大人も子供も実践して!歯ブラシ、綿棒やデンタルフロスを使った正しい歯の磨き方とは

スポンサーリンク
728×90




みなさん、お口の中は健康に保てていますか?お口の健康と言ったら、歯、歯茎、舌…とあります。歯周病を放っておくと、体の他の部分に影響が出ると言われています。今回は、多くの人にとって身近であろう「歯磨き」についてお伝えしたいと思います。

歯の健康を保つためにとっても重要なこと、それは歯磨きです。「知っているよ!だから私は毎食後歯磨きをしているわ!」という方、多いかもしれません。でも、本当にきちんと磨けていますか?歯磨きの目的は、歯をきれいにすること。せっかく歯磨きの時間をとっているのに、きれいになっていなかったらもったいないですよね。私の経験と、歯科衛生士さんから聞いた上手な歯磨きのお話をお伝えしたいと思います。

揺らすように歯ブラシを動かす

歯ブラシは、力強く持ってはいけません。力を込めて動かしてはいけません。力強く磨いている場合、歯茎が下がって(上の歯の場合は上がって)しまいます。歯の、歯茎で隠れていた部分が見えてくるようになります。こうなると、知覚過敏になりやすいです。

歯を支えている部分が減ります。ということは、ぐらつきやすくなります。歯が健康であったり年齢が若かったりすればすぐにぐらつくということはないでしょうが、老齢になったとき、虫歯になったときなどは特に注意です。

歯ブラシは、軽く持ちましょう。何か手を怪我して、力が入らない、というようなことをイメージすると、ちょうど良いと思います。(経験談。私は力を入れてしまう方なので、育児で重度の腱鞘炎になったときに「これくらいが良いのだな!」とわかりました)

そして歯ブラシの動かし方は、「揺らす」。小刻みに「動かす」と思いながら磨くのではなく、小刻みに「揺らす」と思いながら磨いてみてください。歯科衛生士さんによると、この「揺らす」磨き方で十分に歯の汚れは落ちるのだそうです。

綿棒やデンタルフロスを使う

丁寧に磨いても、歯ブラシで磨けないところがあります。歯と歯の間です。また歯の裏側や奥歯の細かい隙間など磨き残しがあったりします。そこにはデンタルフロス綿棒を使うとよいです。歯間にはデンタルフロスがおすすめです。

糸状のものを歯間に入れ、右、左と移動させながら下(または上)まで入れていくと、急にずぼっと入って歯茎から血が…とならずに済みます。歯の裏側には綿棒を使うと、ザラザラ感が取れます。綿棒は手軽だし簡単にきれいになるのでおすすめです。ちょっと細かいことですが、紙軸綿棒の方が融通が利いて良いと思います。

鏡の前で歯磨きする

「え、こんなこと?」と思われるかもしれませんが、経験上も歯科衛生士さんのお話からも、これは有効なことだと思います。歯磨きは、“ながら”ができるので、私も歯ブラシを加えながらテレビを見たり洗濯物を洗濯機に入れたり…やってしまうことがあります。

でもそういうときはきちんと磨けていないことが多いです。歯磨きをしているようで、意識は、テレビや洗濯物を方にいっているからです。やはり、歯磨きの時間をとっているのにきちんときれいに磨けていないのは、もったいないです。

せっかく歯磨きの時間を取っているなら、鏡の前で歯磨きしましょう。口の中を見ながらするのはもちろん良いですが、毎度毎度、そうしなくても、鏡の前で歯磨きするだけでも「歯磨き」に集中できて良いと思います。

最後に

以上、簡単に、上手な歯磨きについてお伝えしましたが、いかがでしたか?お口の健康を保つことは、体の健康を保つこと。今日からやってみてくださいね。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら