株価の動きは波を作るのです。実際、株価が上がるときも、ちいさな波を描きながら上がります。下がるときも小さな波を描きながら下がります。

株価の波を利用して利益を得る人たち

デイトレーダーといわれる人たちの多くは、この小さな波をつかんで売買しています。つまり、波の底で買い、波の天井で売ります。しかし、別の投資家はこの小さな波を無視して、1週間単位の波を利用します。スイングトレードと呼ばれる投資方法がこれです。中には、もっと大きな月単位、年単位の波を利用する人もいます。

業界によって、波の現れ方は違う

どのような大きさの波を利用するかは、投資家の性格によってことなります。例えば、建築業界では約10年周期の波が見られます。周期とは波の長さです。工作機械の業界では4.5年周期の波が見られます。このような長い波(大きな波)を利用すれば、損をすることはめったにありません。また専門のデイトレーダーでない場合、つまり、サラリーマンなどはデイトレードなど、時間的にも無理です。何よりも、株価が気になって、本業の仕事に差し支えるようになります。そんなわけで、仕事を持っている人にはスイングトレードを勧めます。もっとノンビリと株で儲けたいという人には、次に紹介する月単位のトレードなどがよいようです。

一年周期の波の代表、季節銘柄

株の中には一年周期の波を描くものが多いです。その代表は季節銘柄と呼ばれる株です。具体的に例を挙げると、清涼飲料株やビール株です。これらの株は春から夏にかけて株価の天井を作ります。そして、冬に底値を示します。ですから、ビール株など、秋から冬にかけて仕込んでおいて、春から夏にかけて売れば、毎年、ボーナス分ぐらいの利益は稼げる計算になります。ただし、季節変動する株は優良株です。業績悪化が予想される株や赤字株は、このような季節変動は期待できません。

季節変動に関する書籍の紹介

アマゾンキンドルで「季節変動で儲けよう」(中西良三郎著)が出版されています。電子本ですが参考にしたい人は一読してください。

http://www.amazon.co.jp/%E5%AD%A3%E7%AF%80%E9%8A%98%E6%9F%84%E3%81%A7%E5%84%B2%E3%81%91%E3%82%88%E3%81%86-%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E6%8A%95%E8%B3%87%E5%85%A5%E9%96%80-%E4%B8%AD%E8%A5%BF-%E8%89%AF%E4%B8%89%E9%83%8E-ebook/dp/B00N3KVH1A

この記事を書いた人

r.nakanisi
r.nakanisi
現在、私自身はブログ「株と仲間」を運営中、著作は4冊、塾、家庭教師活用法(大阪教育センター)、株 確実に5割儲かる私の投資法、株、チャートで100万円が6年で1億円、株、儲かる投資法、危ない投資法,ムダな投資法(以上、エール出版)、株式投資のはなし、季節銘柄で儲けよう、その他、電子書籍多数(アマゾンキンドル)など。
スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら