ヘッドの大きさ、毛の堅さ、毛先の種類。歯科衛生士がお勧めする歯ブラシの選び方

スーパーやドラックストアへ行くと、たくさんの種類の歯ブラシが売られています。どれを買えばいいのか迷いますね。歯科衛生士である私も種類の多さに毎回おどろかされます。歯ブラシは、使う方のさまざまな特徴によって選び方は変わってきます。

歯科衛生士がお勧めする歯ブラシ

私のおすすめの歯ブラシは、ヘッドが小さく毛が軟らかめのものです。なぜなら、私は口が小さいので、ヘッドが大きめの歯ブラシだと一番奥歯まで届かないからです。私の場合、特に上の一番奥歯がほほ側に向かって生えていることも関係してきます。

こういう部分は汚れがたまりやすく虫歯になりやすいので、よりしっかり磨かないといけません。そして、私は力を入れて磨くのが癖で、硬い歯ブラシでごしごし磨いてしまうと歯肉を傷つけてしまうので、軟らかめを選らんでいます。

このように、歯ブラシは使う人のお口に合わせて選ぶことができるのです。

しかし、一般の方が自分のお口の中を把握し、歯ブラシを選ぶのは難しいことです。歯科医院へ行き、歯科衛生士さんに選んでもらうのが一番良いですが、一般の方でも分かる歯ブラシの選び方をご紹介します。

歯並びあった歯磨きを。汚れにピンポイントに当てないと意味がないです!

まずお口の中を見てみましょう。普段まじまじと見ることのないお口の中ですが、よく見るとさまざまなことに気づくと思います。その中でも、歯並びに注目してみてください。

現在では歯科矯正をしている方も増えたので、きれいな歯並びの方も多いと思いますが、一部分でも歯並びの悪いところはありませんか。たとえば、いわゆる八重歯のように一本の歯だけが歯列より外側に生えている場合、隣の歯と段差が出来ると思います。

いま使っている歯ブラシは、その段差の部分まで磨くことができるでしょうか。磨くことが出来なければ、ヘッドの小さい歯ブラシに変えなければなりません。歯ブラシは汚れにピンポイントに当てられなければ、意味がないからです。

歯並びが悪いところは、虫歯や歯周病のリスクが高くなります。自分の歯列の欠点をしっかり把握しましょう。

磨く強さを示すブラッシング圧と歯肉の関係

磨く強さのことをブラッシング圧と言いますが、ブラッシング圧は弱いほうが良いとされています。なぜなら強く磨いたからと言って汚れが良く落ちるわけではないからです。歯ブラシに力が入ると歯ブラシの動きを制限してしまって汚れが落ちにくい事がわかっています。

そして強く磨きすぎると歯肉を痛めて、歯肉退縮という現象を引き起こします。歯肉退縮は、歯と歯茎の境目の歯肉が少しずつ減っていくものです。歯肉が軟らかい人ほどなりやすいです。歯肉が減ることは歯周病にも関係してくるので、良くないことです。

それから、歯の根元の近くは歯の表面の白い部分より軟らかいので、あまり強く磨くと削れてしまいます。歯ブラシで歯が削れるなんて、と思うかもしれませんが、毎日の歯磨きの積み重ねで削れてしまうことは珍しくありません。

これは知覚過敏の原因になり、削れたところを詰める処置が必要になります。

ブラッシング圧が強いことは良くないと分かっていただけたと思いますが、私のようにどうしても強く磨いてしまう人も中にはいます。

そういう方は毛の軟らかめの歯ブラシを選んでください。軟らかめなら、多少強く磨いてしまっても歯や歯肉への負担は抑えられます。軟らかめだとすぐ毛先が開いてしまうという方は、強く磨きすぎです。それは普段から注意するようにしましょう。

歯ブラシの毛先の種類

毛先は軟らかさ以外にも、ギザギザしていたり、歯周ポケットに入りやすいようにかなり細かいものだったり、さまざまな種類のものが出ています。

基本的に歯科衛生士がおすすめしているものは、毛先が平らなものです。やはりシンプルなものが毛先の動きを把握しやすく、一番使いやすいからです。

しかし、歯肉が腫れている場合や歯周病の方には、極細なものをおすすめしています。歯周ポケットに汚れがたまると、歯肉の腫れや歯周病が悪化してしまうので、少しでも毛先を歯周ポケットに届かせるためです。

歯肉の状態は分かりにくいかもしれませんが、歯磨きのときの血が出る方は、歯周病予防の毛先が極細のものを選んでいただけると良いと思います。

歯ブラシの交換頻度は、1か月に1回の交換!

歯ブラシは毛先が開いたら交換してください。毛先が開くことで、汚れを落とす効率が悪くなるからです。そして毛先が開かなくても1ヶ月に1回は交換しましょう。歯ブラシで落とす歯の汚れは細菌の塊です。そのため歯ブラシにも菌がついてしまいます。

衛生上同じ歯ブラシを何ヶ月も使い続けるのは良くないので、1ヶ月に1回を目安にしていただくと良いと思います。ちなみに1ヶ月経たないうちに毛先が開いてしまう方は、強く磨きすぎなので注意しましょう。

そして、歯ブラシは消耗品なので、安いものがおすすめです。私自身も1本100円のものを使用しています。歯ブラシは、けっして値段が高いから良いというものではないのです。

歯ブラシ以外にも、歯磨き粉やデンタルフロスなど、さまざまな歯科の商品がありますが、すべて高いから良いというわけではありません。どんなに高くて良い歯磨き粉を使ったとしても、歯ブラシで磨いて汚れを落とせていなければ、虫歯になってしまいます。

そして、やはりケアの基本は歯磨きです。

最後に

毎日のことでおろそかになりがちですが、歯ブラシを選ぶにあたって、あらためてご自分のお口の中と向き合い、歯磨きの大切さを再認識していただけたら嬉しいです。

また、歯の病気と言えば歯周病。どんな病気かご存知ですか?続けてお読みください。

CMなどでもよく耳にする歯周病。どんな病気か本当に知っていますか?

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら