夏の体調管理、体を冷やしすぎていませか!?お腹を温めて健康に過ごそう!

スポンサーリンク
728×90




うだる暑さが辛い夏。熱中症予防のために水分や塩分の補給も大切ですが、冷たい飲み物や食べ物ばかり摂りすぎていませんか?冷房の効いた部屋で、お腹を出して寝ている人は要注意!厳しい夏を乗り切るための免疫力が落ちて、逆に辛い状況を作り出しているかもしれません。
冷えは万病のもと」と言われますが、冬の寒い時期だけではなく夏の冷えにも注意しなければなりません。夏であっても、お腹は冷やしてはいけないのです。お腹が冷たくなると体に及ぼす影響、対策方法をご紹介します。

お腹が冷えると、内臓の活動や免疫力が低下する

夏にはお腹の調子が悪くなったり、食欲がなくなるなどの症状が現れる場合があります。これらは夏バテなどの暑さのせい、と考えている方も多いですが、実際は胃腸が冷えるために起こっている症状です。

冷えによって内臓の活動が低下すると、食べ物の消化がうまくできなくなって腹痛・下痢の原因となります。また、体内の温度が下がることで免疫力も低下するため、夏風邪などの病気にもかかりやすくなります。

お腹を温めると良い効果が

お腹を温めると、胃腸の動きが活発になるため、夏に起こしやすい消化不良や腹痛を抑えることができます。内臓が正常に動くことで体調の改善にもつながり、暑さにも耐性ができてきます。基礎代謝も上がるため、ダイエットにも効果ありです!

また、体中の熱をお腹に集中させるため、胴体から遠い手足などは少し温度が下がり、全身を冷やすよりも無理せず納涼することができます。

保温のためにやっておきたいこと

お腹を温める時に効果的な方法は、入浴です。熱いお湯でたくさん汗をかくと逆効果なので、少しぬるめのお湯にゆっくりと浸かることで、じっくりと体を温めましょう。お風呂上りに、手足に冷水をかけることで、よりお腹に熱が集まり、保温効果が高まります。

食事のときには、温かい飲み物を一杯飲むことで、お腹を内側からしっかり温めることができます。ホットが熱い場合は、常温の飲み物でも大丈夫です。

さらに、寝る時には腹巻などでお腹をガードすることで、冷えを防止することができます。暑さ対策に適度な冷房も必要ですが、お腹だけはしっかりと温めておきましょう。湯たんぽや貼るカイロなどを使用するのも、おススメですよ。

おわりに

暑い夏だからこそ、お腹を温めることで快適に、健康的に過ごすことができます。
体調管理をしっかりと行って、不調知らずで夏を乗り切りましょう!

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら