三陸や鳴門で有名なわかめ。ダイエットにも最適なわかめってどんな食べ物なの?

スポンサーリンク
728×90

私が愛してやまないのが”わかめ”です。サザエさんに登場するワカメでは決して御座いませんのでご安心を(笑)。私は生わかめと乾燥わかめ両方を毎回購入しています。生わかめって一袋に入っている量がすくない、もっと食べたい‼︎ということで愛すべきわかめについて調べてみたいと思います。

わかめと言えば昔から私たち日本人に親しまれてきた食材の一つであると思います。スーパーや商店、手軽に年中手に入り、使い勝手もよく価格の幅はあるものの比較的安価で気軽に購入できるものですよね。そもそもわかめって何なんでしょうか?英語でもwakameって言うようですが..。

“わかめ”ってどんな食べ物

日本では三陸や鳴門のわかめが有名だと思います。根元の部分で岩などに付着、葉の部分を水中へ伸ばし長いもので2メートルにも及びます。古くから親しまれてきた食材であり、「万葉集」にも出ています。酢の物、味噌汁の具材として重宝されています。

わかめは簡単に乾燥させることが可能で軽く移動ができたため、古くから日本で広まっていきました。和語で「藻類」の「も」に食用の海藻を「め」と呼んでいました。若い新しい海藻に、由来するところです。この時代では給与として、用いられていたり、朝廷への献上品とされていたそうです。なんと古い歴史があったのでしょう。少し侮っていました。

わかめで注目したい点

わかめにはたくさんの食物繊維が多く含まれています。水溶性(アルギン酸)と不溶性(セルロース)があり、セルロースは水に解けず消化もされません。腸に入ると水分を含みふくらむことで便を増やし柔らかくしてくれます。

排便を促す効果もあり、宿便を防ぐことにより有害物質を体内に貯めることが予防できます。大腸がんなどの予防に繋がります。

わかめダイエットが最適な理由は水分を含むと膨らみ特徴にあります。総摂取カロリーを抑えながら満腹感も与えてくれます。アルギン酸はわかめのぬめりです。アルギン酸は他の食物の塩分と結合し、体外へ排出する効果を持ちます。よって体内な塩分量が減少し高血圧などを予防してくれます。

血中コレステロールを減らし腸内環境を整える作用があるため、腸の老化を予防してくれます。そしてなんと、放射性ストロンチウムや貴金属のカドミウムなどの有害物質を排出する効果も持つそうです。

積極的に摂取したい食品です。ミネラルやカルシウムも豊富なので小さいお子さんにもたくさん食べて健康増進に役立てくださいね。

わかめがたくさん食べられるレシピ

これは私がほぼ毎日食べているレシピです。お味噌汁にはもちろん、水に戻したわかめに新玉ねぎを和えて酢の物にします。新玉ねぎがある季節にオススメです。次にわかめ炊き込みご飯です。

水に戻したわかめを細かく刻み、お塩を一つまみ(白米三合)入れ、いりこだしを小さじ一杯、規定量の水分を足し炊飯します。炊飯が終わったら少し蒸らしざっくり混ぜて完成です。幼児でもわかめを食べやすく簡単に混ぜ込みご飯が出来上がります。

もう”素”は買いません。おにぎりにしたりあっという間に完食してしまいますよ。卵焼きに混ぜたりわかめって案外どんな食材とも相性がいいんです。マグロのブツと納豆、卵黄、刻みわかめ、大葉や薬味を散らしたら夏場にピッタリスタミナ丼の完成です。

あー、キムチを合わせてもいいですね。アレンジ自在です。

わかめの魅力を存分にお分かりいただけたでしょうか。手軽に使えて健康効果も抜群、今日から早速常備しましょう。うどんにわかめうどんなるメニューがあり、私の大好物でした。素朴ながら磯の香りがはなに抜け、まるで海鮮うどんかと錯覚するような。

暑さが厳しくなる前に積極的に摂りたい食品です。美髪効果も有名ですよね。トータルビューティーを目指しましょう。

最後に

わかめといえば、やはりお味噌汁ですよね。お味噌汁がなぜ体によいか。今一度確認をしてみまんせんか!?次の記事でご確認ください!

日本人ならお味噌汁!お味噌汁が体にいい理由を調べてみた

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら