紫外線の影響を受けるのは肌より髪!髪の毛の紫外線対策をしてダメージを防ごう!

スポンサーリンク
728×90




紫外線が強い季節がやってきました!紫外線といえば日焼けやシミ、そばかすを気にする方も多いのではないでしょうか。しかし、実は紫外線を最も浴びているのは髪の毛であり、髪へのダメージは相当なものとなります。お肌の日焼け対策は万全でも、髪の日焼け対策はできていますか?今回は、紫外線が髪に与える影響髪の毛の紫外線対策についてご紹介します。

紫外線が与える影響とは

髪の毛は常に露出している状態のため、紫外線の影響を直に受けています。なんと頭皮や髪の毛が受けている紫外線の量は、顔に比べ3~5倍もの量と言われています。

そもそも、日焼けの原因となるのは太陽光線の一部である紫外線であり、日焼け止めクリームなど様々な商品にはUVという表記で表されています。

紫外線やUVと呼ばれているのは、UV-A波、UV-B波のことを指しています。UV-B波は、UV-A波よりもエネルギーが強いため日焼けの原因となり、UV-A波はガラスも透過し体内に影響を及ぼすため、しみやシワの原因となるのです。

紫外線が髪に与えるダメージは?

1:枝毛、切れ毛、抜け毛

髪の毛は主にたんぱく質で作られています。たんぱく質は、システィン結合と呼ばれるアミノ酸の結びつきにより、髪の強度を保つ構成をしています。

紫外線を浴びるとこの構成が分解してしまい、枝毛や抜け毛、切れ毛が増える原因となるのです。

2:キューティクルがはがれる

キューティクルは、髪の外側を覆っているのですが、紫外線を受けることでキューティクルがはがれたりめくれたりすることがあります。キューティクルがはがれると、髪の中のたんぱく質や水分がなくなります。

その結果、髪の毛のツヤがなくなる、パサつく、乾燥するといった状態になってしまいます。

3:髪の色があせて赤茶色になる

紫外線は、髪の内部にあるメラニンを分解します。メラニンにより髪の毛の色(日本人の多くは黒色)を保っているのですが、メラニンが紫外線により分解されてしまうと、髪の色があせて赤茶色のような髪の毛が焼けた色になってしまうのです。

とくにヘアカラーをしている髪の毛は、メラニン色素が少なくなっているため、紫外線の影響を受けやすいでしょう。

4:髪の老化現象

紫外線を多く浴びることで、光老化という状態になります。光老化とは、紫外線を浴びた時間や量によって、年齢に関係なく老化現象があらわれることを言います。

頭皮の老化現象により、髪の毛を作る細胞がダメージを受け、正しく機能しないことで、抜け毛や薄毛の原因となるのです。

髪の毛の紫外線対策

1:帽子をかぶる

当たり前のことですが、最も簡単にできる紫外線対策は帽子をかぶることです。紫外線対策がしっかりできるよう、ツバ広の帽子や通気性がいい麦わら帽子を選びましょう。

2:日傘を活用

普段から帽子をかぶることに抵抗がある方は、日傘を活用しましょう。日傘は、もともとUVカット加工されているものが多く、好みのデザインのものを選べるので、外出先で利用するのにおすすめです。

3:紫外線が強い時間は避ける

1日のなかで一般的に紫外線が強いとされる時間は、午前10時から午後2時までの4時間とされています。この時間帯に外出すると、1日に浴びる紫外線量の約半分を浴びてしまうことになるのです。

外出する際は、午前10時より前か午後2時より後の時間にするようにしましょう。

4:UVカットアイテム

髪の毛を紫外線から守るのにおすすめなのが、スプレータイプの日焼け止めです。日焼け止めスプレー以外にも、洗えるトリートメントやスタイリング剤にUVカットの機能がついているものもあります。

使いやすさなどから、自分にあったUVカットアイテムを選びましょう。

日焼けをした髪の毛のケアについて

もし、髪の毛が日焼けをしてしまった場合、どのようなケアが必要でしょう。日焼けをした髪の毛は、キューティクルがはがれている可能性もあるため、キューティクルを保護する効果があるシャンプーやトリートメントでケアをしましょう。

髪の毛を洗った後、ブローする前に洗い流さないトリートメントなどで保護するのもお忘れなく。

特に海水浴へ行った後は、海水の塩分や不純物によって髪の毛の水分が失われます。更に紫外線を浴びることで、髪の毛のたんぱく質が破壊し髪が傷む原因にもなるのです。もし頭皮に痛みや炎症が出た場合は、皮膚科を受診して治療を受けるようにしましょう。

最後に

いかがでしたか?これから本格的な夏を迎え、紫外線が気になる時期になりますよね?夏は海水浴やキャンプなど、外出する時間も増えるのではないでしょうか。

そんなとき、日焼け止めクリームを塗って念入りに対策をすることも大切ですが、髪の毛のケアも忘れないようにしましょう。

紫外線の影響を最も受けるのは髪の毛であり、紫外線が髪の毛に与える影響はとても大きいので、将来薄毛といったトラブルの原因となる可能性もあります。紫外線対策は肌だけでなく、髪の毛にも必要なことを忘れないでくださいね。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら