🔖働くママの三種の神器!冷蔵庫・洗濯機・食洗器の家電はまだ独身時代と同じ??

スポンサーリンク
728×90




働くママは保育園のことから会社の仕事のことでもう頭がいっぱい・いっぱい…。旦那が手伝ってくれないなら、少しでも便利で楽ができる家電に頼ることを考えなくてっはいけません。働くママには必見の家電(冷蔵庫・洗濯機・食洗器)について教えちゃいます!

仕事と育児の両立に必須のお利口家電

仕事と育児と家事という3つの両立をこなす働くママ。朝から晩まで本当に息つく暇もない日々です。そんな働くママの救いになってくれるのが時短に役立つ家電たちです。私は愛をこめてそれらを「お利口家電」と呼んでいます。

働くママは本当に大変!3つとも完璧にやるなんて不可能です。楽できるところは楽していいんです!

お利口家電三種の神器!

私が働くママになってから絶対に手放せないと思っている家電たちをご紹介します。

乾燥機能付きの洗濯機

これがないとやっていけません。子どもを保育園に入れた時に特に思いました。子供は保育園で頻繁にお着替えをします。一日に3~4回着替えることもざら。

さらに週末には布団カバーにバスタオル、夏場は水着にタオル、トイレトレーニングで大量のパンツ… 保育園に入れた途端、我が家の洗濯物は倍以上に増えました。そんな量を毎日洗って干してというのは相当な手間です。

さら梅雨時はお天気も心配。乾燥機付なら夜寝る前か、朝出勤前にボタンをひと押しすればあとは畳むだけ! タオルなども最新機種であれば干すよりフカフカに仕上がりますよ。乾燥機能は下記の点を重視することをお勧めします。

  • 子供の服は縮みやすいので、縮みが少ないもの(ヒートポンプ式)
  • 気になるものも乾燥できるようにシワが付きにくいもの(風アイロンなど)
  • とにかくたくさん洗える大容量のもの

食洗機

これもかなりの時短、しいてはストレス軽減になります。食器洗いは主婦がやりたくない家事No1に輝く家事だそうです。仕事が終わってご飯を作って食べさせて、お風呂入れて絵本読んで寝かしつけて… 帰宅後の働くママは本当に目も回る忙しさです。

それが食事が終わったらすぐに食洗機にインして回しておく、その間にお風呂!その習慣ができるともう元には戻れません。子供用食器などは食洗機対応していないものも多いので、対応しているか確認するように注意しましょう。

大容量の冷凍庫付冷蔵庫

ただの大容量冷蔵庫ではありません。働くママにとって重視すべきなのは冷蔵庫よりむしろ冷凍庫だと断言します。なぜなら、働くママは毎日一からお料理している暇なんてないのです。私が一番忙しかったころ、帰宅から就寝までは2時間しかありませんでした。

その間に料理と晩御飯とお風呂と寝かしつけです。料理ができる時間は長くて15分!まさに時間との闘いです。そのために週末にできるだけ作り置きをして、冷凍できるものは冷凍。食材も下ごしらえして冷凍。つねに冷凍庫はMAXの状態です。

最近はフリージング術がブームで、たくさん書籍も出ています。 子どもにはちゃんとしたものを食べさせたい、でも時間がない!というママは自作の冷凍食品をフル活用しましょう。

意外に使えない家電たちも…

一方で一般的にはお利口家電と言われるものでも、意外と使えないという声が多い家電もあります。まずはルンバなどのお掃除ロボット。日々留守にしている間に掃除しててくれるなんて素敵、と思いがちですが、 床に物が散らかっている状態ではうまく機能してくれません。

子供のいる家庭では片づけても片づけてもオモチャですぐ散らかってしまいがちですよね。それから、オートメニューが充実したオーブンレンジ。ボタンを押すだけでごちそうメニューができあがるなんて魅力的ですが、実際そんなに色んな料理、毎日しますか?

私はしません。

意外と下ごしらえが面倒だったりするし、高いお金をかけた割には使う機能はいつも一緒という声もよく聞きます。もともとお料理好き!という方じゃない限り使いこなせない家電のようです。

誰にでもあてはまるものではないかもしれませんが、働くママに限らず日々家事時短に取り組む方はぜひ参考にしてみてください。

もう一つの観点からも、家電は買い替えるべきです。電気代です。東日本大震災依頼、節電を意識した家電製品が多くなり、月々の電気代もかなり安くなります。

最後に

育児と仕事を両立させるためのコツについて、次の記事でご確認いただけます!今すぐご確認ください!

働くママさんへ!育児と仕事を両立させるコツ

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら