毛布は羽根布団の下に敷いても良い?靴下を履いて寝るのは良い?真冬の快眠方法

冬の夜眠るとき布団の中が冷たくて、縮こまりながら眠っている人はいませんか?寒くてなかなか寝付けなかったり、眠りが浅かったりする人も少なくないでしょう。できるなら快適に眠りにつきたいですよね。そこで、今回は寒い時期におすすめの質の高い眠りにつく方法をご紹介します。冷え込みが厳しくなるこれからの時期、ぜひ参考にしてみて下さいね。

真冬にも理想的な快眠を得る方法がある

寝室が寒いとなかなか寝付けませんよね。みなさんは、真冬でも快適に眠れる温度を知っていますか?

目安は、パジャマなどのナイトウエアに1枚羽織っても寒くない程度が良いと言われています。室温が低いと体温も低下して睡眠の質が悪くなってしまうため、室温は16~19度くらいに保つと気持ちよく眠れるでしょう。

さらに、肝心なのは布団の中の温度ではないでしょうか。布団に入ると布団の中の温度はどんどん上昇し、気持ちよく眠れる温度は32~34度に保たれているときです。

暑すぎると寝返りをうって布団の中の温度を下げているのですが、寒すぎると寝付きが悪くなってしまします。

布団に入る前に、あらかじめ電気毛布や湯たんぽなどで布団の中を温めておきましょう。寝るときは自然な体温の変化を防いでしまうので、電気毛布のスイッチは切ってくださいね。

お部屋の湿度は50%前後が目安

寒くなると空気が乾燥しますよね。室内を暖めるためストーブやエアコンが欠かせませんが、使えば使うほど湿度はどんどん下がります。

冬に朝目覚めると喉が痛いという経験がある人もいると思いますが、乾燥により喉や鼻の粘膜を痛めてしまっているのです。これでは睡眠の質も下がってしまいますよね。

快適に眠るための湿度の目安は50%前後に保つことです。濡れタオルや加湿器を使って、湿度を保ちましょう。

寝るときは加湿器の電源は切って寝ましょうね。加湿器を付けたまま寝てしまうと、結露やカビが発生する原因となり、アレルギーや喘息が酷くなってしまう可能性もあるため要注意です。

ベストは湿度計で部屋の湿度を確認し、寝る前には加湿器を止めましょう。

正しい毛布の使い方

冬は羽毛布団と毛布をかけることが多いと思いますが、みなさん毛布はどこにかけていますか?

羽毛の下に毛布を入れて寝ている人もいるようですが、正解は羽毛布団の上に毛布を敷くことです。羽毛は温められると膨らんで保温効果がアップするのですが、身体と羽毛の間に毛布があると十分に膨らまず保温性が下がってしまうのです。

そのため、羽毛布団の上に毛布をかけることで、羽毛のふくらみを邪魔せず温かく眠れます。

身体の熱は上からも下からも逃げていくため、敷布団の上に毛布を敷いて下からの熱を防いでいる方も間違いではありませんよ。

もし、羽毛布団の上に毛布をかけると重みが気になり寝付きが逆に悪くなってしまうようでしたら、毛布からタオルケットにチェンジしてみましょう。タオルケットは吸収性が強いので、敷布団の上に敷いて汗や湿気をとる目的にも活躍しますよ。

お手製湯たんぽで足先を温めよう

冬は冷え症に悩む女性も少なくありませんね。足先が冷えて寝付けない人には湯たんぽがおすすめです。わざわざ湯たんぽを購入しなくても、ペットボトルで湯たんぽが簡単に作れますよ。

変形しても気にせず交換できるので、湯たんぽを購入するか悩んでいる方は試してみてはいかがでしょう。

1:準備する物

  • 1~2Lサイズの角形ペットボトル(触るとペコペコしない丈夫なもの)
  • タオル

2:ペットボトル湯たんぽの作り方

  • 60℃くらいに温めたお湯をペットボトルに入れ、蓋をしっかり締めましょう。熱湯はペットボトルが変形する可能性があるため、止めて下さいね。
  • お湯を入れたペットボトルに、低温やけどを防ぐためタオルを巻きましょう。不要なセーターやトレーナーの袖口をカットしてかぶせると、湯たんぽカバーになりますよ。

足先が寒くても靴下を履いて寝るのはNG

足が冷たくて眠れないと、靴下を履いたまま寝ている人もいるのではないでしょうか。実は、靴下を履いたまま寝るのはNGなのです。

靴下を履いて寝ると靴下のゴムが足首を締めつけるため血行が悪くなります。血行不良から代謝が悪くなり、結果むくみや冷え症などの原因にもなります。

この他にも、靴下は肌と密着しているため汗をかきやすいのですが、汗は足の体温を吸収して外に逃がそうとするため、かえって足を冷やしてしまうのです。

足を温めると血行が良くなり、疲労回復や質の良い眠りにつく効果があるのですが、靴下は逆効果なので湯たんぽや電気毛布などを活用してくださいね。

最後に

いかがでしたか?冷え込みが強くなり、寒くてなかなか寝付けないと困っている人もいるのではないでしょうか。質の良い眠りにつくためには、室温と湿度が重要です。

快適に眠るための温度と湿度を把握し、毛布の使い方や湯たんぽなどのアイテムを上手に活用してくださいね。最近眠りが浅い人や寒さで寝付きが悪い人は、部屋の環境を見直してみましょう。

この記事を書いた人

Sara
Sara
みんなのブログで生活をしていく上でのノウハウや節約術などのお役立ち情報を提供しております。毎日ブログを更新していますので、見に来てくださいね。
スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら