歯磨きは食べたらすぐするのがいい?回数は毎食後がいい?効果的な歯磨きのしかた

スポンサーリンク
728×90




毎日虫歯予防歯磨きは欠かせませんが、みなさんは1日3回食後に歯磨きはできていますか?学校や会社のお昼休みは歯磨きができなかったり、面倒で寝る前に1日1回しか磨いていないなんて方もいるかもしれません。「1日3回、食後3分以内の3分間の歯磨き」が歯磨きの基本と覚えている方も多いと思いますが、この基本の歯磨きは昔の話であって、最新の歯磨きに対する考え方が随分と変わってきているようなのです。それでは、現在考えられている歯磨き回数タイミングについてご紹介します。

1日3回、食後3分以内の歯磨きは古い?

歯磨きの基本と教わってきた歯磨きの回数や時間が、実は虫歯予防の効果と矛盾があるようなのです。食事をすると糖質を栄養源として、歯垢が酸を出して活動が活発化していきます。そして、歯が溶かされ始めるのは「食後3分から」ではなく、実は「食事を始めて3分後」からなのです。

そのため、食後3分ではすでに歯垢が活発に活動している状態で、歯の表面のエナメル質が溶かされ始めており、さらには酸性の食品を食べることでより歯が溶かされてしまう状況となります。

ここで、食後3分以内の歯磨き!と歯磨きをしてしまうと、余計に歯ブラシで歯が擦られて摩擦を促し、歯へダメージを与えてしまうというのが最新の考えのようです。

そのため、食後○分後の歯磨きというキッチリとした正解はなく、唾液による修復が終わってから○時間後に歯磨きをした方がいいという考え方もあるそうです。歯磨きのベストなタイミングを考えるのは難しいようです。

虫歯予防に有効な歯磨きは1日1回?!

以前は1日3回の歯磨きが、虫歯予防に効果的と考えられていました。しかし、最近では歯垢が酸を出して、実際に歯を溶かすまでの時間が注目されており、歯垢が歯に穴を開けるまでの時間は約24時間かかるとされています。

そのため、24時間以内に正しい歯磨きができていれば、その日の虫歯予防に必要な歯磨きはできたという考え方になるのです。

特に、虫歯の進行は就寝中の唾液の分泌が少ない時間帯に起こりやすいため、1日1回夜寝る前の歯磨きをしっかりすれば、虫歯にはならないということのようです。しかし、食後は毎回歯磨きをしたいという方もいますよね。1日に2回、3回と磨いてはダメなのでしょうか。

実際のところ歯磨きの仕方に正解はない?!

現在の歯磨きの回数やタイミングの考え方は、昔とはだいぶ変わってきているようですが、そもそもどの答えにも正解はないと言えるようです。

歯磨きを1日3回しっかり磨いている人でも虫歯にはなるし、毎日寝る前に歯を磨くだけという人でも全く虫歯にならないという人もいます。

最新の歯磨きの考え方では1日1回の歯磨きで問題ないという説明をしましたが、この1回の歯磨きにどれだけ完璧に歯を磨けるのかということにもよります。100%完璧に1度きりの勝負をするのか、不安であれば1日2回でも3回でも磨いても良いということです。

1日3回磨いたことでのデメリットという話も、ほとんど聞いたことがありませんよね。しっかり毎食後磨いたから虫歯になりやすいなんて話も聞きません。食事を始めて3分後には歯垢が活発になるため、そのときにゴシゴシ磨くのを止めれば、問題ないということではないでしょうか。

こんな人は要注意!虫歯になりやすい生活習慣について

これまで歯磨きの仕方について、現代の考え方を説明しましたが、それ以前に生活習慣によって虫歯を進行させてしまうケースもあります。特に気をつけたい生活習慣について紹介します。

だらだら食べ

虫歯といえばチョコレートや飴を想像しますが、それよりも虫歯になりやすいのが「だらだら食べ」です。唾液により歯の再生を行う時間は食事と食事の間となるため、その間隔が長ければ長いほどしっかり再生されていきます。

そのため、無駄にだらだら食べることは、再生時間が短くなり歯に酸が溜まって虫歯になりやすくなってしまうのです。

就寝前の飲食

先ほど、虫歯になりやすい時間は就寝中と説明しました。もし就寝前に酸性の食事や飲み物を摂取したり、歯を磨き忘れて糖分が蓄積されてしまうと、歯垢が活発になり唾液の分泌が少ないため、虫歯を防ぐ機能も低下します。

さらに歯の表面が酸により柔らかくなるなど、就寝前の飲食は虫歯の進行を促してしまうのです。

強く噛みすぎる

「よく噛んで食べる」ということは顎の筋肉を鍛え、消化の手助けにもなり大変良いこととされています。しかし、よく噛んでいるつもりが、強く噛みすぎてしまっていると逆に歯がグラついたり歯周病の原因となってしまうのです。

最後に

いかがでしたか?歯磨きに対する考え方が変わってきているようですが、虫歯予防の意識はずっと変わりはありません。そのため、1日1回の歯磨きでも3回の歯磨きでも、しっかり磨くことが大切となります。

長い付き合いとなる自分の歯を大切にしていくためにも、歯磨きの習慣を身に付け自分のライフスタイルに合った磨き方をしていきましょう。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら