白さを通り越して、歯が透けて見える??実は溶け始めのサイン、酸蝕歯を放置しないで!

顔は鏡でよく見ますが、お口の中まで鏡に写して毎日チェックしている方、どれだけいるでしょうか。きちんと磨くケアができていれば、痛い、しみる、うずく、などの具体的な違和感がない限り「じっくりとは見ない」ケースが多いと思われます。

だからこそ、ある日ある瞬間「あれ?歯が透けてる」「歯の色味が変」とドッキリ気づかされてしまうことに。女性にとってお肌の透明感は歓迎したいですが、これが歯だと話は一転。白さを越えた透明感があると、酸蝕歯(さんしょくし)を疑われ、読んで字のごとく酸に蝕まれ溶けた状態かもしれません。

虫歯のように1本だけがそうなるケースは少なく、前歯の数本、上下どちらも、よくよく見て広範囲だと気づかされる結構ショッキングなのが酸蝕歯。イメージしづらければ「酸蝕歯 画像」で検索してみましょう。

虫歯や歯周病に次ぐ、第三のお口のトラブルとして浮上している「酸蝕歯」について、原因と対策をまとめました。

心当たりは?酸蝕歯の原因について

歯の表面にあたるエナメル質は固く、分かりやすく比較すれば「鉄より上、水晶と並ぶ」といわれます。ただ酸には弱く、酸性の強い飲食物をとり続けたり、お口の中が長時間酸性に傾いていると、エナメル質は溶け出してしまいます(脱灰)。

しかし唾液の緩衝作用によって、歯の再石灰化を促進。脱灰と再石灰化を繰り返して、歯の健康は保たれているのでした。

つまり酸蝕歯は、エナメル質の再石灰化が追いつかない状態といえます。自覚症状がないまま進行し、広い範囲に及びやすい。気づいた時には深刻なレベルになっていて「一般的な虫歯治療よりも厄介だ」という歯科医もいます。

酸蝕歯リスクをチェック

炭酸飲料やワインをよく飲む

  • ジュースや果物はかんきつ系が好き
  • ドレッシングはたっぷりかけたい
  • 健康のため酢を意識的によくとる
  • 酢の物や寿司が好き
  • 間食が多い
  • 夕食から晩酌まで延々と飲食し続ける
  • 酔いつぶれて歯を磨かず寝ることが多い
  • ドライマウス
  • 嘔吐する機会が多い

当てはまる項目が多いほどリスクは高まります。

初期症状と対策

虫歯は黒っぽく変色するのに対し、酸蝕歯は歯の先端から白さが抜けていくように見えます。前歯であれば、歯の裏側に舌を当てて鏡チェックを。また歯の黄ばみも「汚れ」とは一概に言えず、エナメル質が薄くなり、その下層にある象牙質の色が透けて黄ばんで見えるからです。

こうした状態でも、まだ痛みや不快感がなければ酸蝕歯の「初期症状」と考えられます。「熱い・冷たい」「飲食物が以前よりしみる(知覚過敏)」症状が出てきたら、一度歯科医に相談することをオススメします。

初期症状は習慣を改めて、自宅でのセルフケアから始めてみてください。

長時間お口の中に飲食物を入れておかない

間食やつまみ食いが多いと、お口の中は延々と酸性に傾いた状態になります。またスポーツ飲料を30分おきに補給したことで、酸蝕歯をつくってしまった前例も。こまめに水分をとる場合は水や麦茶、ストローを使って歯に触れにくくなるよう工夫をしましょう。

「食後30分間は歯磨き」「かための歯ブラシ」を控える。

食後はエナメル質が溶け出しているため、歯に余計な負担を与えないことが大切です。ごちそう様のあとは口をゆすぎ、30分経過すると再石灰化がはじまるといわれるので、このタイミングで歯磨きができるとベストです。使う歯ブラシは、ふつうかやわらかめが適しています。

再石灰化を促す製品を積極的に使う

フッ素やリカルデントなどは、歯の再石灰化を後押しするといわれます。ジェル、ペースト、洗口剤などで、歯磨き後の仕上げ時に習慣化しましょう。ドライマウスも酸蝕歯への近道なので、フッ素やリカルデントのガムや飴で唾液量を増やすのも効果的です。

中期以降の症状と対策

初期症状が進行して、歯の先端がいよいよ透けて見えるようになったり、知覚過敏が悪化したり、黄ばみが強まり茶っぽく見えたら、セルフケアだけでは十分といえなくなります。さらに、歯の表面に薄いひび割れや、小さな凹みができる場合も。

一度なってしまった酸蝕歯は、放っておいて自然に治るものではありません。

「虫歯でなければいい」で済まないのが酸蝕歯です。エナメル質が薄くなるので虫歯リスクが上がるだけでなく、歯の神経にも心配が及び、噛み合わせにまで問題が広がっていきます。審美目的のクリニックに限らず、街の歯科医院でもホワイトニングの相談はしやすいので、一度相談してみましょう。

中期以降にすすめられるケア

  • 専用の薬剤を塗る
  • 被せ物をする
  • ダメージが大きい場合は抜歯の可能性も

一般的なホワイトニングは、エナメル質の上層を白くするといわれています。エナメル質そのものが薄くなってきている酸蝕歯だと、診断によってはそちらの治療が優先される場合があります。

市販のホームケア用ホワイトニングもありますが、正確に歯の状態を把握していないとお手入れが無駄になりかねません。

ホワイトニングは自費治療なので少しでも負担減したいのが本音ですが、素人が見よう見真似でケアできるには限界があることをお忘れなく。

ホワイトニングの相場は内容や技術によって差はありますが、1万5,000円〜5万円、歯1本あたり2,000円〜4,000円あたりをひとつの目安にしてみてください。

最後に

歯の色が変色してくると「加齢のせい?」「老化現象?」がまず思い当たりますが、酸蝕歯はメカニズムから考えても年齢よりも生活習慣が原因として大きいのです。

酸性の強い食生活を好み、お口の中の状態が酸性に傾いている生活習慣でいると、子どもや青年期であっても酸蝕歯になる可能性は十分あります。

特に夏休みは、どうしても生活サイクルが乱れやすく、日頃行えてるケアもおろそかになりがちです。酸蝕歯は歯科医にかかる中期以降のレベルになると、虫歯以上に治療機関や費用もかかる場合があります。まず予防、もし初期症状を自覚したら早めのケアを心がけたいもの

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら