9月1日は防災の日。いざという災害時に備えたおすすめの防災グッズ

スポンサーリンク
728×90

9月1日防災の日でしたね。いつもの日常とは違い防災グッズの見直しや避難場所の確認など、防災意識が高まる日だったのではないでしょうか。特に防災グッズはどこまで準備しなければいけないのか、他の家庭ではどのような備えをしているのか気になりますよね。今回は、おすすめ防災グッズをご紹介します。

家庭で用意すべきおすすめ防災グッズは

ライフラインが止まるほどの大災害が起きた場合、家族の生命を維持するために必要な防災アイテムとは、どのような物があるのでしょう。予め備えておきたい防災グッズのリストをご紹介します。

飲料水

1人あたり1日3リットルが目安となります。

非常食

長期保存が効き、レトルト食品やインスタント食品のような火を通さずに食べられる食品。

衣類

防寒着、下着、軍手、雨具、毛布など。

医薬品

絆創膏、ガーゼ、マスク、ピンセット、消毒薬、常備薬など。

貴重品

身分証明書、現金、通帳、印鑑、カード類、保険証など。

停電用

懐中電灯、マッチ、ろうそく、携帯ラジオ、電池

避難所への持ち込みが必要なアイテム

タオル、着替え、布団(寝袋)、毛布、テッシュ、ウェットテッシュ、生理用品、ビニール袋など

非常持出袋に入れておくべきもの

一次避難の段階では、家族全員(1日3リットル×家族分)の水や布団といった重くてかさばる物を一度に持ち出すことはできません。そのため、非常時持出袋に最低限の防災グッズを入れておく必要があります。

各家庭で準備している内容に違いはあると思いますが、非常持出袋に入れておきたいアイテムをまとめました。

  • 非常食(ゼリー、菓子類)
  • 飲料水(500mlのペットボトル数本)
  • 衣類(防寒着、タオル、下着など)
  • 懐中電灯
  • 貴重品
  • 簡易食器
  • 携帯ラジオ
  • 衛生用品(テッシュ、トイレットペーパー)
  • 生理用品

防災グッズの優先順位

防災グッズの優先順位は、生命を維持するために必要となる物を考えていかなければいけません。また、避難所生活が必要となった場合、健康を維持するために必要な物と考えましょう。

1:懐中電灯

停電時に必要となるため、なるべく電池を使わないライトが便利でしょう。手回し式やグリップを握ることで発電する電池不要のLEDライトなら、明るさを十分確保できます。

2:飲食物

生きていくためには飲食物の備蓄は欠かせません。水は5年保存ができるものを選び、食品は火を通さずに食べられる物にするなど長期保存が効き手間がかからない物を準備しましょう。キャンディーなどのお菓子類も役立ちます。

3:簡易トイレ

水が使えなくなったときの便利アイテムとして、準備しておくと安心です。ホームセンターなどで売っている吸収率の高いトイレシートなら、大人と子供1回分を吸収してくれます。簡易トイレに合わせてトイレットペーパーやティッシュペーパーなどの紙類も必需品です。

4:カセットコンロ

寒い時期にガスや電気が使えないのはとても辛いことです。カセットコンロとガスボンベを準備しておくことで、食べ物を温めるだけでなくお湯で身体を拭くことができます。

意外に役立つ「ガムテープ」の活用法

ガムテープは、災害において様々な場面で役立つのをご存知ですか?とくに粘着性の強い布テープを準備してくのがおすすめです。どのような活用法があるのかご紹介しましょう。

1:メモや伝言として

避難時に油性マジックでガムテープに伝言を残しておくことができます。自宅の玄関などに、他の家族が分かるよう避難場所をメモして貼り付けておくなど、家族などへの連絡に役立つでしょう。

2:怪我や応急処置に

怪我をしたときに傷口にタオルを置き、その上からガムテープを巻くことで固定できます。災害時は、ゴミやホコリ、細菌など不衛生な状態であるため、少しでも傷口を守るのに役立ちます。割り箸などをガムテープで巻くだけで、骨折したときの添え木としてもガムテープは活用できるでしょう。

3:隙間風や割れた窓の処理

ドアの隙間に貼ることで、隙間風を塞ぐ役割を果たします。窓ガラスが割れた場合は、ガムテープで破片を取り除くことができます。もし、強圧で窓ガラスが割れてしまいそうなときは、ダンボールにガムテープを貼りつけることで、割れたガラスが飛び散るのを防ぐのに効果的です。

4:着火剤として

ガムテープは、着火剤の代用として使うことができます。紙や乾いた葉、着火剤などがなくても、ガムテープがあれば火を点けられるということです。

5:ダンボールとガムテープを組み合わせる

避難所生活はプライバシーが確保できず、ストレスを抱える方が多くいます。ダンボールとガムテープを使って隣との仕切りを作ることで、少しでもストレスが軽減されるのではないでしょうか。

最後に

いかがでしたか?防災の日から数日…防災の意識が少なくなりがちですが、改めてご家庭の防災グッズは準備万端なのか確認してみましょう。ガムテープのように、本来の目的以外でも役割を果たすアイテムは沢山あります。

ご自分でどのような活用法があるのか探してみるのもおすすめですね。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら