ストレスがムダ遣いやギャンブルに人を追いやる。そう、実はイライラを減らせばお金が貯まる!

スポンサーリンク
728×90

毎日行くスーパーや、たまに行く百貨店。毎晩覗くインターネット、深夜のテレビ通販番組と買い物の仕方は千差万別。どの買い物方法でもムダ遣いはできるものです。そして、高価なものを買うだけがムダ遣いではありません。分かっているけどやめられない「ムダ遣い」何が原因なのでしょうか。

ムダ遣いの原因はストレス

私たち人間はストレスが溜まると何かで発散しようとします。ストレスの原因そのものに体当たりできればいいのですが、なかなかそれができる人は少なく、ストレスを抱え込み、その発散方法としてムダ遣いに走る人が多くいます。ムダ遣いの種類はさまざまですが

  • 買い物をする
  • 飲み歩く
  • 購入するが実際は使わない
  • ギャンブル
  • 人におごる

等です。

ですから、ストレスの原因を取り除くことができればムダ遣いは確実に減ります。とても簡単にムダ遣いから脱出できそうな話ですが、これがそうでもありません。

まず、ストレスに気がつかない人が多いこと。ストレスには気が付いていても何が原因か分からない人がたくさんいるのです。

なぜストレスに気がつかないのか

それは、プライドが邪魔をしている場合もあります。たとえば、職場の同僚が嫌いだと思っていても、自分は誰とでもうまくやれる人だと思い込んでいることがあります。

「自分は誰とでも上手なコミュニケーションがとれる人だ」

と思い込みたい自分のプライドが邪魔をして、嫌いな同僚が居ることを認められないなどです。

これは嫁姑問題にも通じます。みんなは姑や嫁の悪口をいつも言っている。しかし自分はうまくやっていけている。「素晴らしい人」だと思われたい。「羨ましい」と思われたい。というプライドが本当の問題から目を逸らす結果になっているのです。

ストレスに気づくために

自分のストレスに気がつくためには、簡単にはプライドを捨てる事です。自分が理想とする自分で生きる事は自分の首を絞めることと同じです。ありのままの自分を受け入れる事が出来なければ、一生ストレスからも苦しみからも解放されることはありません。

また、そのような人が親になると、子どもも親同様に苦しみます。親が苦しんでいるのに苦しんでいないフリをすると、子どもも同様に苦しくても苦しいと言えない子どもになります。

ストレスは百害あって一利なし

適度な緊張感や自分で理解できているストレスは良いでしょう。しかし、自分を見失うようなストレスは、何の得にもなりません。現にムダ遣いという金銭的な損失も被っているのです。ムダ遣いを減らしたいと思うなら、今あるストレスと向き合ってみてはいかがですか?

最後に、ストレスを減らす方法について次の記事でご紹介しております。続けてお読みください!

ストレスを減らすにはストレスの原因をまずは確認!そして、自分の思考を前向きに変えることで解決!

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら