間違って届いた郵便を勝手に捨てるのは違法!誤配郵便物の正しい処理方法

自宅の郵便受けに、別の人の郵便が入っていた場合、その郵便をどうやって処理していますか?自分のものじゃないし、間違って配達したほうが悪いんだと、ゴミ扱いして捨てたり、何もせずに家で放置していると、後に大変な事態に巻き込まれるかもしれません。誤配郵便物が届いた時の正しい処理方法について、ご紹介します!

郵便物の誤配が起こる原因とは

そもそも、なぜ間違った郵便物が届いてしまうのでしょうか。

いちばん多いのが賃貸住宅や中古住宅などで、自分が住む前に別の人が住んでいた場合です。
前に住んでいた人が引っ越しした際に、郵便局に転居届を出さなかった、もしくは間に合わずに、郵便が旧住所に届いてしまった、というケースです。

他にも、マンションやアパートなどの集合住宅だと、部屋番号を間違えて配達してしまったり、似たような名前の方が近所に住んでいる場合などにも、誤配達の事故が起こることがあります。

差出人が番地を書き忘れた、書き間違えたなどして別の家に配達されてしまうというケースも考えられます。

これらは、郵便局で配達前に念入りにチェックはされますが、それでも管理の目をすり抜けてしまった郵便が誤配達されるという可能性は少なからずあるのだと、知っておくとよいでしょう。

我が家に誤って届いた郵便を勝手に処分すると罰せられる

誤配達された郵便物は、当然、自分にとって必要なものではありませんし、無視して捨ててしまったり、どうすればいいか分からずに家に放置したままにする人もいるでしょう。

しかし、配達される郵便物は、郵便法によって保護されています。勝手な判断で捨てると器物破損、所持したままでいると横領などの罪に問われる危険もあります。

時間が経ってからでは、誤配達された郵便かどうかの立証も難しくなるため、状況によっては「盗んだ」と捉えられてもおかしくないのです。

最悪、所持や処分の証拠が立証された場合には、懲役罰金が課せられることもあり得ます。

誤配達郵便の処理方法について

では、もし誤配達された郵便を発見した場合には、どうすれば良いのでしょうか。いくつか方法があるため、ご紹介します。

郵便局に持っていく

一番確実なのは、最寄りの郵便局に持って行って事情を話して返すことです。現住所や誤配達の状況などを聞かれることもありますが、面倒くさがらずにきちんと回答しましょう。郵便局側も、誤配達の現状を把握することで、今後の事故再発の防止に努めることができます。

郵便ポストに再投函する

時間がなくて郵便局に行けない場合には、郵便ポストに再度投函する方法もあります。

ただ、何もせずにただ入れただけでは、また同じように誤配達されてしまう可能性があるので、誤配達されていた旨を記述した付箋やメモなどを貼り付けておくと、郵便局側でもよく分かり、確実に改善されます。

その際に、自分の家の住所も書いて「ここに間違って届きました」と知らせることで、今後の誤配達防止にも繋がります。

直接正しい届け先に渡しに行く

間違って届いた郵便の受取人が近所にいる、もしくは知り合いだった場合、自分で渡しに行くのも悪くはないです。しかし、配達してから日時が経っていたり、他人に見られたくない郵便だった場合などには、トラブルに発展する危険もあるため、親切が仇にならないように注意は必要です。

郵便以外のものが誤配達されたら

郵便受けには、運送会社が配達しているメール便など、郵便物ではないものも配達されます。それらは誤配達されたものを郵便局に持って行っても、郵便物ではないため回収を断られるか、処分されてしまいます。

確実に相手に正しく配達してもらうようにするためには、そのメール便などを配達した運送会社の支店に直接持っていく必要があります。近くに支店がない、行く時間がない場合には、各会社のサービスセンターに連絡を入れて、回収に来てもらうと良いでしょう。

誤配達された郵送物を間違えて開けてしまったら

誤配達された郵便物を、自分のものと間違えて開封してしまった場合には、最寄りの郵便局やお客様サービスセンターに連絡をして、指示を仰ぎましょう。直接郵便局に持っていくこともできますし、連絡すれば自宅まで取りに来てもらえます。

中身の紛失がないかなど調査が長引いたり、疑われるような扱いを受ける可能性もありますが、それだけ郵便物というものは大事なものです。自分に非がない場合には、真摯に対応してきちんと説明を行いましょう。

最後に

自分にとっては不要な郵便でも、本当の受取人にとっては大事なものかもしれません。逆に、自分の郵便が、どこか別の家に配達されて捨てられていたらと考えると、不快になりますよね。

互いに嫌な思いをしないためにも、これ以上誤配達を繰り返さないようにするためにも、まずは適宜の配達会社に連絡を取ることが必要不可欠です。

サービスは適切に受けて当然のものという考えは改めて、こういったサービスの向上のために協力しようという姿勢を持つことが、良い社会づくりにとっては大切です。

相手の立場に立って、ちゃんと正しい受取人に郵便物が届くように配慮する心構えが当たり前にできる世の中になると素敵ですね。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら