止まらない咳は別の病気の可能性も!?長引く咳の原因と鎮める方法

スポンサーリンク
728×90

風邪を引いたときに出る、苦しい。熱や鼻水などの症状が治まった後も、だけがしつこく残って出続けることはありませんか?長引く咳は、風邪以外の重大な病気を引き起こしているサインかもしれません。咳で分かる、気管支に関係する病気や、症状を緩和させる方法についてご紹介します。

二週間以上咳が続くと要注意

風邪によって咳が起こるのは当然の症状ですが、きちんと薬を飲んで静養すれば、風邪自体は一週間程度で治ります。その後も咳だけが長期的に続くようなら、風邪が完全に治りきらずにぶり返しているか、他の病気の可能性を考えなければいけません。

長引く咳による他の病気を疑うタイミングは、咳が出始めてから約二週間程度。それ以上、咳が続くようであれば、症状が酷くなくても大きな病気である可能性を考え始めなければいけません。

咳が続く原因

咳は、口や鼻から入ってきたウイルス、細菌を外に追い出すために発生する、体の防衛機能です。気管に付着した異物を、粘膜を作り出して絡めとり、外に追い出す働きをします。

ほとんどは体内に入り込んだ病原菌が死滅することで咳も治まりますが、微量に残った菌が体内の深い場所にまで入り込んで症状を長引かせることもあります。

また、埃や花粉などを定期的に吸い込むことでアレルギー症状を引き起こし、咳が慢性化して喘息になってしまう場合もあります。

他にも、咳をすると胸の筋肉が痙攣を起こし、その動きが癖になって、病気でもないのに咳を出そうとする動きを続けてしまうというケースも存在します。

咳の症状によって考えられる病気

咳が続く期間や症状によって、考えられる病気が異なってきます。2~3週間程度で治る咳は急性の咳で、主に風邪によって起こるものですが、風邪の症状が治まっても続いている場合には、気管支喘息や急性肺炎などを疑う必要があります。

痛みを伴った激しい咳が起こる場合は、喉に異物が引っ掛かっている、肺など胸部に炎症を起こしていることも考えられます。3週間以上続く長い咳になると、咳が慢性になっている可能性があります。アレルギーによる喘息が慢性化すると完治が困難になります。

百日咳

強力な感染症による病気として、百日咳の可能性が疑われます。肺の筋肉の痙攣を起こすほどの激しい咳が出るのが特徴です。かつては子供が罹りやすい病気とされていましたが、近年では大人の間でも急増しています。

肺や心臓が弱い人だと死に至る危険があるので、早急に内科や小児科を受診する必要があります。

マイコプラズマ肺炎

近年流行っている感染症に、マイコプラズマ肺炎と呼ばれる症状があります。軽い空咳が長い期間続きますが、息苦しさや発熱などがなく、症状が重くならないため、悪化に気付きにくい病気です。

いつの間にか重症化する恐れがあるので、咳が気になる時はこの病気を疑うことも大切です。また、発熱を伴う激しい咳は、肺がんや結核の危険性もあります。

簡単にできる咳を鎮める方法

咳が止まらない時には内科を受診して薬を処方してもらうのが最善ですが、それでもなかなか止まらないという場合には、簡単な方法で咳の症状を一時的に緩和することができます。

加湿する、水分をこまめにとる

デリケートな喉にとって、乾燥は大敵です。湿度が下がると小さな埃やダニなども飛び散りやすくなり、アレルギー症状も悪化します。

室内は、加湿器などを使用して適当な湿度を保つように気をつけましょう。洗面器などに水を張って置いておくだけでも、加湿の効果が期待できます。

しかし、あまりジメジメすると、カビの発生など衛生面で環境が悪化するため、50~60%くらいの湿度を維持できると理想的です。

マスクをしておくことでも、喉の乾燥を抑えることができます。最近では濡れマスクなど、湿度を保てるマスクも販売されているので、活用してください。こまめに水分をとる、飴をなめるなどして喉を常に潤しておくことも、咳を鎮めるために有効です。

喉に直接塗って湿度を保つスプレー薬も市販されています。症状に応じて使い分けると、咳の苦しさも大きく緩和できます。

喉や体を温める

ウイルスや細菌が原因で続く咳には、体の温度を上げることで対抗できます。病原菌は低音の環境で増殖、活発に活動を行うため、喉元を温めることで細菌の活動を鈍らせ、死滅させるこができます。

室内であってもマフラーやタオルを巻くなどして保温対策をすると良いでしょう。しかし、喉は熱を感じやすい部分でもあるので、くれぐれもカイロや熱湯など、熱すぎるものを直接肌に当てないようにしてください。

ハチミツやショウガなども、殺菌成分があって喉によく、体も温まって免疫力が高まります。

最後に

咳は、体の中を正常に保とうとする、体が出す大切なサインです。軽い咳だと侮って放置していると、命に関わる重大な病気を見逃してしまうことにもなりかねません。止まらない咳が気になったら、できるだけ早く病院で診てもらうことが、完治への近道です。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら