フランス産の極太刺しゅう糸で編み物!エコな超極太糸『フックドゥズパゲッティ』

スポンサーリンク
728×90

他の人が持っていない個性的なモノが欲しい人、普通の糸で編んだ作品とは一味違うモノを編んでみたい人にオススメのアイテムがあります。それは、フランスの老舗刺しゅう糸メーカー『DMC』が作っている超極太糸フックドゥズパゲッティ』です。ここでは、その『フックドゥズパゲッティ』の特徴と注意点を紹介します。

『フックドゥズパゲッティ』の特徴

『フックドゥズパゲッティ』とは、カットソーなどに使うテキスタイルの切れ端を細くした超極太糸です。主な材質はコットンですが、もとになった布によってはポリエステルなどが混ざっていることもあります。

11

これは、12mmかぎ針で細編みをした編地の写真です。

十円玉との比較でお分かりいただけるかと思いますが、かなり太い糸で編み目も大きいです。また、「MIX系」のカラーの場合は柄布が使われているため、編み進めると次々と色が変わっていきます。元々が布端を利用したリサイクル製品なので、全く同じ色や柄の商品にはまず出会えません。

日本でもファンが増加中

フランスのメーカーの商品のため、やはりまず海外で人気が出ました。海外ではこの『フックドゥズパゲッティ』のための編み物本が何冊も出版されるほどです。そして、新製品に敏感な日本の編み物ファン達の間でも関心が高まり、最近では日本でも取り扱う手芸屋さんが増えてきています。2014年には日本語の編み物本も出版されています。

購入にあたっての注意点

まず、これは通常の糸でもたまに有ることですが、製造過程で結び目ができることが有ります。次に、布で出来ているため仕方ないのですが、編地がかなりずっしりと重たくなってしまいます。色落ちすることもあるので、水や薄い色のモノの近くは気をつけてください。

そして何より覚えておくべき点は、商品ごとの『個体差』がとても大きいという事です。伸縮性が有るものと無いもの、幅が広いものと狭いもの、手触りがやわらかくてくたっとしているものと硬めでしっかりしているもの。特に違いが大きいのは色です。私は今まで3度購入しましたが、ラベルに書かれている色名からイメージする色とはかけ離れたものもありました。

下に、残った分の写真を載せますので、確認してみてください。

2

色名「ミックスレッド」です。紺色の占める割合が大きめです。

3

色名「ミックスピンク」です。水色や黄色がピンクとほぼ同じくらい入っていますね。

4

色名「ホワイト」か「グレー」のどちらかでした。

お店で実物を見て買うのなら失敗しませんが、通販の場合は一種の賭けのようなものですからある程度の覚悟を持って注文されることをオススメします。

まとめ

超極太の糸ですから、購入した糸の伸縮性やわらかさがわかってしまえば編み物になれている人ならあっという間に完成です。

注意点の章でいろいろと書きましたが、私の場合は最後の写真の分だけお店で買って上の二つは「どんなのが来ても後悔はしない!」という気持ちでネットにて購入し、どれも気に入って帽子やバッグを編みました。とても可愛くて個性的なアイテムになりましたよ。

インパクトのある小物や雑貨を編んでみたい方は、是非一度挑戦してみてください。私のようにまた買いたくなるくらいハマってしまうかも?

この記事を書いた人

tonkumi
tonkumi
とにかく手芸が好きで、縫い物・編み物・ドール服など、気になった物はやってみないと気がすみません。毎日が楽しくなるような手作りの情報を発信したいと思います。
http://s.ameblo.jp/tonkumi1/
スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら