究極の水は低クラスター水!?夜まで足がむくまないための水の飲み方とは

スポンサーリンク
728×90

健康やダイエットのために水を飲んでいるのに、「代謝がよくなるどころか水太りする!」という声をよく聞きます。実はそれは、あなたの水の飲み方に原因があるのかもしれません!むくまない水の飲み方で、夜までスラッとした美脚を保ちましょう!

水太りの謎・むくみの真実

「水を飲みすぎて水太りした」「スッキリするどころかむくんだ」そんな経験はありませんか?実は、それは間違った認識です。むくむ水太りというイメージがありますが、実際は水を飲みすぎたからといってむくむ・太るなんていうことはありません。

そうなってしまうのは水をたくさん飲んだからではなく、水不足が原因なのです!水太り・むくみについて正しく知っていれば、「水分取りすぎかな?」なんて気にすることなく、夜までスッキリボディを保てます!

水太りの原因

少し考えてみてください。本当に太ったのでしょうか?世の女性が言う水太りとは、リアルに体重が増えている状態ではなく、むくんでいる状態のことが多いように感じます。実際、水の飲みすぎで体重が増えることはありません。

糖分や塩分の含まれている飲み物を飲みすぎた場合はやはり体重に影響がありますが、純粋な水をどれだけ飲んだとしても、それが原因で太ることはないのです。

では、何故「太った」と感じるのでしょう?それは腸の環境が悪いために、水がちゃんと細胞に吸収されないからむくんでしまい、その状態が続くことで“脂肪がつきやすい体”になっているからです。

普段通りの生活、むしろヘルシーなものを食べて水をたくさん飲み、健康的な生活をしているはずなのに痩せない!逆に太ってる?!なんて人は、知らず知らずのうちに“脂肪がつきやすい体”になっているのかもしれませんよ!!

何故むくむ?

その前に、「むくむ」とはどういうことなのでしょう。体の細胞と細胞の間には、「間質」という隙間が存在します。水は本来、細胞にいかなければならないのですが、「間質」溜まってしまうことがあります。それがいわゆる「むくむ」ということです。

では、肝心な何故むくむかについてお話していきます。むくむ原因には、腸や自律神経が関係しています。腸が乱れることで自律神経も乱れ、血管が収縮します。それによって、血管に吸収され細胞に運ばれるはずの水分が、細胞にいかずに「間質」に溜まる=むくむのです。ですがこの時、細胞自体は潤いを失ってカサカサ状態に…!

むくみと水の関係

結局むくむのに水の量は関係あるの?!という声が聞こえてきそうですが。。ちゃんと関係があるのです!そもそもむくむ原因は腸や自律神経の乱れからきているので、それらを整えてあげなければなりません。それには水の力が欠かせないのです!

腸や自律神経をも整える!むくまない水の飲み方

ここからが今回の本題です。「どうしたらむくまないのか?」。どのくらいの量を、どのように飲めばむくまないのか。ポイントは1日1ℓ~2ℓの水を“こまめ”に飲むこと。

  • 朝起きたらコップ1杯
  • バックの中に必ずペットボトルの水をいれておく
  • 職場のデスクにも必ず水を置いておく
  • 食事の時は水を

など…。自分のライフスタイルに合ったやり方で、こまめに水を飲む習慣をつけていきましょう!

医師が勧める!究極の水

低クラスター水」をご存じですか?クラスターとは、水の分子のことです。水の分子が小さいものほど、体への吸収がよいと言われています。「低クラスター水」は水の分子をこれまでにないほど小さくしたもの。

飲み心地がとてもよく、一口飲んだだけで違いに気づくでしょう。代謝を高める効果があり、冷え性の方や二日酔い、スポーツ中の水分補給にも最適です!試しに一度飲んでみてはいかがでしょう。

最後に

水には軟水と硬水がありますが、その違いについてご存知ですか!?ちょっと知っておくだけで日々の生活が変わってきますよ~。

毎日のお料理や美容に試したい♪「硬水」と「軟水」の使い分け

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら