無料提供期間迫る!windows10を無料で賢くダウンロードするメリットとデメリットとは

スポンサーリンク
728×90

今や、一家に一台は必ずあると言われているパソコン。色々な会社から特徴的な機種やOSが提供されていますが、マイクロソフト社windowsを利用している家庭や会社が多いのではないでしょうか。そのwindowsの最新バージョン「windows10」が現在無料配布されていることをご存知ですか?無料の配布期間には期限があります。期間中に、お徳にOSのアップグレードを行いましょう!

無料配布期間について

マイクロソフト社が行っているwindows10の無料配布は、2015年の7月から2016年7月29日までの期限付きの提供となっています。その期間が過ぎると本格的に市場での販売が始まり、お金を払ってソフトを買わないとアップグレードができなくなります。

現在、予想されているwindows10の値段相場は、2万~3万5千円程度。今後、windows10の使用が常用化していくことを考えれば、早いうちに更新しておくほうがお徳ですよね!

アップグレードできるPCの条件

無料配布されているwindows10をダウンロードできるPCは、OSがwindows7かwindows8.1のPCになります。条件が揃っているPCの場合は、普通に使用していると画面の右下にダウンロード専用のアイコンが出てくるので分かります。

また、windows10は性能によってランクが分けられており、Home版とPro版が存在します。これは基本的にどちらかを利用者が勝手に選ぶことができず、持っているPCのOSのバージョンに応じて自動的に決まります。あなたの使用している現在のPCがwindows7のHome版ならば、アップグレードされるOSもwindows10のHome版となります。更新前に一度、ご自身のPCを確認の上で、アップグレードに挑戦してみてください。

windows10にアップグレードするメリット・デメリット

アップグレードをするにしても、いいことずくめとはいかないことがあります。更新することでPCにどんな変化が起こるのか、あらかじめ調べることが必要です。

メリット

windows10はマイクロソフト社が無料配布してでも利用者を多く確保したいと考える、とても販促に力を入れている自信作です。それだけあって以前までのOSに比べて動作も速く、操作方法も改善されて扱いやすくなっています。システムの虚弱性やウイルスに対してのサポートも万全に受けられる点が、一番のメリットです。

デメリット

過去に流通してきたwindowsXPやVistaの時代に作成されたソフトウェアなどとの互換性がなくなり、一部使用できなくなる可能性があります。もし、ずっと昔から愛用してきたソフトなどがある場合は、windows10にアップグレードした際にきちんと起動するか、情報を集めて充分に検証することが大切です。

おわりに

今まで使ってきたPCと勝手が変わると、戸惑う人もいるかもしれません。でも、無料で最新版のOSが手に入る又とないチャンス、無駄にせずに有効に使いたいものです。対応機種を持っていて、まだアップグレードをしていない方は、ぜひこのチャンスを活かして、お得に最新版をゲットしましょう!

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら