メディカルハーブも自然療法(ナチュロバシー)の一つ🌿これでストレス解消!ハーブで癒しの時間

スポンサーリンク
728×90




現代社会においてストレスとは常に向き合わなければなりませんよね。毎日が何らかのストレスの連続です。ストレス発散に好きな趣味や遊びに時間を使うのも良いですが、ハーブ🌿を育てて、そのハーブ🌿で癒しの時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。土や緑に触れるだけでなんだか心がふっと軽くなりますよ。

ハーブってなに?

ハーブ(英語: herb)は、一般的に料理の香り付け保存料、薬、香料、防虫などに利用されたり、香りに鎮静・興奮などの作用がある有用植物で、緑の葉を持つ草、茎のやわらかい植物などを指すことが多い。同様の有用植物であっても、種子、実、根、樹皮などは香辛料と呼ばれることが多いが、苔から木本まで、香りや薬効がある有用植物全般をハーブとして扱う場合あるも。ハーブは「草」あるいは「野草」、「草木」を意味すラテン語: herba を語源とし、フランス語でherbe(エルブ)、古英語でherbe(アーブ)となり、これが変化して英語のherbとな、日本に伝わってハーブという言葉が使われるようになった。

参照:Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%96

ハーブは「香草」とよばれる場合もあり、すべてのハーブには香りがあるような印象を受けます。ヨーロッパ中世の時代に、香りを持つハーブが魔よけになると信じられ珍重された伝統から、現代でも主だったハーブに個性的な香りを特徴とするものがたくさんあります。

香料植物としてはもちろん、特に料理に用いるものや美容化粧品に加えるハーブのほとんどに、好ましい芳香を放つ種類が集中しているので誤解されやすいのですが、「香草」はハーブとイコールではありません。

ハーブの香りの正体は植物にごくわずかに含まれる精油(エッセンシャル・オイル)で、複雑多様な成分で構成されるこの精油を正しいやり方で用いれば、私たちの心や体にさまざまなプラスの効果を発揮するのは事実です。

ハーブなどの精油を使ったこうしたテクニックをアロマテラピー(芳香療法)といい、伝統的でありながら、最新の自然療法として注目を集めています。香りはハーブのすべてではありませんが、主要な特徴をあらわしているのは確かです。

メディカルハーブとは

ハーブは人の生活に役立つ植物の総称です。「薬草」や「香草」と邦訳され、料理をはじめとして日常生活のさまざまな分野で活用されています。その中で、ハーブに含まれている成分を健康維持のために使おうとする分野で、薬用植物そのものを示す場合もあります。

近代医学以外の主に伝統的な療法を代替療法(近代医学の代替案という意味)といいます。その多くには健康管理や病気の予防、治療を行うときに、人の体にもともと備わっている自然治癒力を利用するという共通点があります。

これを「自然療法(ナチュロバシー)」と呼び、メディカルハーブもその−分野にあたります。植物と人の関わりは古代人の時代から連綿と続いていますから、最も歴史がある自然療法といってもいいでしょう。

自然療法では、健康なときの人の体は全体的に一定のバランスがとれた状態になっていて、そのバランスが崩れようとしたときには、元の調和した状態に戻す力が働くと考えます。これが自然治癒力です。

つまり、病気になったときは体のバランスを元に戻す自然治癒力に働きかけます。人を心も含めて全体的(ホリスティック)にとらえ、その全体のバランスを見るといってもいいでしょう。

ここが、外からくる病気の原因や病んでし、る部位だけに働きかけようとする近代医学との、一番大きな違いです。

たとえば、風邪などで高熱が出た場合、近代医学では抗生剤と解熱剤を使うのに対して、自然療法では体を温めて汗をかかせようとします。発熱は細菌やウイルスをやっつけようとする体の反応なので、それを助けるためです。

自然治癒力に絶大の信頼を寄るのが自然療法なのです。

メディカルハーブと近代医学の違い

メディカルハーブと近代医学との違いもほかの自然療法と同じで「薬」という観点に絞るとそれはもっとはっきりします。近代医学の薬が単一成分なのに対して、メディカルハーブには非常に多くの成分が含まれています。

これは作用が穏やかで、一点集中ではなく全身に作用することにつながります。多くの成分がバランスよく働くからです。

含まれている成分の量自体も医薬品に比べると格段に少ないため、副作用など有害な作用の心配がなくなります。一方の長所はもうー方からすれば短所でもあるので、どちらがいいということではありませんが、違いが大きいことは確かです。

ただし、近代医学の医薬品のルーツがメディカルハーブにあることも忘れてはいけません。薬用植物に含まれている成分の中から有効なものだけを取り出し、さらにその成分と同じものを人工的に合成することで医薬品が生まれたのです。

【参考:ハーブの効能】

頭をリフレッシュしたい時

ペパーミント

鎮静作用で、咳をしずめ、不眠症状にも効きます。

ゴタコーラ

興奮・覚醒する作用があります。

イチョウ

脳の神経を広げて、血管を丈夫にします。

レモングラス

消化を促進して、腹痛や下痢にも効きます。

ホーショウウ

強心作用があります。

シベリアジンセン

朝鮮人参の仲間です。自律神経症、更年期障害、不眠症、

低血圧、狭心症、高脂血症などに効果があります。

リコライズ

甘草、甘味が強く、解毒薬、消炎薬、緩和薬とされています。

カレンデュラ

消炎作用、癒傷、通経作用などがあります。

ローズペタル 

気分の落ち込みや不安を解消。美肌効果も。

オートストロー 

神経強壮ハーブです。働き盛りの人や強いストレスを抱えた人にオススメです。病気の後の体力回復にもオススメです。

レモンバーム 

抑うつ病と緊張に優れた効果があり、不安や悩みによる胃腸の不調にもオススメです。

ラベンダー 

鎮静効果で、イライラする時や不安感がある時に飲むと気持ちが静まり、リラックス出来て不眠症にも有効です。頭痛や生理痛をやわらげ、ストレス性の高血圧にも効きます。臭や腹痛を抑え、お腹にガスがたまっている時にも効果的です。

ステビア 

砂糖の200~300倍の甘味があります。低カロリーで水やアルコールに溶けやすく、耐熱性があることから、糖尿病患者の食事等の甘味に用いられます。

カモミール 

ヨーロッパでは、不眠症・神経痛・リウマチなどの治療に、数百年前から用いられてきました。

オレンジピール 

消化を助けたり利尿作用があります。

ゆっくり眠りたい時、リラックスしたい時

リンデンフラワー 

神経質や、怒りっぽい人にオススメです。神経をしずめる作用があり、不眠症に効果があります。血圧を下げ、動脈硬化、心筋梗塞などの予防にも役立ちます。

オートストロー

神経強壮ハーブです。働き盛りの人や強いストレスを抱えた人にオススメです。病気の後の体力回復にもオススメです。

スカルキャップ

ヒステリー状態を治療する特効薬です。自然の精神安定剤と呼ばれています。

キャットニップ 

ネコが大好きなハーブです。眠気を誘ってくれます。風邪、胃腸障害、発汗などにも効果があります。

レモンバーベナ 

胃腸を整え、消化を助け緊張をやわらげる効果があります。

フェンネル 

鎮静効果があります。

カモミール

ヨーロッパでは、不眠症・神経痛・リウマチなどの治療に、数百年前から用いられてきました。

ワイルドレタス 

眠気を誘い、精神的不安の改善に。咳止めや関節、筋肉痛などの緩和にも効果があります。

ナツメグ 

リラックス

カレンデュラ 

消炎作用、癒傷、通経作用などがあります。

デトックスしてスッキリしたいとき

イエロードッグ 

肝機能の改善や血液の浄化に用いられています。便通にも効果があります。肌荒れにも良く、特に女性のためのハーブとして多くのハーブ製品に使われています。

ネトルズ 

最近、血糖値を下げる効果も確認されています。

リコライス 

甘草、非常に甘味が強く、解毒薬、消炎薬、緩和薬とされています。

ローズマリー

血液循環を促進するので、特に血圧が低くて朝が辛い人におすすめです。

イヤーバサンタ

感情の毒素を浄化し排出するのを助けるます。

ダンディライオンの根 

強い利尿作用があります。体内の余分な塩分や水分を排出してくれるので、むくみが気になる人や血圧が高い人にお勧めです。

女性の悩み、月のイライラ、ガミガミに

ネトルズ 

月経時の出血量をコントロールする効果があります。

レモンピール

利尿作用、抗炎症作用、抗ヒスタミン作用、食欲増進作用などがあります。

レモンバーベナ 

胃腸を整え、消化を助け緊張をやわらげる効果があります。

リンデンフラワー 

神経質や、怒りっぽい人にオススメです。神経をしずめる作用があり、不眠症に効果があります。血圧を下げ、動脈硬化、心筋梗塞などの予防にも役立ちます。

シナモン 

お腹の調子が良くない時におすすめです消化を助け、胃腸の調子をおだやかに整えてくれるので、下痢や腹痛を和らげてくれます。

ラズベリー 

出産を楽にする効果があり、出産が近くなった時期にラズベリーのお茶を定期的に飲むと、子宮と骨盤の筋肉を強くして、妊婦の負担を軽くしてくれます。子宮を収縮させる効果があるので、産後も飲みつづけると体力の回復にも役立つといわれます。

バイテックス 

女性ホルモンの分泌を正常に保ち、ホルモンのバランスを整えることで、月経周期を順調にし、月経前症候群にも効果があります。子宮筋腫や子宮内膜症などの改善にも効果がみられます。

パートリッジベリー 

昔からネイティブアメリカンが使っていて、骨盤内の充血を軽くし、生理痛にまつわる様々な不快感を取り除きます。

ステビア 

砂糖の200~300倍の甘味があります。低カロリーで水やアルコールに溶けやすく、耐熱性があることから、糖尿病患者の食事等の甘味に用いられます。

胃腸を改善したいとき

キャロブ 

聖ヨハネのパンとも言われる、いなご豆です。キャロブの歴史は古く、宝石の重さの単位、カラットはキャロブが語源です。1カラットはキャロブの種子一粒の重さだったそうです。

ジンジャー 

つわりによる吐き気があるときに、おすすめです。発汗作用や消化促進の作用で、風邪の症状を和らげてくれます。

オレンジピール 

ストレスなどでお腹を壊した時に有効です。鎮静効果があり、眠れない夜に飲むとぐっすり眠ることが出来るでしょう。

シナモン 

お腹の調子が良くない時におすすめです消化を助け、胃腸の調子をおだやかに整えてくれるので、下痢や腹痛を和らげてくれます。

クローブ 

消化を助け、鎮静作用もある 古くは媚薬としても使われていたらしい。

チコリー 

ビタミン類やミネラル分が多く、ビタミンAはレタスの約8倍近くもあります。インスタントコーヒーに使われたりしています。利尿作用や強壮効果などで、代謝を促進してくれます。

リコライス 

甘草、非常に甘味が強く、解毒薬、消炎薬、緩和薬とされています。

カルダモン 

消化を助け、鎮静作用もあり、ケーキやカレーにも使われる。

フェンネル 

鎮痛効果があります

肝臓をいたわりたい、関節痛にも

ダンディライオンの根

強い利尿作用があります。体内の余分な塩分や水分を排出してくれるので、むくみが気になる人や血圧が高い人にお勧めです。

チコリの根

ビタミン類やミネラル分が多く、ビタミンAはレタスの約8倍近くもあります。インスタントコーヒーに使われたりしています。利尿作用や強壮効果などで、代謝を促進してくれます。

キャロブ 

聖ヨハネのパンとも言われる、いなご豆です。キャロブの歴史は古く、宝石の重さの単位、カラットはキャロブが語源です。1カラットはキャロブの種子一粒の重さだったそうです。

シナモン 

消化を助け、胃腸の調子をおだやかに整えてくれるので、下痢や腹痛を和らげてくれます。お腹の調子が良くない時におすすめです

フェンネル 

鎮痛効果があります

クリスタルモルツ 

麦芽、甘味がありビール製造にも使われる。

ココナッツ

保湿と冷え性に。

美肌にビタミン

ローズヒップ

オレンジの20倍、レモンの60倍、ものビタミンCのほか、ビタミンA、B、E などにも富み、強壮作用があり、また便秘、眼精疲労に良いと言われています。また、100度の熱湯でもローズヒップに含まれる ビタミンCは破壊されず、ビタミンCの吸収や効果を高めるビタミンP(ルチン)を同時に含むので、合成のビタミンC剤よりも期待を持てます。

ハイビスカス

ビタミンCやカリウムを多く含み、天然のクエン酸やリンゴ酸、豊富なミネラル類が新陳代謝を高め、便秘や肌荒れにも効果的とされています。

ステビア

お砂糖の200~300倍の甘味があり、低カロリーで水やアルコールに溶けやすく、耐熱性があることから、糖尿病患者の食事等の甘味にも用いられます。

冷え性で困ってる

ジンジャー

日本料理の薬味としてもなじみの深いショウガは胃を温めて、食物の吸収を助けて血行を促すと言われています。古くからスパイスや薬用として各地で重要視され、健胃、解熱、発汗作用、抗菌、殺菌などの効果が認められてきました。

ラズベリーリーフ

昔から女性の為のハーブと言われ、ビタミンCや、鉄分、カルシウムなどのミネラル分も豊富で、フラガリンという成分が女性特有の悩みを癒して、カラダのバランスをやさしく包んでくれます。

レモングラス

血行の促進、貧血に効果的とされています。消化を良くして胃腸の調子を整えます。

風邪ひきのとき

ローズヒップ

オレンジの20倍、レモンの60倍、ものビタミンCのほか、ビタミンA、B、E などにも富み、強壮作用があり、また便秘、眼精疲労に良いと言われています。また、100度の熱湯でもローズヒップに含まれる ビタミンCは破壊されず、ビタミンCの吸収や効果を高めるビタミンP(ルチン)を同時に含むので、合成のビタミンC剤よりも期待を持てます。

ペパーミント

鎮静作用で、咳をしずめ、不眠症状にも効きます。

ジンジャー

日本料理の薬味としてもなじみの深いショウガは胃を温めて、食物の吸収を助けて血行を促すと言われています。古くからスパイスや薬用として各地で重要視され、健胃、解熱、発汗作用、抗菌、殺菌などの効果が認められてきました。

アニス

肺や消化管から過剰に分泌された粘液を取り去り、胃腸でのガスの発生や発酵を抑制します。消化不良や吐き気を含む消化器系の調整、伝統的に喘息や気管支炎、不眠症にも役立つとも考えられています。

エルダーフラワー

インフルエンザの特効薬とも言われ、利尿、発汗、解熱に使われています。

タイム

消毒・防腐作用があり、血行をよくし消化を助けるとされています。

ヤロー

殺菌、止血作用があり、風邪の諸症状の緩和、滋養強壮、食欲の回復などに用いられています。最近では、アレルギー性の花粉症にも効果があるとされています。

カレンデュラ

消炎作用、癒傷、通経作用などがあります。

胃をスッキリさしてリラックスしたい時

ペパーミント

鎮静作用で、咳をしずめ、不眠症状にも効きます。

ジンジャー

日本料理の薬味としてもなじみの深いショウガは胃を温めて、食物の吸収を助けて血行を促すと言われています。古くからスパイスや薬用として各地で重要視され、健胃、解熱、発汗作用、抗菌、殺菌などの効果が認められてきました。

カモミール

消化不良、鎮痛、鎮静、解熱、発汗、抗炎症、強壮、防腐、駆虫としての効果があるとされます。風邪や疲れ気味の時、気分のいらだちや不眠症、リウマチ痛や筋肉痛、整胃・食欲増進とその効果は多種多様です。

ローズ

代謝や血行促進の働きがあり、香りにはリラックス作用があります。

オレンジピール

ストレスなどでお腹を壊した時に有効です。鎮静効果があり、眠れない夜に飲むとぐっすり眠ることが出来るでしょう。

レモンバーム

抑うつ病と緊張に優れた効果があり、不安や悩みによる胃腸の不調にもオススメです。

パパイヤリーフ

油分や蛋白質の分解と代謝を促す酵素パパインを多量に含み、便秘の解消につながります。

出典 http://www.natural-riddim.com/herbtea/herbs-kouka.html

健康効果に合わせてハーブを組み合わせて自分だけのオリジナルハーブティーでリラックスしてみてください。きっと体もココロも軽くなりますよ。またハーブ専門店でも取り扱いがあるので一度試飲してみるのもよいですね。

最後に

風邪対策のハーブには、セージやユーカリオイルが効果的なんですよ。冬支度として、学ぶことから始めませんか!?次の記事でご確認ください!

風邪対策にはセージやユーカリのオイルなどのハーブが効果的!植物の力で元気になろう

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら