タバコの煙を吸わなければ大丈夫と思っていませんか?実は怖いサードハンドスモーク

タバコを吸っている人の煙を吸ってしまうことを受動喫煙と言います。受動喫煙は二次喫煙とも言い、良く耳にする言葉ですよね。それでは、三次喫煙と言われる「サードハンドスモーク」という言葉を知っていますか?初耳という方もいるのではないでしょうか。サードハンドスモークとは、タバコを消した後に部屋のカーテンやソファ、喫煙者の衣類などに付着したタバコの有害物質によって、第三者が健康被害を受けてしまうケースのことを言うのです。タバコの煙を吸わなければ大丈夫と思っていませんか?今回は、サードハンドスモークの危険性についてご紹介します。

サードハンドスモークの危険性

タバコの煙に含まれる有害物質は、室内の壁や布類に付着しやすい性質を持っています。喫煙者の家の天井が黄ばんでいたり、茶色く変色したりしているのを見たことはありませんか?

タバコに含まれるタールなどによって変色しているのですが、人体に悪影響となる有害物質も含まれています。

何と言ってもサードハンドスモークの怖いところは、目に見えないという点ではないでしょうか。タバコの臭いは感じられても、実際に目で見ることが出来ないため、いつサードハンドスモークの影響を受けているのか分からないということです。

そして、タバコに含まれるニコチンは、よく依存症を引き起こすと言われていますが、サードハンドスモークによる悪影響も判明しているそうです。ニコチンは、大気中の亜硝酸と反応することで、ニトロソアミンという発がん性のある物質に変化するというのです。

自分はタバコを吸わないからと、安心はできないということですね。

サードハンドスモークの被害を受けやすい子供達

サードハンドスモークの一番の被害者は、赤ちゃんや子供であることを知っていますか?特に、乳幼児は床やカーペットを這ったり、カーテンの裏に隠れて遊んだり、タバコの有害物質が付着しやすいものに触れることが多くあります。

さらに、赤ちゃんは落ちているものなど、何でも直に触って口に入れて確認するため、サードハンドスモークの影響を受けやすくなります。

他にも、妊婦さんは受動喫煙の影響で、流産や早産のリスクが高くなったり、赤ちゃんの体重が軽く生まれてしまうといった障害が起こる可能性もあります。

できるだけタバコを吸うような場所には近寄らないことが、サードハンドスモークから身を守るために大切ということです。

そして、サードハンドスモークによってどの程度の健康被害があらわれるのか、まだ明確になっていないというのも怖いですね。

現在も研究が進められているようですが、長期的に喫煙した部屋の中にいることは、人体に何らかの悪影響を与える可能性は十分あるということが分かっています。

ベランダでの喫煙や空気清浄器で対応するのは?

自宅でタバコを吸うとき、家族への受動喫煙を考えて換気扇の下や空気清浄器を稼働して喫煙しているという方もいますよね。しかし、換気扇を回しても有害物質を消し去ることができず、サードハンドスモークを完全に防ぐことはできません。

さらに、空気清浄器は有害物質を除去する機能はなく、粒子の一部を除去することは可能ですが、気体であるタバコの煙を除去することはできないのです。

そして、ベランダで吸っているから、室内には有害物質は侵入していないと安心していませんか?

いくら屋外で喫煙しても、吸っている本人の髪の毛や衣服にタバコの有害物質が付着しているため、そのまま部屋の中に戻れば室内に有害物質が侵入したことと変わりありません。

外でタバコを吸って帰宅しても、そのまま子供を抱っこすることで、子供にサードハンドスモークの影響を受けさせてしまうのです。

さらに、洗濯物に付着したり、近隣の人への健康被害にも繋がる危険もあります。タバコを吸った後でも、喫煙者からは有害物質が30分ほどは出ているそうです。

サードハンドスモークを防ぐには…

サードハンドスモークを防ぐためには、一番は禁煙することです。家族の健康、自分の健康を考えるためには、禁煙が一番ですよね。なかなかすぐに禁煙は難しいという場合は、家族と触れあうことがなく完全な屋外で吸うようにしましょう。

サードハンドスモークへの対策として自宅では換気を徹底し、カーテンやソファカバーといった取り外しが可能なものは洗濯をしましょう。床やカーペット、壁などは、水拭きと乾拭きをすることで有害物質が軽減されます。

有害物質は濡れているものに付着しやすいため、洗濯物を干す場所は喫煙場所から離れた場所にしてくださいね。

また、喫煙者と近くにいることが多い家族自身にも、衣類や髪の毛にタバコの有害物質が付着している可能性があります。毎日着用した衣類は洗濯して、髪の毛もしっかりと洗いましょう。

最後に

いかがでしたか?喫煙者の方ならドキッとしてしまう、サードハンドスモークの怖さが伝わったでしょうか。サードハンドスモークの危険を招く可能性がある方は、禁煙することの意味や必要性を改めて考えてみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら