WAONポイントとは違う!イオンの新サービス「WAONポイント」とは?

スポンサーリンク
728×90

イオンの共通ポイントといえば電子マネーの「WAONポイント」ですが、実は2016年6月から新たに「WAON POINT」サービスが開始されたのを知っていますか?なんだか名前も同じで、同じポイントカードなのに何が違うの?と混乱してしまいそうですよね。ここで説明したいのが、WAONポイントとWAON POINTは全く別物のサービスということです。今回は、新たに始まったWAON POINTサービスと、今までのWAONポイントサービスの違いやWAONポイントの使い方などサービス内容についてご紹介します。

新たにスタートしたイオンのWAON POINTサービスって何?

WAON POINTとは、現金の支払いでもポイントを貯めることができるサービスです。WAON POINT加盟店で購入時にWAON POINTカードを提示するだけでポイントが貯まるシステムになっており、このポイントカードは加盟店であれば無料で手に入れることができるのです。

現金での支払い時にWAON POINTカードを提示すると、200円ごとに1WAON POINTが貯まります。また、溜まったポイントは加盟店で1ポイント=1円としてそのまま利用することが可能となりました。

WAON POINTの最大の特徴は、家族でポイントを合算できたり友達にポイントをプレゼントしたりと従来のWAONポイントになかった機能が搭載されたことです。便利なQRコードを使って、友達にポイントをプレゼントする機能もできるようになったのです。

また、ダイエット歩数計アプリの「RenoBody」と連携すると、ウォーキングするだけでWAON POINTを貯めることができるサービスもあります。

1.電子マネーWAONでのお買物でポイントがさらにたまります。

2.すべてのWAON POINTは電子マネーWAONに交換できます。

従来のWAONポイントとの違いは?

従来のWAONポイントとは、電子マネーで決済したときに貯まるポイントのことを言います。電子マネーのWAONポイントは300円で購入する必要があります。そして貯まったポイントは電子マネーに交換してWAONとして利用することが出来ます。

また会員登録の有無により貯まるポイントも変わってきます。会員登録をしていない場合のWAONポイントは、200円につき1 WAON ポイントのみとなるのですが、会員登録をしている場合はこのポイントに加え、月額決済額500円ごとに1 WAON ポイントが別途貯まるようになっています。

WAON POINTカードには、月額支払額に応じたPOINTは特にありません。WAON POINTカードを作る場合も会員登録が必要ですが、多くポイントを貯めたいならWAON ポイントに会員登録するという使い方になります。

WAON POINTカードを提示して電子マネーWAONポイントの決済は可能?

それでは、両方のカードを利用してポイントの2重取りはできるのでしょうか。正解は、WAON POINTカードの提示でWAON決済での2重取りはできません。

WAON POINTカードを提示して、電子マネーやクレジットカードでの支払いは可能ですが、ポイントは2重にならないということです。そのため、電子マネーWAONポイントカードに会員登録している方は、新たにWAON POINTカードを手に入れる必要はないということです。

しかし特例もあり、ダイエーやグルメシティ、フーディアムだけはWAON POINTカードを提示して電子マネーWAONポイントの決済でダブルでWAON POINTを貯めることが可能なのです。

この3店舗をよく利用される方は、WAON POINTカードと電子マネーWAONポイントカードの両方を作る必要があるということです。

最後に

いかがでしたか?何だか内容が複雑で、説明を聞いても分からないという世間の声も多くあります。表記が違うだけで名前も同じですし、筆者自身も内容が複雑だなぁと感じる点もあります。

しかし、現在別々のポイントカードは、今後WAON POINTに一本化されるそうです。イオンの利用が多い方は、早めに内容を理解しておくと安心ではないでしょうか。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら