心理学者が提唱した、目標達成のエネルギー「ウィルパワー」とは

スポンサーリンク
728×90




何か目標を立てそれを達成するまでに人は成功に向けて努力をしたり、時には挫折したり様々な結果を迎えます。そんな中で、目標を達成する糸口となるのが「ウィルパワー」なのです。ウィルパワーって??とはてなマークになってしまいそうですが、このウィルパワーは誰もが持っている力で、筋肉のように鍛えることでその力を発揮させることができます。いま、貯蓄に励んでいる人や仕事で成功するために頑張っている人、慣れない育児に奮闘している人など、何か目標に向けて頑張っている人達に達成までの方法をご紹介します。ウィルパワーを鍛えて、みなさんも目標達成してみませんか?

 ウィルパワーとは

あまり聞き慣れない言葉だと思いますが、ウィルパワーの提唱者は心理学者のロイ・バウマイスターという方です。ウィルパワーとは、目標を達成するまでにある様々な誘惑に負けず、最後まで成し遂げられる力のことを言います。

ウィルパワーの高い人は、学校で成績が優秀であったり、仕事ではリーダーシップがある人など、人生において成功する傾向があります。そしてウィルパワーが弱い人は、自制心が弱くギャンブルや暴飲暴食など、ネガティブな行動へと進んでしまうのです。

また、ウィルパワーは目標に向けて成し遂げる力だけでなく、欲望を抑える自己コントロール力も含まれています。

筋肉のように鍛えることができるウィルパワーですが、使いすぎてしまうと疲労が溜まり消耗してしまうため、いかにウィルパワーを消耗させないかということも大切になってくるのです。

 ウィルパワーを低下させる原因

ウィルパワーを低下させる原因は、日々の生活の中にあります。まず、ストレスがウィルパワーと強く関係しています。

例えば、仕事でいうと嫌いな上司と仕事をし続けなければいけない状況や、我慢を強いられるような仕事を押し付けられることでウィルパワーは低下していきます。

そして、長時間の労働はストレスが溜まる一方であり、仕事から解放されたときに暴飲暴食などの自制心をコントロールできなくなってしまうのです。

また、目標を持ちすぎてしまうことも、ウィルパワーを低下させる原因となります。複数目標を持つことで心のスタミナは消耗され、判断能力が薄れることで結果失敗に繋がることもあるのです。

 ウィルパワーを鍛える方法

では、もともと誰もが持っている力をどのように鍛えていけばいいのでしょう。ウィルパワーを鍛えるためには、

  • 「小さな挑戦」
  • 「運動」
  • 「十分な睡眠」

の3つが必要となってきます。

小さな挑戦とは、突然大きなチャレンジをして挫折するのではなく、小さなことから着々と成功を積み重ねていくことです。

例えば、足を組まず姿勢よく椅子に座ることや、悪口や愚痴を言わない、休日はジョギングやウォーキングをするなどの試みを最低2週間は続けてみましょう。この小さな試みが成功していくことで、達成感を得られると同時にウィルパワーが充電されていくのです。

また、運動を習慣づけ健康管理に気を付けることや、十分な睡眠を取ることで心も体もリフレッシュされ、ウィルパワーは鍛えられます。ウィルパワーを鍛えられると、自己コントロール力も高まり自制心も強くなるため、目標に向けて誘惑に打ち勝つ力が養われるのです。

最後に

ウィルパワー・・・う~ん、聞き慣れない言葉と最初は思いますが、実は目標達成にはとても大切な力だったのです。

でも、私には誘惑を我慢しつづける辛抱がないかもと疑問に思うかもしれませんが、意識的にウィルパワーは誰もが持つ成功するための力と考えてみてはどうでしょう。

そして、貯金や、昇進、将来の夢への実現など、人々が持つ希望への力となるウィルパワーをぜひ活用してみましょう。小さな成功が意志の強さとなり、大きな成功への架け橋となるのではないでしょうか。

さらに、無意識の意識に働きかける「NLP(Neuro-Linguistic Programming)」というものをご存知でしょうか!?次の記事で、ご確認ください!

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら