実は痩せやすい季節!熱を作り出すエネルギーで冬こそダイエット

スポンサーリンク
728×90

お正月太りという言葉があるように、冬は太りやすい季節というイメージが強いですよね。しかし、実は冬こそ痩せやすく、ダイエットに向いている季節だというのを知っていますか?もし冬こそ痩せやすいということが本当なら、今まさにダイエットをするのにもってこい!ということです。それでは、なぜ冬は痩せやすいと言われているのでしょう。今回は、冬に痩せやすい身体のメカニズムや痩せるためのコツをご紹介します。

どうして冬は痩せやすいの?

冬=太るというイメージが定着している人も多いのではないでしょうか。年末年始はゴロゴロ過ごし、美味しい物をたくさん食べて、毎年太ってしまうと悩んでいる方もいるでしょう。

しかし、冬は気温が寒くなり、人は体温を保とうとするため身体の中から熱を発します。この熱を作り出すということは、エネルギーを消費させているということになるのです。

そのため、寒ければ寒いほど身体は頑張ってエネルギーを消費させるので、基礎代謝がアップして痩せやすくなるということです。

また、体温調整のポイントとなる褐色脂肪細胞は、温度差によって刺激が与えられると働きが活発化します。そのため寒い冬にエクササイズやストレッチをすると、褐色脂肪細胞が刺激されてより脂肪が燃焼できるのです。

このため、冬は痩せやすい季節だからこそ、身体を動かして代謝をアップさせるとダイエットに効果的ということになります。もちろん、いくら痩せやすいからといっても動かずじっとしているのはNGですよ。

冬のダイエットのコツ「上は薄着・下は厚着」

冬の寒さを活用することでダイエットに繋がるのですが、ひとつ悪い面もあり、それは寒さが冷え症を悪化させ血行不良を起こしてしまうことです。

そのため、冷え症を緩和させて痩せやすくするためには、「上半身は薄着で、下半身は厚着」をして、徹底的に下半身は温めえるようにしましょう。

実は、身体にとって理想的な状態とは、頭が冷えていて足は温かい状態なんだそう。コートを羽織りマフラーをして首回りは温かそうでも、下はミニスカートで寒そうな格好をしている方もいますよね。

これは、足元が冷えてしまうため、冷え症を悪化させる原因となってしまいます。できれば、頭周りは少し寒いくらいでも大丈夫なので、下半身はジーンズの下にタイツやレギンスを重ねたり、靴下の重ね履き、レッグウォーマーを活用するのもおすすめです。

お腹周りを温める腹巻もおすすめですよ。

冬のダイエットのコツ「冬の食材を食べる」

季節によって旬の食材がありますよね。冬の食材は痩せやすいものが多くあるため、どんどんダイエット食材として取り入れていきましょう。それでは、おすすめの冬のダイエット食材をご紹介します。

大根

大根には、脂肪分散酵素である「リパーゼ」や、消化酵素である「アミラーゼ」が含まれています。そのため、炭水化物の消化を促し脂肪を吸収しにくくなるのです。

長ネギ

長ネギには、脂肪燃焼効果がある「フルタン」や、糖質代謝を高める「アリイン」が含まれています。体脂肪を燃やす効果や、炭水化物が脂肪になるのを防ぐ効果があります。

白菜

白菜には、余計な水分を体外へ排出してくれる「カリウム」が含まれているため、水分に含まれる老廃物もあわせて排出する効果があります。

最後に

いかがでしたか?冬が痩せやすい季節なんて驚きですよね。また、冬の食材は痩せやすいものが多いため、寒い季節は大根や白菜をたっぷり入れた温かい鍋なんか食べたいですね。

美味しい食事と足元を冷やさない服装で、毎日適度な運動やストレッチをかかさなければ、もうお正月太りに悩むこともなくなるかもしれません。

また、鍋ダイエットについては次の記事でご紹介しております。続けてお読みください!

冬は鍋で痩せる?!幸田來未が16kg減量した噂の鍋ダイエット!

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら