冬本番。体を温めて冷え知らず!毛布・ホッカイロ・湯たんぽを使用した防寒対策は万全に!

寒さが厳しくなり冬の防寒対策が必要となってきましたが、みなさんはどのような対策をしていますか?マフラーや手袋、靴下の二枚履きなど…さまざまな方法で防寒対策をしているのではないでしょうか。そんな防寒対策について、今から使える簡単な防寒のコツをご紹介します。

毛布の正しい使い方

寝る時に使う毛布ですが、羽毛布団と毛布のかける順番を間違えている方も多いようです。羽毛布団の内側に毛布をかけたり、敷布団の上に毛布を敷いて寝ているという方はいませんか?実は、最も温かく眠れる方法は、羽毛布団の上に毛布をかけることです。

羽毛は体温で温められることで膨らみ保温性が高くなるのですが、羽毛布団の下に毛布があると羽毛が十分に膨らまず、保温効果が薄れてしまうのです。

また、身体の熱は上からだけでなく下からも逃げていくので、最上級の温かく眠るための毛布の使い方は、「羽毛布団の上に毛布をかける+敷布団の上に毛布を敷く」の組み合わせです。もし、上にかける毛布が重く感じる時は、タオルケットでも保温効果は得られるんですよ。

タオルケットだと薄いかな…と思いますが、熱を逃がさないようにタオルケットを羽毛布団の上にかけるだけでも温かく眠れます。

ホッカイロを効率的に使うコツ

寒くなると出番が増えるホッカイロですが、持ち歩きに便利な小さいサイズのものや貼るホッカイロなど、その時の用途によってホッカイロの使い方も様々ではないでしょうか。

ホッカイロがあれば手軽にすぐ温められるので便利なのですが、冷える場所によって温める場所も違うので、正しい場所を知っておくことで効率的に冷えた場所を温めることができるのです。

まず、上半身や手先が冷える人は、背中の肩甲骨と肩甲骨の間に貼るようにしましょう。

肩甲骨の間を温めると、血流が良くなり肩の周りの筋肉がほぐれて血行も良くなります。そのため、血行が良くなることで上半身全体や手先の冷えも温めることができるのです。

また、下半身が冷える人は、仙骨がある腰とお尻の間あたりを温めると効果的です。仙骨を温めることで、血液が足先まで温められるため、下半身全体をポカポカにしてくれます。

簡単湯たんぽで足元を温める

足先が冷えて眠れないときに活躍する湯たんぽですが、わざわざ買うのは…と考えている方もいるのではないでしょうか。そんな時に簡単にできる湯たんぽがあるので、試してみてはいかがでしょう。準備するのはペットボトルとタオルだけです。

ペットボトルは1~2リットルの角形で、触るとペコペコするような柔らかいものではなく硬いタイプを準備しましょう。

60℃くらいのお湯をペットボトルに入れて、しっかりキャップを締めます。ここで注意したいのが、熱湯を注ぐとペットボトルが変形したり火傷の危険があるので気を付けましょう。また、低温火傷の危険があるため、タオルをカバー代わりにしてペットボトルに巻きます。

いらなくなったトレーナーやセーターを、湯たんぽのカバー代わりに使うのもおすすめです。使い捨て湯たんぽといった感覚で、使いたいときに気軽に準備できるのもペットボトル湯たんぽのメリットです。変色や変形が見られる場合は、新しいペットボトルに交換してくださいね。

最後に

いかがでしたか?どれもが簡単に使える防寒のコツなので、冷え症の方など寒さ対策でお悩みの方は一度試してみてはいかがでしょう。

また、ピンポイントでホッカイロを貼る部位についてご紹介いたします。続けてお読みください!

ピンポイントで冷え対策!カイロを使って温めるべき身体の部位はここ!

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら