間違えずに出したい!暑中見舞いと残暑見舞いの違いとは?

スポンサーリンク
728×90

めったに会えない人や親しいお付き合いをしている人に、夏のご挨拶として暑中見舞い残暑見舞いを出す風習が日本にはあります。でも、この二つがどう違うのか、はっきりと分かっている人は意外と少なかったりします。適当に送って恥をかかないためにも、暑中見舞い残暑見舞いの違いをしっかり理解しておきましょう。

暑中見舞いと残暑見舞いでは書く内容が違う

暑中見舞いと残暑見舞いは、厳しい夏の季節に相手の健康を労わったり、お中元のお礼や日頃の感謝を伝えるものですが、それぞれにおいて表現やニュアンスが異なってきます。

暑中見舞いの書き方

暑中見舞いでは、書き始めに「暑中お見舞い申し上げます」と記載した上で、「梅雨が明けて、急に暑くなってきました」「暑さが日増しに激しくなりますが」など、これから訪れる夏や、真っ盛りの暑さについてのねぎらいの挨拶やお礼を書きます。文の最後には送った日付と一緒に、「盛夏」と書いておきましょう。

残暑見舞いの書き方

残暑見舞いでは、書き始めに「残暑お見舞い申し上げます」と記載します。「まだまだ暑い日が続きますが」「朝晩は過ごしやすくなりましたが」など、暦の上では夏も終わり、秋になろうとしているのに暑さが続いている旨や、健康への気遣いを伝える文章にします。文の最後には「晩夏」と書いておきます。

どちらも送る時期を考えた上で、適した内容文を考えてみましょう。

暑中見舞い・残暑見舞いを送る時期

暑中見舞いと残暑見舞いは送る時期が決まっていて、同時に送ることはまずありません。

暑中見舞いを送る時期

暑中見舞いは、暑さが最も厳しい、夏の盛りの時期に行う挨拶です。期間については諸説ありますが、梅雨明けの時期から立秋(8月の前半ごろ)までに出します。

残暑見舞いを送る時期

残暑見舞いは立秋のあとの、夏の厳しい暑さが残る頃に行う挨拶です。いつまでに出せばよいのか、期間は正式には決まっていませんが、おおよそ8月末日か9月上旬くらいまでに出すのが主流です。

返事を書く時は

暑中見舞いや残暑見舞いをもらったら、ぜひお返事を書きたいものです。しかし、返事を送るのが遅くなって時期を逃してしまう場合もあります。送る時期がずれてしまっても、相手に感謝を伝えるお礼状として書く分には問題ありません。

暑中見舞いの返事を残暑見舞いで送る、残暑見舞いにお返事する時は遅めの残暑見舞いや、一般的なお手紙として送るなど、臨機応変に対応できます。遅くなったからと放っておかずに、ぜひ感謝の気持ちをお返事で伝えましょう。

おわりに

最近ではメールやSNSでのやりとりが主流ですが、夏の挨拶や近況報告を、はがきやお手紙で送ることで新鮮さを味わうこともできます。普段と違う形でのメッセージのやり取りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら