歯石は歯肉炎や歯周病にもつながる!歯石は自分でとるより歯科医院でとってもらおう

歯石がつくと舌触りがザラザラと悪くなることや、歯の見た目も悪くなることがあります。目で見えるところに付いていると、つい自分でとりたくなりますね。わざわざ歯科医院へ行くのも、嫌だなぁという方も多いと思います。歯科医院は、怖い、痛い、削る音が嫌だ、という理由で、行くのが好きというはほとんどいらっしゃらないです。それに加えて、市販でも歯石をとる専用の簡単な器具が売っています。なので、自分で歯石をとりたくなってしまうことも、仕方のないことです。しかし、歯科衛生士の立場からすると、歯石を自分でとることは、決してお勧めできません。それはなぜなのでしょうか。詳しくお話していきます!

歯石は細菌のかたまり

そもそも歯石とは、何でしょうか。それは、細菌のかたまりです。食事をすると、歯の周りに食べかすが残ります。その食べかすは、もともと口の中にいる細菌に分解されて、白くネバネバしたものに変わります。これは「プラーク」と呼ばれるものです。

プラークを顕微鏡で見ると、細菌がウジャウジャしています。このプラークが、唾液のカルシウム成分と結合して、石のように硬くなったものが「歯石」です。プラークの状態でしたら、歯磨きで除去できますが、歯石になってしまうと、歯磨きでの自力の除去はできません。

そして、一度歯石が付くと、そこにどんどん歯石が溜まっていく、負のサイクルが生まれます。歯石のできる場所は、もともと歯ブラシが届いていなかった場所ということもあり、汚れが溜まりやすい傾向にあります。

それに加え、歯石は表面がざらついているため、プラークが付着しやすいという悪い条件がそろってしまうのです。

溜めておくと悪いことが・・・!

歯石は、溜めておくとさまざまな悪影響があります。まずは、歯肉炎と歯周病です。歯石のある場所の歯肉は細菌の影響で炎症を起こし、歯肉炎になります。その後、放置しておくと、歯茎の溝の深い場所にまで歯石がついて、歯周病へと進行していきます。

ちなみに歯石は、目で見えない歯茎の溝の中にも付きます。いわゆる歯周ポケットという場所ですが、ポケット内の歯の根っこ部分にこびりつくのです。歯周ポケット内の歯石は、歯周病が進むの一番の原因となります。

歯石を溜めると、口臭もでてきます。口臭はお口の中の細菌が増えると発生することが多いです。歯石は細菌のかたまりなので、お口の中が不潔になり、細菌が繁殖して独特な臭いがでてきます。

歯磨きをしても歯石はとれないため、洗口液などではもちろん口臭の改善にはなりません。歯石を取り除いて、お口の中を清潔にすることが大切なのです。

歯石は自分でとらないで

歯石をとるためには、ある程度の力を入れる必要があります。市販の専用の器具を使ったとしても、簡単にとることはできないでしょう。

歯石をとるプロである歯科衛生士も、綺麗に歯石が取れるようになるまでに、2年間の経験が必要といわれています。歯石をとることは、それほど難しいことなのです。お口の中は繊細です。素人の方がむやみに行うと、手元が滑って歯肉に傷を付けてしまう可能性もあります。

そして、歯石は中途半端に残ると悪影響があります。歯石除去で大切なことは、歯石を綺麗にとって表面を滑らかにするということです。歯石をとったつもりでも、取り残しがあった場合、その部分のみ炎症が起こり、再び歯石も溜まりやすく、歯肉の改善にはなりません。

歯石をとらないで溜めておくことは良くないことですが、中途半端にとることも、あまり良いことではないのです。

歯石取りは歯科医院へ行きましょう

以前、突然奥歯が腫れてしまい来院された方がいました。その方は10年近く歯石をとっていなくて、原因は歯石が溜まったことによる歯肉の炎症でした。歯磨きをしっかりしていたつもりでも、奥歯に磨けていない場所があったのです。

そして、その部分のみ歯周病が進行していました。その方は、前歯の裏側に歯石が付いている事は自覚されていましたが、奥歯に歯石がたまっていた事には無自覚でした。

歯石は見える場所以外にも付いている可能性が高いです。目立つ前歯の歯石よりも、重要なのは見えにくい場所、又は見えないポケット内の歯石です。自己判断で歯石や歯周病の状態を把握することは、とても怖いことです。

歯石は歯科医院でとりましょう。歯石をとる場合、歯周病の検査も一緒におこなうので、具体的なご自分の歯周病の状態も知る事ができます。

歯石の付き具合がひどくなければ、初回を含め3回の通院で済みます。虫歯の治療とは違うので、自分のペースで通院することができ、忙しい方でも通いやすいと思います。

ここ何年か歯科医院へ訪れていない方は、痛いところがなくても、ぜひ歯石をとりに歯科医院へ訪れてみてください。

そして、半年に1回の定期健診をおすすめしています。虫歯も歯石の付着も、初期の状態の方が簡単な処置で済みます。それに加え、患者さんへの負担も少なく、通院回数を少なくすることができます。歯石を簡単に考えず、自己判断はやめて、歯科医院におまかせしましょう。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら