在宅ワークの税金問題。主婦がお小遣い稼ぎの在宅ワークで得た収入は確定申告が必要?

スポンサーリンク
728×90

お小遣い稼ぎや家計の負担を減らすために、在宅ワークを始める主婦も少なくありません。パートやアルバイト、会社勤めであれば税金関係のことはほとんど職場でやってくれますよね。在宅ワークの場合、確定申告を自分でしなければいけません。「それほど収入がないから大丈夫」「旦那の扶養に入っているから必要ない」などと思っているフリーランスで働く主婦のみなさん。もしかすると働き方によって、確定申告が必要かもしれませんよ。今回は、主婦在宅ワークを始めたときの確定申告についてご紹介します。

確定申告とは

1月1日から12月31日までの1年間の売上や経費などを確定し、翌年の2月16日から3月15日までに税務署へ申告することを確定申告と言います。

会社の場合、職場の年末調整で税金を調整してくれるので、自分で確定申告をする必要はありません。そのため、在宅ワークで働く主婦は、自分で1年間の所得を確定させて税務署に申告が必要ということです。

在宅ワークの主婦が確定申告をするのは「38万円」以上

専業主婦在宅ワークを始めた場合に確定申告が必要なのは、収入38万円を超えたときです。ということは、38万円以下であれば確定申告の必要はありません。

ただし38万円というのはあくまでも在宅ワークだけをしている場合ですね。もし、本業とは別に副業として在宅ワークをしている場合は、収入が年間20万円以上となるとき、確定申告が必要です。

雇用主から別に収入を得ている場合と、フリーランスで在宅ワークだけの収入を得ている場合では、確定申告を必要とする金額が違うので注意しましょう。

確定申告はどうやるの?

年間38万円以上の収入を得た場合、確定申告はどのようにするのでしょう。確定申告には、白色申告と青色申告があるのをご存知ですか?白色申告と青色申告の違いは、青色申告は事前に手続きが必要ということです。

青色申告の場合、開業から2ヶ月以内またはその年の3月15日までに税務署での申請が必要なのです。

そのため、在宅ワークを始めたばかりの初心者であれば、事前に手続きをしていないと白色申告からのスタートとなるでしょう。

1:白色申告

経費などは大まかな計算で大丈夫なので、青色申告より難しくありません。経理の知識がなくても問題ありませんが、特別控除もありません。

2:青色申告

取引した内容を細かく記載する必要があるため、経理の知識がないと難しいでしょう。65万円の特別控除があります。

知っておくと良い38万円の壁

主婦が在宅ワークで38万円の収入を得た場合、確定申告が必要と説明しましたが、この金額は経費や雑費などを差し引いた金額です。

例えば、年間の収入が50万円だとしても、在宅ワークのためにパソコンを15万円で購入したなら、50万円-15万円=35万円となります。この場合、収入が35万円となるため確定申告が必要な38万円以上を下回りますね。

何に使ったお金か分かるよう、レシートやクレジットカードの控えなどは、1年間きちんと保管しておきましょう。

便利な会計ソフトをご紹介!

白色申告といっても、何から始めればいいのかさっぱり分からない人もいますよね。大まかな記録で良いためエクセルで記録する人もいますが、もっと簡単なおすすめの方法は「会計ソフト」を使うことです。

初心者におすすめの会計ソフトは、「やよいの白色申告オンライン」です。やよいの白色申告オンラインは、初心者でも簡単に確定申告が無料でできると評判ですね。

家計簿感覚で簡単に取引を記録でき、確定申告書も作成できます。

やよいの白色申告オンラインのメリット

  • インストール不要で簡単に使える
  • フリープランは、初期費用・月額費用が無料
  • Macにも対応

さまざまなメリットがあるため、多くの在宅ワークを始めたばかりの主婦は、「やよいの白色申告オンライン」を活用しているそうです。

最初は不安だから手厚いサポートが欲しいという場合は、年間4,320円で電話やメール、チャットでのサポートをしてくれる「ベーシックプラン」を選ぶと良いでしょう。

http://www.yayoi-kk.co.jp/products/shiroiro_ol/index.html

確定申告に関係なく記録をつけよう

38万円を超えないから大丈夫と思っていても、もしかすると仕事が軌道に乗り思いのほか収入が増える可能性もありますよね。年度末に慌てて集計するのはとても大変です。普段から、仕事に関する経費は記録する習慣をつけておくと安心です。

分からないことは直接税務署に相談するのが間違いないです。

ちなみに確定申告のために記録した帳簿などは、5~7年間保管する義務があるため、失くさないよう大切に保管してくださいね。

最後に

いかがでしたか?何気に始めた在宅ワークでも、働き方によって確定申告が必要な場合もあるのが分かりましたでしょうか。

難しいからとそのままにして、収入が増えたころに税務署から連絡が来ても大変ですよね。確定申告の正しい知識を覚え、きちんと申告するのを忘れないでくださいね。分からないことは近くの税務署に相談すれば、親切に教えてくれますよ。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら