今回は私の成功した節約術・失敗した節約術を紹介します

スポンサーリンク
728×90




世の中はまだまだ不景気、生活のためにも、支出は切り詰められるならできるだけ切り詰めたいですよね。そのため、私はいろいろな節約術を試してきました。今回は、私の成功した節約術失敗した節約術を紹介します。皆さんのお役に立てば幸いです。

成功した16の節約術

  1. 使いふるしのシーツ類を100均のクッションカバーに入れて、かわいいクッションとして再利用
  2. お茶殻・コーヒー豆殻を乾燥させて消臭剤に:ただし、これほんとうによく乾燥させないとカビの原因になり、かえってニオイのもとになります。お気をつけください。
  3. 風呂の水は洗濯に利用(すすぎは水道水):風呂の水をバケツで汲み出して洗濯機に移します。結構いい運動になって、ダイエットにも効果的ですよ。
  4. 湯たんぽで使ったお湯は翌朝洗顔に使う:冬の朝の洗顔は冷たくて気が進みませんが、この方法だとぬるくてちょうどいいです
  5. 歯磨きチューブ・化粧品のチューブを1/2にカットして最後まで使う(マヨネーズ、辛子類も!):フタに近い部分に、意外とたくさん残りの中身が溜まっています。結構長く使えますよ。
  6. 湯船の水は塩素系消毒剤で消毒して2日使う
  7. お寿司やお弁当についてくる袋の醤油は醤油差しに入れる
  8. 使いふるしのハブラシを熱湯で毛先を整えて復活させ、その後水回りや窓の桟などの掃除に使用:よくある利用法ですが、やっぱりハブラシは万能。とっても便利です。
  9. 使いふるしのタオルを適当にカットして使い捨て雑巾に
  10. お菓子などのシリカゲルを電子レンジでチンして湿気の気になる場所へ
  11. 牛乳パックを1/2にカットして底に点々の穴を開け、風呂場のゴミ箱に:この方法だと、ゴミ箱ごと捨てられてとても便利です。
  12. 出かける15分前にストーブを消す:寒いと思われるかもしれませんが、部屋は余熱で十分暖かいです。ぜひお試しを。
  13. 破れたストッキングは割り箸の先に巻きつけて隙間そうじに使う
  14. 使ってない場所の電気は極力消す。パソコンなど、長期使わない場合はコンセントを抜く
  15. パソコンは一時間以上使わない場合はシャットダウン。すぐに使うときはスリープ
  16. 冷蔵庫は詰め込み過ぎない/冷凍庫はギュッと詰める:これが意外と節電になります。

失敗した節約術

  1. 湯船に水入りペットボトルを沈める:湯船に貯める水の節約と思って、焼酎のペットボトル(4L)を3つ使っていたのですが、湯船に浸かるたびにペットボトルがバスタブの壁に衝突を繰り返し、バスタブに傷がつくことが多数ありました。私の場合は傷ですみましたが、ひどい時はヒビが入って修理が必要だそうなので、やめたほうがいいです。
  2. 湯船にビニール製のウォータータンクを沈める:ペットボトルでは傷がつくと思ったので、ビニール製のウォータータンクを使って湯船の水を節約しようとしました。しかし、追い焚きをした時、風呂釜の穴にウォータータンクが吸い寄せられ、タンクが穴を塞いで、追い焚きができなくなってしまいました。全く予想外の出来事だったので、本当にびっくりしました。

まとめ

私の節約術とその体験談、いかがだったでしょうか。節約はいろいろと工夫ができますが、たまに予想外の失敗に遭遇して、節約が全くの無駄になってしまうこともあります。みなさんもどうぞお気をつけください。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら