こうやってお金を貯める!”ちりつも貯金”のすすめ

スポンサーリンク
728×90




専業主婦が気が付かないうちにちょっと幸せになる「ちりつも貯金」をご紹介します!「ちりつも」とは、有名なことわざ「チリも積もれば山となる」の略です。「ちりつも貯金」とは、ちょっとづつの利益を貯めて幸せになろう、という、少し前まで皆さんと同じ専業主婦であった私からのご提案です。ところで「ちり」とは何のことだろう…ちょっとづつの利益なら何でもいいのですが、私が提案する「ちり」とは、「クレジットカードのポイント」と「毎月数千円の貯金」です。

クレジットカードのポイントでハッピーになる

「クレジットカードのポイント」とは、支払いをカードで行うと、カード会社によって違いはありますが大体は支払金額100円につき1ポイントもらえる、そして1ポイントが大抵の場合1円に換算され、指定のショップでお買い物に使える、というもので、ご存知の方も多いと思います。初めての子どもが産まれてから12年間、子育てに専念するため働かずずっと家にいた私が唯一自分の力で稼げた、お金的な価値を持つモノでした。

「1万円買い物してやっと100ポイントでしょ?安すぎ、やってられない」とバカにすることなかれ。私はこれで結構ハッピーにさせてもらっています。

私は、日々の生活の支払いをほとんどカードで済ませています。我が家はごくごく普通のサラリーマン家庭、夫と私と子ども3人の計5人家族です。決して多くはないお給料を切り詰めて節約しているので、支出もそう多くはありません。そんな中で私がやったことは「生活必需品の支払いをできるだけカードで行う」というものでした。

毎月の電気代、電話代、インターネットプロバイダやスマホの使用料から、生命保険、車のガソリン代、おむつやティッシュペーパーに至るまで、カードで支払えるものは全てカードで支払います。日々の食料品の買い出しもカードを使えるスーパーに行きます。

そして日々の子育てに笑ったり怒ったり、せっせと家事をこなしたり…と日常生活に没頭する中ふと気が付くと、結構嬉しい額のポイントが貯まっています。

我が家の場合は平均して1か月に900ポイントくらい貯まります。900ポイント=900円、大した金額ではありません。しかし2か月経てば1800円、3か月待てば2700円です。2700円あればそう高くない服や小物なら1アイテム買えます。3か月といえば季節が変わる周期です。季節が新しくなるごとに新しいファッションアイテムを1つ、実質0円で手に入れられる!と考えると、ちょっと嬉しくなりませんか?もちろんファッションアイテムでなくても構いません。

毎月数千円、気が付けば大金に

また「毎月数千円の貯金」もおすすめです。毎月生活するのに精一杯でなかなか貯金ができない…でも数千円なら、何かを節約すればどうにか用意できそうですよね。

我が家の場合は、住宅ローンと水道代が給料振込みの銀行とは別の銀行からの引き落としだったので、毎月10万円を預け替えていました。住宅ローンと水道代の合計は毎月平均9万5千円だったので月5千円程度の余剰がありましたが、少額だったので普段は忘れていて、結果全く手を付けずに今まで過ごしてきました。すると、住宅ローンを払い続けて10数年、気が付くと90万円もの金額が貯まっていました!毎月貯金しているという自覚がないまま過ごしてきたので、急に入ったボーナスのように感じられて結構嬉しかったですよ。そろそろ買い替え時のマイカーの頭金にする予定です。

ちりつも貯金とにかくやってみて!

「クレジットカードのポイント」「毎月数千円の貯金」どちらも“普段は忘れていられること”がコツです!少額の積み重ねゆえ、毎日頭から離れないくらい意識してしまうといつまでも貯まらなく感じられ、つまらなくなって止めてしまいます。

自分はどのくらいの金額なら、どういう貯め方なら貯めていることを忘れていられるか、各自工夫してぜひやってみてくださいね!

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら