冬場は家中を暖めたい!結露を防ぎ、家を経済的に暖める方法とは

スポンサーリンク
728×90

家の中で暖房器具を使うと、窓ガラスに結露が出来るときがあります。以前にも結露について記事でご紹介しましたが、この結露を見過ごしていると大変なことになります。まず、木造の家なら結露が出来た箇所から木材などが腐ります。コンクリートの家でも、結露の付近からコンクリートがぼろぼろになります。今回は、結露を防いで、家の中を経済的に暖める方法をご紹介します。

結露はどうして発生するの

空気中には一定の水分があります。湿度という単語で理解いただけますよね。風船を空気としてイメージしてみてください。風船の中に今水が入っているとします。

温かい間は風船は膨れ上がるのですが、寒くなるとちぢまって水分を保有することができなくなり、水があふれでてしまいます。これが結露が発生する原因なのです。

暑い夏場には全く発生していないのに、空気が乾燥する冬には発生する。何となく理由はご理解いただけたでしょうか。

結露を防ぐと暖房費の節約になる!

結露を防ぐには、窓ガラスを2重にして結露を防ぐのがよいのですが、透明な防犯シートなどを窓ガラスに内側から貼っても結露は防げます。結露を防ぐと、暖房効率も大きくなるのです。何よりも、窓ガラスを通して逃げていく熱が少なくなります。

つまり暖房費が安くなります。

効率的に部屋を暖くするために、換気をするなら2階の窓を締めておく

吹き抜けは暖かい空気が全部、上に逃げてしまいます。ですから、家を建てるときは、玄関の吹き抜けなどはやめたほうが賢明です。しかし、この効果を逆に使うことも出来ます。今はどこの家庭も2階建て以上だと思います。その階段部分は吹き抜けと同じです。

ということは、家中の空気を入れ替えるときは、1階の窓を全部開けても、2階の窓は締め切ったままにしておくのです。すると、家の中の空気は新鮮な空気に入れ替えても、寒くはなりません。

それを間違えて、2階の窓も全部開けてしまうと、暖かい空気は全部2階から逃げてしまいます。

2階の窓を閉め切った時は、暖かい空気は2階を十分に温めた後、下に下りてきますから、結局、一階の窓を開けるだけで、家中の空気を入れ替えることが出来ます。暖房費の節約という面から考えると、この方が経済的です。

参考までに、私が2階の窓を開けるのは、暖かい日で暖房器具など使っていない日です。

最後に

いかがですか。家は上手にメンテナンスすることが大事です。以上のようなことをふまえて、効率良く経済的に家を暖めてみてくださいね。

また、寒い冬にエアコン代を節約する方法に関する記事もございます。是非ご覧ください!

エアコンの電気代を節約するために、付けっぱなしが正しい!?風量は自動運転??

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら