お中元を贈る時期は東日本と西日本では異なる!大人の女性なら知っておきたい!お中元のマナーについて

スポンサーリンク
728×90




お中元の時期になりましたが、みなさんは毎年お中元を贈っていますか?そもそも、お中元ってどういう意味なの?と詳しく知らない人も多いのではないでしょうか。若い世代ほどお中元やお歳暮にあまり関心がないかもしれませんが、マナーのひとつとして覚えておくのもいいと思います。今回は、お中元とは何か、どんなものを贈ると良いのかをご紹介します。

お中元の由来と意味について

お中元は先祖を敬う行事でしたが、現代ではお世話になった人に尊敬や感謝の気持ちを表すものへと変化されたといわれています。

例えば、お世話になった上司や、遠くに住む両親、親戚などに贈る人が多いでしょう。贈る相手の範囲をあまり広くしすぎるとのちのち大変になってくるので、あまり送り先を増やさないことが毎年贈ることに繋がっていきます。

また、必ず贈らなければいけないという決まりは一切ありません。そのため、お歳暮とお中元セットで贈るという決まりもなければ、どちらか片方だけの人もいるし、両方とも贈っていないという人ももちろんいます。

お中元を贈る時期は、東日本と西日本で違っています。東日本は7月初めから15日まで、西日本は8月初めから15日までとされています。しかし、最近では地方に関係なく7月中旬ごろまでに送るのが、一般的になりつつあるようです。

お中元の品として贈ると良いものと贈ってはいけないもの

だいたいの平均予算は3千円~5千円といわれています。送り先の家族構成や相手の好みなどにより、贈るものを選ぶのが一番早いのではないでしょうか。

例えば、相手に子供がいる家庭ならお菓子の詰め合わせを贈ったり、お酒が好きなご主人がいればお酒の肴になるようなものを贈ると、相手のことを考えて贈ってくれたと喜ばれるのではないでしょうか。

他には、その時期の旬なものを贈ったり、イチ押し商品や人気商品を贈るのもいいと思います。

また、贈ってはいけないものとして、相手の好みを知らないのに、例えば「納豆」などの、好き嫌いが分かれるものを贈るのはNGです。そして「踏みつける」という意味を持つ履物類。時計や筆記用具類には「勤勉奨励」の意味があるので、目上の人へ贈るのは避けましょう。

そろそろお中元をやめたい場合の対応

毎年贈っている相手に対し、お中元をやめるのはなかなか難しいですよね。突然スパッとやめてしまうと、相手もあれ?と不思議に思ってしまいます。徐々にやめていくのが、一番スムーズにいくのではないでしょうか。例えば、

  1. 「御中元をやめてお歳暮だけにする」
  2. 「お歳暮の品物の金額を徐々におさえていく」
  3. 「年末の挨拶状だけにする」

というように、徐々に負担を軽くしていくのがいいでしょう。また、喪中の方へのお中元で悩まれる人もいるのではないでしょうか。この場合は、相手に感謝の気持ちをあらわすのが目的なので、喪中でも問題はありません。

ただし、ご不幸があって間もないお宅には少し時期をずらして、「暑中お見舞い」として無地のしで贈る方法もあります。

このように、知っているようで知らないお中元のマナーは様々あります。お世話になった人への感謝の気持ちを伝えるのにお中元といものがあるのも、日本の伝統ではないでしょうか。

メールやLINEなど言いたいことを簡単に伝えられる便利な時代になりましたが、お中元のような風習を大事にするのも日本人のいいところだと思いました。

最後に

季節のあいさつ、暑中見舞いと残暑見舞い。違いについてわかりますか?こちらも大人の身だしなみとしてご確認ください!

間違えずに出したい!暑中見舞いと残暑見舞いの違いとは?

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら