家族やデートで行く時の参考にしよう♪東京ディズニーリゾートの時期別混雑状況

スポンサーリンク
728×90




日々、多くのゲストが訪れる東京ディズニーリゾート。あまりに人が多いと、たくさんのアトラクションを楽しみたいと思っても、難しいですよね。なるべく、空いている日に訪れたいものです。今回は、東京ディズニーリゾートの混雑状況を時期別について、ご紹介します。

東京ディズニーリゾートの混雑状況(1~4月)

1月の混雑状況

1月の初めは、お正月イベントが開催されており、冬休み期間中でもあるため、かなり混みます。入場制限になる可能性がかなり高いです。しかし、冬休みが終了すると、それまでとは打って変わってガラガラ。年間で一番空いている時期です。土日であっても、ひどい混雑にはならないでしょう。

2月の混雑状況

2月に入ると、大学生が春休みに入り、受験シーズンで休校になる学校も多いため、学生が多く訪れます。土日はもとより、平日であってもかなり混みます。2月後半になると、受験や期末試験が終了し、更に多くの学生が訪れるようになりますので、ご注意ください。

3月の混雑状況

3月は、年間でかなり混雑する時期です。2月と同等の混雑に加え、卒業式シーズンのため、学生が多く訪れます。そのため、平日も土日も関係なく、毎日が大混雑です。3月後半になると、小中高も春休みに入りますので、更に混みます。入場制限になりやすい時期なので、ご注意ください。

4月の混雑状況

4月に入り、新学期がスタートすると、混雑は落ち着いてきます。ディズニーランドもディズニーシーも春イベントが開催されていますので、土日はそれなりに混みますが、平日はかなり空いている時期です。

東京ディズニーリゾートの混雑状況(5~8月)

5月の混雑状況

5月は全体的には、4月と同等の混み具合と言えますが、ゴールデンウィークは大混雑する時期ですので、注意が必要です。入場制限になることもよくあります。ただし、連休最終日は空く傾向にあるので、もし連休中に訪れたい場合は、最終日を狙うと良いでしょう。

6月の混雑状況

6月になると、梅雨で雨の日が多く、全体的に空いています。ただし、この時期は晴れの日になると、平日、土日関係なく、混む可能性が高いです。また、6月中旬からは七夕イベントが開催されますので、中旬以降は少し混雑してくる可能性があります。

7月の混雑状況

7月は、ディズニーランドもディズニーシーも夏のイベントが開催されますし、だんだん晴れの日も多くなってきますので、土日はかなり混雑します。平日は割と空いていますが、夏休み期間に入ると、徐々に混んできますので、注意が必要です。

8月の混雑状況

8月は、夏休みの真っ最中なので、毎日混雑しますが、入場制限になるほどのひどい混雑にはならないでしょう。ただし、お盆期間中は、多くのゲストが訪れ、入場制限になることも多いので、ご注意ください。

東京ディズニーリゾートの混雑状況(9~12月)

9月の混雑状況

9月は、ディズニーランドもディズニーシーも秋のイベントが始まりますが、新学期がスタートするため、平日は割と空いています。しかしその分、土日は混みます。また、後半になると、気候も涼しくなってきますので、徐々に混んでくる傾向にあります。特に、連休中はかなり混みますので、この時期は避けた方が良いでしょう。

10月の混雑状況

10月になると、気候がだいぶ過ごしやすくなり、ハロウィーンイベントも盛り上がってきますので、土日の混雑は更に激しくなります。この時期は、平日も少し混みやすい傾向にありますので、ご注意ください。

11月の混雑状況

11月は、大人気のクリスマスイベントが開催されますので、混雑します。土日は入場制限になる可能性があるため、注意が必要です。また、11月18日はミッキーとミニーの誕生日のため、多くのゲストが来場します。この日はグリーティング施設がいつもより混雑するでしょう。

12月の混雑状況

12月は、クリスマスムードが高まってきますので、11月以上に混雑してきます。土日は入場制限の可能性が高く、平日でも夜になると、多くのゲストが来場しますので、注意が必要です。また、年末は冬休み期間に入りますので、毎日が大混雑です。特に、イベントが開催されているわけではないので、こだわりがなければ、この時期は避けた方が良いでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?あまりに混雑がひどいと、夢と魔法の国を思う存分楽しむことができませんよね。東京ディズニーリゾートは、年末年始、春休み、ゴールデンウィーク、お盆などの連休期間は、大変混みますので、避けた方が無難です。しかし、どうしても都合が付かない場合は、連休の最終日を狙うと良いです。他の日と比較すると空いていますので、きっと楽しい時間を過ごすことができますよ。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら