転倒した擦り傷や火傷は水とラップで治そう!今どきのガーゼや絆創膏を使わない家庭療法とは

スポンサーリンク
728×90

子供が転倒してひざやひじを擦りむいたとき、すぐに絆創膏を貼っていますか?今の治療法は湿潤治療(しつじゅんちりょう)と言って、消毒しない・乾かさないという流れになっているのです。

常識が変わった!擦り傷に絆創膏は禁物

昔から、転んで怪我をした時は消毒をして清潔なガーゼや絆創膏で保護する、という治療法が一般的でした。しかし、最近その方法では「かえって傷の治りが遅くなる」いうことが言われ始めています。ガーゼや絆創膏は、血液や浸出液などの「じゅくじゅく」を吸い取ってしまいますよね。

「じゅくじゅく」は人間の体が傷を治癒するために出している体液です。これを吸い取ることで傷口を乾燥させてしまい、治りを遅くすると考えられているのです。擦り傷などには、よくかさぶたができますが、かさぶたは傷口を乾燥から守る自然の絆創膏です。

かさぶたができるということは、傷口が乾燥しきっているということになります。治りが遅く、傷痕も残りやすいので、できればかさぶたができる前に傷を治したいですね。

意外?消毒薬が細胞を攻撃する

でも消毒は必要でしょう?という方も多いはず。しかし、現在は消毒薬の使用を控えるよう呼びかける医師も多いのです。その理由は、消毒薬が傷口の細胞を攻撃して、もともと持っていた自然治癒能力や殺菌作用まで抑えてしまうから。少し難しい単語になりますが、消毒薬の持つこのような作用を「組織障害性」と言います。

消毒薬はばい菌だけでなく、傷口の細胞までもやっつけてしまうということなんです。また、消毒薬の添加物も人体に悪い影響を及ぼすと考えられています。中には添加物として界面活性剤を使用している消毒薬もあります。界面活性剤といえば、ご存じの通り洗剤の主成分です。消毒薬を使うときは添加物にも気を付けたいですね。

家庭で簡単にできる!早く治る方法

擦り傷を早く治すためには、「乾燥させない」ことがポイントです。やり方はとても簡単。傷口を水でよく洗って、傷口以外の水分をしっかり取り、ラップを巻き付けてあとは待つだけです。すると、たっぷりの「じゅくじゅく」成分が傷を早く治してくれます。

できるだけ傷口を乾かさないよう、常にラップで覆っておきましょう。

一晩寝るだけで、治りの早さを実感できるはずです。ただし、血が止まらない場合や、傷口が膿んでいる場合は、家庭療法だけに頼ってはいけません。必ず医師の診察を受けましょう。また、お子さんは汗をかきやすいため、ラップで覆った部分に汗疹ができることがあります。その場合は、汗を吸い取り水分を逃さない、専用の傷パッドを利用しましょう。

最後に

いかがでしたか?痛みが少なく、早く治るといういいことだらけのこの治療方法は今、教育の現場でも注目されています。転んで擦りむいてしまったら、怖がらずに「乾かさない」治療方法を試してみてくださいね。

なお、この湿潤治療を行っている先生はこちらのサイトで確認することができます。確認のうえ、通院ください。

http://www.wound-treatment.jp/dr/dr.htm
スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら