宅配買取は使い易くておすすめ!宅配買取のメリットや賢い活用法とは?

スポンサーリンク
728×90




しばらく読んでいない本、見ていないDVDや聴かなくなったCDなど、整理せず放置したままの不要な物が収納スペースの場所を取っているということはありませんか?あるいは、引っ越し予定であったり、片付けたいとは思っているものの、不用品の処理に困っている…という方も少なくないのではないでしょうか?たとえ今は不要であっても、思い入れがあったり、状態の良いものであれば、何となくごみとして処分するのはもったいない気がしてしまうもの。そんな方におすすめしたいのは宅配買取を利用するという方法です。買取りといえば、店舗買取や、出張買取などもありますが、宅配買取には、”宅配”というシステムを利用するゆえの、ほかにはないメリットがいくつかあります。そこで今回は、ほかの買取りにはない宅配買取ならではのメリットから、一般的な利用の流れ、利用にあたって気をつけたいことまで、宅配買取を賢く利用する方法について詳しく解説していきましょう。

宅配買取とは?

宅配買取とは、その名の通り、宅配便のシステムを利用して買取業者に売りたい商品を送り、査定を依頼する買取サービスのことです。

買取してもらえる商品のジャンルは業者によって幅はありますが、本やDVD、CD、ゲーム、洋服、ブランド品など様々で、ネットなどから買取対象になる商品を確認したり、申し込みをしたりすることができます。

中には、ネット上で売りたい商品を検索しておおよその買取金額を調べることができたり、見積りを依頼して事前に教えてもらえる場合もあります。

売りたいものが買取対象かどうかを確認し、申込みが済んだら、あとは手ごろな箱に詰めて業者に発送するだけで簡単、手軽に査定依頼が完了します。業者によっては、梱包用の箱が無い場合には段ボール箱を送ってくれるサービスがあることも。

荷物の発送は、宅配便業者に集荷を依頼するか、コンビニに持ち込んで発送するといいでしょう。一般的には、査定が終了するとメールなどで連絡が来るようになっていて、金額に納得できた場合は、後日、銀行振込などで入金されるという流れになります。

買取の依頼には直接、店舗に持ち込む方法や、自宅まで業者に来てもらう出張買取という方法もありますが、何といっても、宅配買取では担当者と直接会うことなく査定の依頼から入金までを済ませることができますから、自分の都合で動くことができるうえ、あまり品物を人に見られたくないな…という場合も気にせず依頼できます。

また、店舗に持ち込むときのように重い荷物を運ぶこともありませんし、近隣に店舗が無いという方、自宅に出張買取の業者が訪ねてくるのに抵抗があるという方も気にせず利用することができるのも、宅配買取ならではのメリットといえるでしょう。

宅配買取の送料は?

宅配便を利用するにあたって気になるのは送料の問題ですが、一般的には売りたい商品が20点以上、30点以上といったように数十点以上で送料無料としている業者が多いようです。

この場合は着払いで送ることができますから、このような送料無料サービスがあるときには、なるべく売りたいものをまとめて発送するようにして利用しましょう。

売りたいものが数点しかないといった場合は、宅配便の送料だけで業者としては損になってしまうため、送料は自己負担になってしまうことが多いようです。

ただし、業者によっては新作や人気作の商品、単価の高い商品の場合は一点から送料を負担してくれる場合もありますので、一度確認してみるといいでしょう。

一方、気をつけたいのは査定に満足できなかったときに返送してもらう場合の送料です。

中には、査定額に自信があり、返送する際の送料も負担してくれるという業者もあるようですが、一般的には、査定後の金額に納得できない場合や、買取不可とされた商品を返送してもらいたい場合、その際の送料は自己負担になるという業者が多いようです。

そのため、買取金額に納得できない、または金額がつかないといった場合には売りたくないという商品は、予め送らない方が得策といえます。また、金額のつかなかったものも返送不要という場合は、業者で処分してもらえるのが一般的です。

宅配買取は、少しでも高く売りたいと考えている商品を依頼するよりも、ひとまとめに査定してもらって処分してしまいたい不用品などを依頼する方が向いているといえるでしょう。

宅配買取は梱包に注意!

箱につめて送るだけといっても、乱暴につめて発送してしまっては、宅配便業者に運送されるうち、箱の中で商品が傷んでしまい、査定の際、査定額に響いてしまった…ということになりかねません。

ですから、宅配買取を利用するときは、丁寧に梱包することもポイントになります。

たとえば、本は縦に積むと傷みやすため、横に積むのがおすすめ。本の右側と左側の厚みに差がある場合は、左右の向きを交互に入れ替えながら積むなどの工夫で、なるべくしわやゆがみから守り、紙が折れたりすることのないように詰めましょう。

普段、梱包に慣れていない方でも上手に商品を詰めるコツは、すきまを埋めるようにすることです。

物と物の間にすきまがあると、どうしても中で動いてしまいやすく、物同士が傷つけ合ってしまうこともあるので、なるべくすきまなく詰め、どうしても空いてしまった空間には、クッション代わりになるものを詰めておきましょう。

クッションの代わりになる素材としては、ネットショップで買い物したときに送られてきた荷物や、100円ショップなどで見かけるエアークッションなどがおすすめです。

家に余っているものが無いし、だからといってわざわざ買いたくないという方は、広告や新聞紙などをくしゃくしゃに丸め、印刷物のインクの色が移ってしまわないようビニール袋に入れておけば、クッション素材として使うこともできます。

なるべく良い状態で査定担当者の手に渡るように工夫することで、査定額アップにつなげましょう。

最後に

都合の良いときにまとめて送るだけで、誰にも会うことなく手軽に買取査定してもらえる宅配買取は、片付けをしたいときや、引っ越す予定のあるときなど、不要品をまとめて手軽に処分したい!と考えている方には特におすすめの方法です。

不用品をすっきり処分できるうえ、思わぬおこづかい稼ぎになることも!ぜひ、ご紹介したポイントを参考に宅配買取を賢く利用してみてくださいね!

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら