またスーツを自宅の洗濯機で洗ってみた!上質なスーツだと襟が崩れないが…

スポンサーリンク
728×90




暑い夏が続き、旦那さまのスーツもできれば毎週クリーニングに出してあげたいですよね。ただ、毎週約1,000円を支払うのが経済的につらいという方に、自宅でスーツをどのように洗うのかお伝えします。

スーツも家で洗えないかな?

以前ネクタイを自宅で洗う記事を寄稿しました。

ベンゼンを使ってネクタイを洗うことでのネクタイの寿命が伸びた!自宅の洗濯機でネクタイを洗濯しよう!!

丁度同じころにネクタイが自宅で洗えるなら、スーツも自宅で洗えないかと考えました。スーツは2週間に1度クリーニング店に出していました。それなりにお金がかかります。

それならば、自宅で洗ってしまってクリーニング代を節約してみようと考えたのです。さっそく、着用しているスーツを洗濯機にいれました。

ところが、やはり大失敗..。洗濯機にいれてかき回していると、スーツの肩に入っているパッドの位置がずれたのです。ずれただけではありません。パッド自体の形も崩れました。

そんなわけでスーツ1着台無しにしました。私には洋裁の基礎知識などありませんでした。当時、スーツの中にパッドなど入っていることなど知りませんでした。

それで、次はスーツをネクタイと同じようにして洗ったのです。つまり、ビーカーの代わりにバケツを用意して、洗濯水を作り、その中にスーツを丸めてつけました。洗濯水の濃度はバケツいっぱいに洗剤カップ三分の一ほどです。

それを水にうすめて、水溶液(洗濯液)を作り、その中にスーツをつけました。約4、5時間つけるとスーツの汚れは落ちました。

後は2,3回、水をかえるだけです。これで、スーツは完全にクリーニングできました。ネクタイで使った手法が使えたのです。それ以来、今日までスーツをクリーニングに出したことはありません。

上質なスーツだと襟が崩れない

自宅でスーツをクリーニングしてから、面白いことに気がつきました。スーツの襟をアイロンがけしても、うまくいかないのです。ところが、上質のスーツですと、アイロンがけする前から、襟の形がなんとなく整っているのです。もちろん、アイロンをかけると、襟の形がうまく整います。

それ以来、スーツを買うときは、値段が張っても少し上質のものを買うようにしています。 またスーツもネクタイと同じような現象が起きました。

つまり、こまめに洗濯するとスーツが長持ちするのです。そんなわけで、1週間、または2週間ほど着ると、必ず、そのスーツを洗うようになりました。

考えてみれば、学生時代、学生服など夏休み、冬休みなど来ない限りクリーニングには出しませんでした。社会人になって、スーツを着るようになっても一ヶ月に一回ほどしかクリーニングに出しませんでした。

それが1週間か2週間着るとクリーニングするのです。当然、そのスーツは長持ちするはずです。

上質なスーツだと襟が崩れない

私が自宅でスーツのクリーニングをやり始めたころでしょうか。仕事先の同僚から、ホームセンターで家庭用ドライクリーニング液が販売されていることを聞きました。その同僚は自宅でドライクリーニング液を使ってご主人のスーツを洗っているということでした。

話は変わりますが、ちょうどそのころです。いつも、クリーニングに出している夏用スーツがなぜかクリーニングに出すたびにちじんでくるのです。

そして、買ってから、わずか2年ほどが小さくなり、着られなくなりました。これはクリーニング屋の技術が下手だったのか。それとも、素材が悪かったのか。

私にはわかりませんが…

三十代に入ったころから、スーツを買うときは出来るだけよいものを買うようにしています。結局、その方が安くつきます。それは自宅で洗濯してから、よくわかなりました。

スーツなど、いいものを買えば、結局、安くつきます。昔から、「安物買いの銭失い」というとおりです。お寄せ頂いた話です。

私が今も持っている、冬用のスーツの一つは親父のお古です。親父は私が幼稚園に入る前年になくなりましたので、そのスーツは昭和20年代のものです。黒の別珍で少し重いですが、少しもほころんでいません。このスーツ、実は引越しのとき洋服箪笥を整理していると、箪笥の上に乗っていました。今から20年ほど前です。上等の箱に入れられズボン、チョッキと三つ揃えになっていました。それを着てみると、私の体にぴったり、それ以来、冬にはたびたび、そのスーツを着ています。おそらく、誰も昭和20年代のスーツを着ているとは思わないでしょう。

本当によいものは数十年も着られるのです。これも節約の一つですね。

最後に

ドライマークが付いているお洋服。ホームクリーニングができるのご存知です方!?次の記事でご確認ください!

ドライマークなら自宅で洗濯できる!?ホームクリーニングのコツとは

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら