フィリピンに別荘を買う!?発展途上国に別荘を買って優雅に過ごそう

スポンサーリンク
728×90




間もなく全国的のお盆休みの時期を迎えます。色々な所にでかけたくなりますが、フィリピンで家を買ったM先生のお話をおつたえします。

M先生がフィリピンに家を買った

20年ほど前です。大学を出て間もないM先生と一緒に仕事をすることになりました。M先生、のんきな性格か、ひょうきんなのか。周りからおろそかに扱われても怒りもせず飄々と毎日、仕事をこなしていました。

私とはなぜか気が合い、色々、話をしました。そんなある日、M先生が面白いことを教えてくれました。なんとフィリピンに家を買っていたのです。M先生は社会に出てまだ間がなく、国内で家を買う資金も乏しく、海外でも田舎の方が性格にあっている。その上、フィリピンは他の国と比べて安全だ。そこで思い切って、フィリピンに住宅を買ったというのです。

地元の人に月々1万円を送金

建物の費用は当時のお金で約200万円ということです。それで毎月1万円ずつ、住宅の管理のために、現地の人、業者ではなく、つまり住宅の近所の人に送金しているというのです。毎月、わずか一万円で土地と住宅を管理してくれるというのです。

1万円といえば、現地の人の一か月分ぐらいの収入のはずです。M先生の話によると、夏とか冬の休み、あるいは春の連休などに、一年に数回、両親と一緒にフィリピンの家まで遊びにいくというのです。

なかなか優雅な話です。

しかし、ホテルに泊まることなど考えると、はるかに安く上がり、M先生の話によると数年で元が取れる計算だというのです。しかも、現地は近所の人はもちろん、役場の人から警察の人まで知り合いばかりで、ホテルのように泥棒にあうような危険もありません。本当に安全です。

M先生について

M先生、一人息子で、お父さま大阪市内で長年調理師をしていた人です。経済的には恵まれているとはいえません。しかし、大学まで出してもらった両親に親孝行しているのが本当に楽しそうでした。今思うと、本当にいいところに目をつけたものです。

しかも、最近は現地の不動産価格が上がっているようです。あれから20年以上もたちます。M先生の計算では、数年で元が取れるということでしたが、資産はおそらく数倍以上になっているでしょう。安く安全に海外旅行するどころか、もっと有利に金儲けができました。いや、欲のない人にお金の神様は微笑むものですね。

どうせ別荘を持つなら発展途上国に!?

三重県の山の中から記事を執筆しております。駅まで20分、駅から大阪市内まで1時間20分ほど、電車は1時間に3本という田舎です。土地柄、車がなければ便利が悪いです。近所を見ますと、3件東隣は別荘です。2件西となりも別荘です。

町内にこのような別荘が点在しています。このような別荘の人たちは夏休みぐらいしか顔を見ません。しかし、別荘として持っていても、固定資産税などは一般住宅と同じようにかかります。

それならM先生のように、発展途上国に住宅を買ったほうがよいのではないだろうか。フィリピンの田舎なら、車がなくても生活できるようだし。事実、M先生は車の免許は持っていませんでした。物価も税金も安ければ…。

しかも、日本と違って、発展途上国は、これから経済が発展するでしょう。それなら、今のうちに、少し広いめの土地を取得しておいて、土地の一部に観光客用の小さなホテルを立てれば、年金など当てにしなくても暮らせるのでは…。皆さんはどう思われますか!?

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら