当日の株価を推測するには、アメリカ市場の動向をチェックしよう!

スポンサーリンク
728×90

よく知られていることですが、日本の株価は欧米、中でもアメリカの株価の影響を強く受けます。思い出せば、昔は日本の経済自体がアメリカの影響をうけていました。アメリカがクシャミをすると、日本が風邪をひく、などといわれた時代もありました。最近は円も強くなり、昔ほどの影響は受けなくなりましたが、それでもアメリカの株価が下がると、日本の株価もさがるのは変わりません。というのは、アメリカ経済は世界経済の中心で、世界中の国に影響を与えているのです。日本もその影響下にあることは言うまでもありません。

日本の株式市場がアメリカの株式市場と連動する「写真相場」

日本の株式市場はアメリカの株式市場と連動する、これを写真相場といいます。つまり、アメリカで株価が上がれば、それを写したように、日本で株価が上がる。反対にアメリカで株価が下げれば、それを写したように、日本で株価が下がるのです。

この現象を知っていれば、アメリカの株価相場を早い目に知り、日本での株式投資に生かすことができます。幸い、アメリカと日本とは時差が11時間ほどあります。11時間といえば、約半日です。アメリカの午前11時が日本の午後10時です。つまり、アメリカの午前中の株式相場の様子を日本で午後10時ぐらいに知ることができるのです。

また、日本で株式相場が開かれる午前9時はアメリカでは深夜の10時です。アメリカのその日の株式相場などはとっくに終わっています。ということは、朝の6時ぐらいから、アメリカ市場の株式相場を分析すれば、日本での9時からの株式相場に十分間に合うのです。日本の朝6時といえば、アメリカの午後7時ぐらいです。アメリカでも投資家がその日の相場の検証に入っている時間帯です。

短期投資、なかでもデイトレーダーの場合、これを利用しない手はありません。デイトレードで株式売買を行う場合も、日本で朝の9時に、いきなり株を売買するのではなく、その半日前に終わっているアメリカの株式相場を参考に株を売買するのが賢明です。そのためには、遅くとも、朝の7時にはその日の投資戦術を考えておかなければなりません。

写真相場を利用しているのは日本人だけではない

ところで写真相場を利用しているのは、日本人だけではないのです。当のアメリカ人の相場師たちも、この写真相場を利用しているのです。例えば、アメリカの相場が上げ相場で終わったなら、彼らは、次に日本の株式市場で日本の会社の株を買いに出勤してきます。つまり、アメリカとは半日遅れの株式市場を使っているのです。こうすることによって、彼らは、ほぼ一日中、株式投資を行っているのです。

もちろん、これは日本人が日本の株式市場だけで株を売買しているのに比べると、時間が倍ですから、倍以上の利益を得ることができます。また、アメリカ市場で株で失敗しても、日本の株式市場ではアメリカの株式市場とおなじ相場が丸写ししたように続きますから、アメリカの株式市場の失敗を日本の株式市場の相場で取り返すことができるのです。

深夜の経済ニュース、早朝の経済ニュースに注意すること

以上のようなわけで、深夜の経済ニュース、早朝の経済ニュースに注意することが大切なことがお分かりいただけたと思います。これらの経済ニュースは何もテレビ、ラジオだけではありません。最近は証券会社も深夜や早朝にアメリカのその日の相場情報を流しています。これらは大変役に立つことは言うまでもありません。

この記事を書いた人

r.nakanisi
r.nakanisi

現在、私自身はブログ「株と仲間」を運営中、著作は4冊、塾、家庭教師活用法(大阪教育センター)、株 確実に5割儲かる私の投資法、株、チャートで100万円が6年で1億円、株、儲かる投資法、危ない投資法,ムダな投資法(以上、エール出版)、株式投資のはなし、季節銘柄で儲けよう、その他、電子書籍多数(アマゾンキンドル)など。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら