持ち寄りパーティーにもおすすめ!お寿司のデコレーション「デコずし」でテーブルを華やかに☆

パーティーの多い季節になりました!簡単なのに、華やかなのがデコレーションずしです。ケーキ型に詰めるだけで、いつものお寿司が、ちょっとおめかしできちゃうところがうれしいレシピ。市販のちらしずしのもとを使っても、こんな風にデコレーションすれば、すごく手がかかっているように見えちゃうはず。おうちパーティーはもちろん、持ち寄りパーティーにもケーキ箱に入れて持って行けるから、おしゃれですね。

ホール型で!デコレーションずし

バースデーケーキみたいなホールずし

15㎝のホール型に、2合のちらしずしが入るので、4人分にちょうどいい大きさ。ケーキ型を持っていない人には、100円ショップでホール型を買ってもいいし、ギフトボックスがちょうどいい大きさのものがありますから、それに詰めて持ち寄りパーティーに持って行くのもおすすめ。上に飾るものはお好みのもので構いません。

 [材料]

  • 15㎝ホール型1個分
  • 米2合 すし酢大さじ3 ちらしずしの具100g 薄焼き卵2個分
  • きぬさや・ハム・プチトマト・ハムなど飾りの具材を適宜

 [作り方]

  1. 米は炊飯器に少な目の水加減にして炊き、すし酢を加えて混ぜ、ちらしずしの具を加える。
  2. 卵2個で薄焼き卵を焼いてせん切りにする。
  3. 15㎝のケーキ用の丸い型か、同じサイズくらいのギフト用の丸いボックスを用意して、ラップを敷き込んで、②を敷きこむ。

④錦糸卵の上からちらしずしを入れる。押しずしにするので、型にぎゅっと押し込むようにして入れる。押し込み過ぎるとごはんが固くなり過ぎるので注意する。

⑤2合分のちらしずしを詰めて、ラップをかぶせて、少し力を加えて押して、しぱらくおく。持ち寄りパーティーに持って行くときはふたをかぶせて、このまま持って行く。

⑥おすしがなじんだら、ラップをはずして、お皿の上にひっくり返し、上にデコレーションをする。

※写真のものはハムをくるくる巻いてオリーブの実を入れたものと、きぬさや、プチトマトで彩りよく飾ったもの。お刺身や生ハムもおすすめ。

※ケーキのようにカットして食べる。

※お刺身で作った豪華バージョン。ハムでもお刺身でも端から巻くだけでお花の形になる。

アレンジのご紹介

ホールケーキ型だけでなく、パウンドケーキ型やカップケーキ型でもユニークなデコずしができあがります。

パウンドケーキ型に作ったデコずし

すし飯の半分に鮭のそぼろを混ぜて、二段にして、上にはブロッコリーとえびとうずらの卵を飾って。シンプルですが、かわいいケーキずしです。

こちらも同じパウンドケーキ型に詰めて、間にはツナのそぼろをはさみ、上にはアボカドとトマト、かにかまを飾り、マヨネーズをかけています。

こちらはカップケーキ型に詰めたおすし。漬物を混ぜたおすしの上に手近なものをトッピング。意外にとってもおいしいので、おすすめです。

最後に

形をケーキ型にするだけで、あとは大した手間ではないのに、どこか豪華に見えるちらしずしです。ふつうのちらしずしより、簡単かもしれません。いろいろ作ってみて、楽しんでくださいね☆

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら