儲ける秘訣とは….。それは、複数単位株を売買することです!

株で儲ける秘訣の一つは複数単位の株数を売買することです。それでは一つ一つ説明しす。

株は最小限の売買単位がある

株は最小限の売買単位があります。例えば1000株単位で売買されるものもあれば、100株単位で売買されるものもあります。現在は1株単位で売買されるものも増えています。

昔はすべての株が1000株単位でした。例外として、ソニー株と電力株だけが100株単位で売買されていました。というのは、ソニー株と電力株は他の株に比べ、株価が高かったからです。このような株を値嵩株(ねがさかぶ)といいます。

株の最低購入額に注意

例えば、1000株単位の株の株価が200円でしたら、その株の最低購入額は1000×200で20万円です。100株単位の株が200円でしたら、その最低購入額は100×200で2万円です。1株単位の株が5万円でしたら、その株の最低購入額は5万円です。というのは1000株単位の株は1000株単位でしか売買できません。100株単位の株も100株単位でしか売買できないのです。

しかし、例外として単位株未満の株数も売買されることがあります。それは端株が生じるときです。例えば、増資などで株主に10%の割り当てがされるとき、1000株を持っていれば、自動的に1100株に増えます。このように増えた100株は1000株単位の株であれば、単位株未満ですから、売買できません。このようなとき、証券会社に頼めば、100株でも例外的に売買してくれます。ただし、手数料はすこし高くなります。

インターネットで、このような端株の売買をしたことがありませんが、おそらく、端株がでた場合、大抵の証券会社は便宜を図ってくれるはずです。

株は最低購入額の安いものを選ぶ、割安株を売買する

株は最低購入額の安いものを選ぶ、それが基本です。最低購入額の高い株、いわゆる値嵩株は、後ほど説明する投資戦術を使えない場合が多いです。その上、値嵩株は、経営者や経営陣が投資家の方をみていません。仮に、経営者が自社の株を売買してもらいたいと思っているのなら、株式分割などをして、株価を下げる努力をするべきです。なぜなら、企業も今までのように一部の金持ちの投資家だけから資金を集めているばかりだと成り立たなくなるのです。

大衆商法という言葉があるとおり、株式市場も大勢の一般投資家を対象にしなければ企業自体が生き残れないのです。なぜなら、成長企業は自然に株価も高くなります。言い方をかえれば、株価も成長するのです。ですから、自社の株を常に大衆投資家が売買してくれるように株価を分割したりして抑えます。その代表はマイクロソフトです。マイクロソフトは上場以来、何度、株式分割をしたかわかりません。それでも、株価は上がるのです。

それを投資家の立場から説明しますと、1株50万円の株を1株買うより、1株10万円の株を5株買うことです。このような買い方をすると、儲けるチャンスが多くなります。逆に1株50万円の株を1株買うと、その株が上がるにしろ、下がるにしろ、一発勝負のような売買になります。つまり、当たり外れが多くなるのです。

この記事を書いた人

r.nakanisi
r.nakanisi
現在、私自身はブログ「株と仲間」を運営中、著作は4冊、塾、家庭教師活用法(大阪教育センター)、株 確実に5割儲かる私の投資法、株、チャートで100万円が6年で1億円、株、儲かる投資法、危ない投資法,ムダな投資法(以上、エール出版)、株式投資のはなし、季節銘柄で儲けよう、その他、電子書籍多数(アマゾンキンドル)など。
スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら