毛玉の悩みはこれで解消!毛玉は「取る」ではなく洋服ブラシを使って「作らせない」!

冬の寒さが増す中、皆さんもセーターなど冬物衣類を着る機会が多くなったのではないでしょうか?セーターマフラーなど暖かいもの程、毛玉ができやすく生地が傷みやすかったりしますよね。毛玉ができる事を懸念して、あえてお気に入りの洋服がお蔵入りになっていたり・・・。今回はそんな永遠のループとも言える毛玉問題についてお悩みを解消していきたいと思います。

そもそもなぜ毛玉は出来るのか?

気がついたらいつの間にか出来ている毛玉。一体いつの間に?!と思う事は皆さん、一度は経験があるのではないでしょうか。

毛玉ができる成り立ちとしては、

  • 「洗濯や着用によって摩擦が生まれる」→
  • 「摩擦によって繊維が毛羽立つ」→
  • 「毛羽立った繊維が絡まる」→
  • 「毛玉ができる」

という流れで毛玉が形成されていきます。いつの間にかできていた!とは言え、ちゃんとした形成の流れがあるのですね。

毛玉を作らせない秘策のアイテムはこちら!

上記でお話したように、毛玉は毛羽立った繊維が絡まる事によって生まれます。ならば、絡まった繊維をほどいてあげれば毛玉の元はなくなってしまうという考えになりませんか?そして、そんな毛玉をほどいてくれるアイテムと言うのが「洋服ブラシ」なのです!

どの洋服ブラシがおすすめなの?

洋服ブラシと一言で言ってもブラシの毛の部分は豚毛、馬毛、化学繊維など色々な種類のものが売られています。

おすすめの洋服ブラシは豚・馬などの動物の毛のものです。化学繊維のものは材質が固めで毛が太いため、繊維の中のほこりなどをうまく掻き出してくれません。

馬毛は柔らかく細いので、デリケートな生地でも優しく繊維をほぐしてくれます。カシミヤのマフラーやセーターなどは馬毛がおすすめです。

豚毛は馬毛と比べると少し固めでコシがある毛です。こちらは合成繊維のセーターや厚手のコートなど普段使いできるブラシですので、1本あると便利かと思います。

どんなふうにお手入れすれば良いの?ポイントは3つ!

  1. 着て脱いだらブラッシングをするのが基本です。(毛玉の芽を摘む事ができます)
  2. 毛の流れとは逆の方にブラッシングしていきます。(こうする事により絡まった繊維がほぐれていきます)
  3. ゴシゴシ擦らず、手首のスナップを利かせて小刻みにほこりを払うようにブラッシングします。

以上が基本的なブラシのかけ方です。毎回洋服を着るたびにブラッシングをするのは大変だと思うかもしれませんが、毛玉がなければ安いニットでもワンシーズンで捨てる事なく翌年も着続けられますし、洋服代の節約にもなります。

洋服ブラシで快適な冬おしゃれを!

洋服ブラシが1本あるだけで冬のおしゃれが快適になります。ブラッシングする事で洋服を着ていても毛玉の心配が減りますよね。冬ものの衣類だけでなくスーツにも使えますし、一家に1本お守りのような存在になってくれるのではないでしょうか。

また、編み物をするなら「フックドゥズパゲッティ」でとっても個性的なものができるのです。続けてお読みください!

フランス産の極太刺しゅう糸で編み物!エコな超極太糸『フックドゥズパゲッティ』

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら