普段、家庭で水を飲むときは水道水を飲みますか?ミネラルウォーターを購入しますか?それとも浄水器?

スポンサーリンク
728×90

毎日飲んでいる水道水。「水道水はなんだか味が美味しくない」「水道水の安全性が気になり、水を購入している」という人も多くいるのではないでしょうか。中には、ウォーターサーバーを利用する家庭も増えてきていますよね。私自身も、水を飲むときに水道水を直接飲むのに抵抗があった一人です。しかし、実は水道水のことを調べていくと、意外にも水道水にはかなり厳しい検査項目があることがわかったのです。今回は、水道水とミネラルウォーターを比較して、安全性についてご紹介します。 

実は日本の水道水は基準がかなり厳しい

水道水は、安全性に疑問があるという人も多くいると思います。特に都市部の水は安全なのか、直接飲むのに抵抗がある人もいるようです。まず、蛇口から出る水は浄水場で作られていて、国が定めた安全基準をクリアしたものだけが各家庭に届けられています。

この安全基準というのがとても厳しく、水道水の基準は51項目もありミネラルウォーターの基準は18項目です。これを聞くだけでも、水道水の方がミネラルウォーターより圧倒的に、検査を通るのが厳しいということです。

安全基準とは、

  • ヒ素、
  • フッ素
  • ホウ素
  • 亜鉛
  • マンガン

などについて、それぞれ含まれる量が一定基準でなければいけないと定められています。 

外国産のミネラルウォーターは開封後に菌が一気に繁殖!

水道水はミネラルウォーターと違って、塩素を添加することが義務づけられています。飲むのに塩素を含んで大丈夫?と心配してしまいがちですが、水道水に含まれている塩素は身体に害があるものではありません。

むしろ、雑菌の繁殖を防いでくれるので、安全性を高めるためにも必要不可欠なのです。そして、ペットボトルの水には塩素が含まれていないため、開封後にはなるべく早く飲んでしまわないと、雑菌が繁殖してしまいます。

特に外国産のミネラルウォーターの場合、開封して数時間後には雑菌が1000個以上繁殖していたことがテストでわかっています。ミネラルウォーターを購入する場合は、できるだけ国産のものにしましょう。 

ミネラルウォーターでミネラルを補給するのは難しい?

ミネラル分などを摂取するために、ミネラルウォーターを飲んでいる人もいるのではないでしょうか。

しかし、国産のミネラルウォーターは大部分が軟水であり、水道水にも同じ程度のミネラルは含まれています。また、食べ物などで摂取するのとは違い、ミネラル分が身体に取り込まれることがほとんどなく、そのまま体外へと排出されてしまいます。

そのため、わざわざミネラルを補給する為にミネラルウォーターを購入しても、あまり意味がないということなのです。

最後に 

いかがでしたか?水道水は安全性が気になるという人には、意外な結果で驚いたのではないでしょうか。家庭に届けられる水道水は、とても厳しい基準をクリアした安全な水だったんです。

水は不安だから、ミネラルウォーターのほうが身体にいいから、などという理由でお金を出してまで水を買わなくても良いということなのです。

ジュースやお茶のように、水を楽しむためにメーカーや原産地にこだわりがあり、ミネラルウォーターを購入しているという人もいると思います。

このように水を楽しむために購入している場合を除いて、日常的に引用する水についてはわざわざ購入しなくてもいいのではないでしょうか。水を購入しなくなった分、節約にも繋がりますよ!

また、軟水と硬水については次の記事でご紹介しております。続けてお読みください!

軟水?硬水?どう違うの?ミネラルウォーターを使い分けてもっと美味しく!

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら