人の肌に近い椿油で入浴タイムに美肌づくり!椿油バスボムの作り方

肌に直接つけるものは、肌に優しいもの、肌が喜ぶものを選びたいもの。椿油というと髪の艶をだすイメージが強いのですが、実は肌にも優しいって知っていますか?実は、椿油は人間の皮脂の成分に近いので、肌に負担をかけずに保湿やクレンジングなどができるのだそうです。そんな椿油を使って、シュワシュワの泡とお気に入りの香りで入浴タイムを楽しめる椿油バスボムのつくり方をご紹介します。

椿油は人間の皮脂に近い油だからやさしい

椿油には酸化しにくいオレイン酸が多く含まれています。植物性油のなかではオリーブオイルもオレイン酸を多く含む油として健康や美容に使われていますが、オリーブオイルのオレイン酸が成分の75%であるのに対し、椿油のオレイン酸は85%といわれています。

人間の皮脂の成分でもっとも多く含まれるのがオレイン酸であり、その割合は40%ほどとされています。つまり椿油は、人間が肌を守るために作り出す自らの皮脂に近い油といえるのです。

バスボムに入った適量の椿油は、水分を閉じ込める保湿の役割もしつつ、毛穴につまった汚れや古くなった皮脂をやわらかくして取り除くクレンジングのような役割も果たします。

クレンジング効果を高めるため、入浴しながら肌をなでるようにマッサージして入浴すると、肌がツルツルスベスになったのを感じられますよ。

椿油バスボム作りに必要な材料

  • 重曹…110g(食用に使えるグレードのもの)
  • クエン酸…55g(こちらも食用に使えるものを選んでください)
  • 岩塩…55g(普通の塩でも大丈夫です)
  • 椿油…11ml
  • 精油…10滴程度(お気に入りの香りを選んでください)
  • ドライハーブ…大さじ1程度(なくてもOKです)
  • ラップ
  • ジッパー式保存袋
  • 排水口用の水切りネット(ドライハーブが浴槽に散らばるのが気になる場合)

椿油バスボムのつくりかた

[2個分です]

  1. 重曹とクエン酸と岩塩をジッパー式保存袋にまとめます。岩塩はできるだけパウダー状の細かいものを使うと次の工程が楽です。
  2. 保存袋の空気を抜いて、5分ほど混ぜながら揉む。この行程で固まるか固まらないかが決まるので、途中で手を止めずにひたすら揉みます。
  3. 椿油を入れて、さらに混ぜ込むように揉みます。
  4. まんべんなく椿油が混ざったら、精油を入れてさらにさらに混ぜ込むように揉みます。
  5. 全体がしっとりしてきたら、袋のなかで2等分します。この時点では、まだ固まりそうにない感じですが、崩れない程度にまとめます。
  6. 1個分をラップにとり、ギュッギュッと押し固めるように丸く成形します。まんまるおにぎりを作る要領で。
  7. 固まったら完成です。排水口用のネットに入れて、口をしばっておけば、浴槽のなかにドライハーブが散らないので、掃除が楽になります。

椿油の選びかたとオススメ!

椿油は余計なものが入っていない純椿油を選ぶようにしてください。バスボム以外にもいろいろ使い方があるので、できればグレードの高いものを用意したほうが汎用性が高いです。以下は実際にバスボム以外に私がしている椿油の使用法です。

  • 顔や体に肌に薄くのばして乾燥を防ぐ
  • シャンプー前に頭皮に薄くのばしてマッサージすると毛穴のクレンジングになり、抜け毛防止になります
  • 手に塗ったあと、そのまま少しだけ髪につける(手に塗ってなじませたあと、毛先に揉みこむ程度がちょうどいいです)
  • 食用油として(揚げ物が軽い食感になります)

食用としても使うので、私はこちらの椿油を愛用しています。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら