定規を使って分析していた時代にも役立った、株価の移動平均線とは

スポンサーリンク
728×90




移動平均線とは、株価を時間軸から考えて平均を取ったものです。その移動平均線の考え方、および、ゴールデンクロス、デッドクロスについては前に説明したと思います。また移動平均線上の株価は妥当株価とみなすという考え方も説明しました。今回はその移動平均線が意味する根本的なことを説明します。

移動平均線は傾向を表す

株価のチャートを見ていると、毎日の株価はジグザグに上がったり下がったりしているのがわかります。これを移動平均すると、ジグザグのグラフは滑らかになります。その移動平均線の中でも短期移動平均線より、中期移動平均線の方が、中期移動平均線より、長期移動平均線の方が滑らかです。

つまり、移動平均線は株価の動く傾向を表すのです。傾向とは株価のトレンドです。長期移動平均線が上昇気味なら、株価は長期的にみて、上昇傾向だといえます。反対に、長期移動平均線が下降気味なら、株価は長期的にみて下降傾向だといえます。

ただし、長期移動平均線もそれほど長期的な平均を取っていません。せいぜい、短期か中期の株価傾向だと考えてよいでしょう。長期移動平均線が上昇気味だということは、その間、株価は株価は上昇傾向だといえるのです。反対に長期移動平均線が下降気味だということは、株価が下降傾向だといえます。

株は上昇トレンドを狙って買う、下降トレンドを狙って売る

さて、株を買うときは、上昇傾向にある株を買うのが無難です。というのは、株価は上昇気味ですから、失敗する可能性は少ないです。反対に株を売るときは下降トレンドに入ったときに売りチャンスを狙うのが賢明です。

ところが、実際はこのように単純ではありません。移動平均線は毎日の株価のように上下にジグザグしていませんが、それでも上昇トレンドから下降トレンドに変わったり、下降トレンドから、上昇トレンドに変わることがよくあります。

移動平均線からの乖離率を見て売買する

株価は上昇トレンドや下降トレンドだけをみるのではなく、株価の移動平均線からの乖離率を見るのです。乖離率とは実際の株価が移動平均線からどれだけ離れているかを数字で表したものです。

この移動平均線からの乖離率はグラフになっています。

インターネット上でみることができます。株価が移動平均線から、上に遠く離れている場合は売りチャンス、下に遠く離れている場合は買いチャンスです。

私はインターネットが普及していないとき、定規で株価と移動平均線の距離を測っていました。それでも結構役に立ちました。

最も安全な買い方は乖離率が底のときに買うのです。売るのは逆に回利率が天井のときに売るのがよいのです。移動平均線の乖離率の底はとがった底が多いです。同様に天井はとがった天井が多いです乖離率の底や天井は一日で終わることが多いです。移動平均線からの乖離は、移動平均線上の株価を妥当株価とみなす考え方です。

この妥当株価の考えも以前に説明したと思います。つまり、株価が移動平均線より高ければ、割高、株価が移動平均線より安ければ、割安なのです。 移動平均線はゴールデンクロス、デッドクロスだけを見るのではなく、他の方面からも見るべきです。単純な道具ですが、実に役に立ちます。

これが私の持論!教科書では教えてくれない、妥当株価と移動平均線とは

http://www.amazon.co.jp/%E4%B8%AD%E8%A5%BF-%E8%89%AF%E4%B8%89%E9%83%8E/e/B004LRSSH0/ref=dp_byline_cont_book_1

この記事を書いた人

r.nakanisi
r.nakanisi
現在、私自身はブログ「株と仲間」を運営中、著作は4冊、塾、家庭教師活用法(大阪教育センター)、株 確実に5割儲かる私の投資法、株、チャートで100万円が6年で1億円、株、儲かる投資法、危ない投資法,ムダな投資法(以上、エール出版)、株式投資のはなし、季節銘柄で儲けよう、その他、電子書籍多数(アマゾンキンドル)など。
スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら