写真のテクニックが学べて宿泊できる素敵なオーベルジュ「てふてふ」

北海道美瑛町カメラマンが経営する素敵なオーベルジュがあるのをご存知でしょうか?宿泊しながら写真の技術が学べ、北海道グルメ温泉も満喫できてしまうと言うカメラ愛好家ならずとも色んな方に足を運んで頂きたい宿です。今回はそんな宿「てふてふ」についてご紹介します。

オーベルジュ「てふてふ」について

「てふてふ」は北海道の美瑛町にある客室7部屋のアットホームなオーベルジュです。宿泊は中学生以上に限られているので、大人だけののんびりとした旅にも最適な宿です。何と言っても宿からの景色・見晴しがとても素敵で、美瑛町の美しい自然に心惹かれます。

景色の素晴らしさに連泊をしたくなる程。宿には露天風呂もあり、貸し切りで利用できるので、旅行気分を十分に満喫する事ができます。宿泊サイト「じゃらん」では2015年度の北海道10部屋以下の人気宿1位に選ばれる程、多くの宿泊客を魅了している宿です。

JR美瑛駅から車で15分、旭川空港から30分、新千歳空港からは3時間30分の場所にあります。美瑛町は「一度は見てみたい絶景」と言われる「白金青い池」がある場所として、近年注目を集めている場所でもあります。

http://tefutefu.com/

写真家ケント白石とは?

ケント白石さんは札幌市生まれで、現在はオーベルジュ「てふてふ」を経営しながら美瑛の風景の美しさを撮り続けているカメラマンです。

2011年には美瑛の「青い池」の写真でナショナル ジオグラフィック写真コンテスト Nature部門奨励賞を受賞し、2012年には「青池と初雪」という作品でアップル社と独占契約を結んでいます。

アップルと独占契約した写真はMacに標準で搭載されるデスクトップ用壁紙として使用されており、その快挙は日本人初との事。

「色」にこだわりを持ち、デジタルカメラで撮ったデータを色調整したりするデジタル現像に撮影と同じかそれ以上に時間とエネルギーを費やし、力を入れているそうです。

https://www.facebook.com/KentShiraishi/

写真家ケント白石さんの写真術講座の内容

講座の内容は撮影から現像、印刷までのレッスンを受講できるワークショップで、完全予約制です。プライベートレッスンとグループレッスンが選べ、それぞれ宿泊料金とは別料金となります。写真は美瑛の自然をテーマに観光スポットなどを回りながら撮影をします。

また、撮影のワークショップとは別に宿泊者を対象に夕食後から科学的写真術講座というのも開いております。自分が持参した写真をスクリーンに映しながらアドバイスをもらったり、写真の理論について学ぶといった内容です。

最後に

写真のテクニックが学べるオーベルジュ「てふてふ」のご紹介、いかがでしたか?北海道の大自然をテーマにプロの指導のもと、素敵な写真の撮り方を教われるというのはなかなか体験できない事だと思います。

カメラのスキルアップに美瑛町に旅行に行くというのもひとつの楽しい旅のアイデアではないでしょうか?北海道にはこんな素敵な宿があるという事、旅行の際に思い出していただけたら嬉しいです!

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら