家事に追われる主婦の皆さん!タイムキーピング術でゆとりある時間をつくりませんか?

スポンサーリンク
728×90




主婦は日々家事に追われ、あれもやらなきゃこれもやらなきゃと、掘り出せばいくらでも出てきます。そんな時間に追われる毎日にうんざりしている方にお勧めなのが、タイムキーピングの発想を家事の時間にも活用することなのです。では、実際にどうすればゆとり時間が生まれるのでしょう。タイムキーピング術の活用方法をご紹介します。

「家事」に終わりはない

掃除に洗濯に、やりだしたらキリがないのが家事です。ホコリがあるのに気付いたり、洗濯した洋服に汚れが残っていたり、気付いたことを全てやっていると、終わりがないですよね。

そして、時間に追われてイライラしたり、目についたことをやり続けていては時間も体力も足りなくなってしまいます。

でも、そんな毎日から脱却してみませんか? 効率よく工夫して時間を使うことで、気持ちにもゆとりができ家事もはかどります。 そのためには、タイムキーピングの発想を持って、きっちり何時までに終わらせるのではなく、ゆるい時間割のような感覚で時間を使ってみましょう。

終わるまでではなく、時間を決めてやる

これが終わるまで家事をすると決めるのではなく、何時まで家事をしてその時間になったらやめる、ということを習慣づけるといいです。洗濯物を干すことや、冷凍食品を小分けにして冷凍するなど、その時に必ずやらなくてはいけないことをまず優先することです。

そして、例えば「今日はアイロンがけしなくても間に合うから、また今度」といったように、先回ししても困らないことは時間に余裕ができた時にするのがいいでしょう。

決めた時間までやるというタイムキーピングの発想を持つことで、時間にも気持ちにもゆとりが出てくるのではないでしょうか。

タイムキーピング術をうまく使うためのアイテム

頭の中で時間を決めても、ついつい家事に夢中になってしまい時間が過ぎていた!なんてことがあるかもしれません。そうなる前に、時間をわかるように身近にあるアイテムを使うといいですよ。

例えば「目覚まし時計のアラーム」を使うのです。

1時間集中して家事をすると決めたら、1時間後にアラームを鳴るようにしていれば、時計を気にせず家事に集中できますよね。 また、もう少し時間に追われずに家事をしたい人には、「音楽を聴きながら家事をする」のもひとつの手です。

曲数で時間を決めてもいいし、掃除の種類で聴く曲を変えるなんてこともできます。 好きなアーティストやバンドの曲を聴きながらの家事は、気分も乗り家事がはかどりそうじゃありませんか? その日の気分に合わせて聴く曲を変えていけば、飽きずに続けやすいのではないでしょうか。

このように、今まで家事に追われていた生活から、タイムキーピング術でゆとりある時間を過ごせるかもしれません。きっちりこの時間までと細かく決めなくても、ゆっくり自分に合った時間の決め方で始めてみるのもいいと思います。

まずは終わるまでやるの意識を変えて、5分からなど短い時間から始めていくのもいいのではないでしょうか。

最後に

タイムイズマネー。そう、家事代行ということも考えようによっては安上がりなのです。

働くママ必見!育児のアドバイスまでしてもらった家事代行サービスをご紹介

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら