夫のお小遣いは気前よく!家計を預かる主婦はこうやって賢く生きていこう!

日々の生活をしていく上で、私なりに家計を預かる主婦として工夫して貯めているもの、使っているもの、そして増やしているモノについてそれぞれお伝えしたいと思います。

固定費には高還元率のクレジットカードを利用!

絶対に出て行く固定費。こちらの支払い、ただ口座からの引き落としにしてませんか?もしそうなら非常にもったいないです。ぜひ高還元率クレジットカードで支払うことをお勧めします。なぜかというとポイントが貯まるからです。電気、ガス、水道料金はもちろんのこと、

  • 新聞
  • 携帯料金
  • 生命保険・医療保険料
  • NHK受信料
  • コンタクトレンズ

などカード払い可能なケースが殆どです。ほかには食費、日用品、外食費等も使用すれば現金はほぼ使わないような時代です。例えば1ヶ月の生活費が20万だとすると、年間240万円の支払いになります。

その分をすべて高還元率2%のカードを使用した場合、それだけで4万8千円のポイントがたまるのです。面倒なのは高還元率のカードを探すことです。ですが、今カード会社はせめぎ合いのように高還元率を実施しています。

狙い目の時期なのです。

カード払いの切り替えは面倒ですが、それも初めだけです。その手間さえクリアすると、後は何も考えず普通に生活しているだけで、知らないうちにポイントが貯まるのですから利用しない手はないですね。貯まったポイントは旅行など家族で楽しめることに惜しみなく使いましょう。

不要になった衣類はどうしていますか?

実はこれ宝の山なんです。絶対に捨てないでください。とにかく布は万能!なんにだって使えます。不要な衣類はある程度まとめておき、時間のあるときに手のひらサイズくらいにカットしておきます。

大きな裁ちバサミがあると楽にできます。

これだけでちょっとしたストレス発散にもなります。自身がよく使うケースでは、揚げ物をした後のギトギトになったフライパンやお皿。そのまま洗剤をつけて洗うより、一度布でふき取ります。すると洗剤も少量で済み、スポンジもさほど汚れません。

お皿洗いがとても簡単になります。それだけでなく、床に何かをこぼしたときやちょっとだけ汚れを見つけたとき、どちらのケースもわざわざ雑巾を出して掃除するのは面倒。というときにこの不要布の出番です。

ちょっと濡らし、さっとふき取るだけで気になる部分は綺麗になります。どうせ捨ててしまう衣類なので拭いたら捨てるだけです。そうです、ただ捨てるだけでなく、捨てる前に一仕事してもらう、という流れです。

汚れたらすぐ拭くという事が重要ですから、いつも部屋を綺麗に保つことができますし、お部屋が気持ちいい空間になります。これらは家庭でできる小さなエコ活動です。節約もでき、地球に優しい習慣はいいことづくしです。是非どんどん取り入れていただきたい節約術です。

まだまだ便利な方法があった!洋服の処分方法

夫のおこずかいは気前よく渡そう!

消費税増税、原材料高騰による物価上昇、家計はここ何年常にピンチに追いやられているように感じます。そんなときでも絶対に削ってはいけないのが夫のおこづかいです。一家の大黒柱である夫が外で働くことにより対価としてお給料を会社からいただく。

家族はそのお給料で毎日生活ができています。

雨にも負けず風にも負けず来る日も来る日も会社へ行き、家族のために働く旦那様のおこずかいは絶対にケチらないでください。正直、男の人は立ててなんぼです。褒めて褒めてどんどん気分を乗せてあげましょう。

おこずかいはサラリーマンの平均と言われる額を月々渡し、機嫌のいいときに一つだけ約束しましょう。毎月おこずかいを渡す時に、前月のおこずかいの残金をもらうのです。そして、その残金は奥さんはがしっかり貯金していきましょう。

このサイクルができると結構ハイスピードで資産が貯まりますし、ともに頑張っているという意識が表れますから節約疲れをしている奥さんのストレスも軽減するでしょう。趣味が多いご主人は難しいかもしれませんが、それはもう奥さんの手腕が問われます。

なんとか怒らせず、気分よく、

  • 「家計大変じゃないのかな」
  • 「俺も協力できることはしようかな」

と思ってもらってください。思ってもらえるまでとことん家計について話し合ってください。我が家の資産を増やす、という目標に向かって夫婦が一緒に取り組みましょう。そのような姿勢を作ってみると案外簡単に資産が増えていくものです。

がんばってください。

最後に

子どものお小遣いでも悩むことがありますよね。FPの方がオススメしていた方法を次の記事でご紹介しております!

子どもへのお小遣いで悩んだら?FPお勧めの「3つのサイフ」を小遣いに応用♪

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら