クリスマスのケーキは手作りにする?海外で人気のクリスマスケーキとは

スポンサーリンク
728×90

クリスマスが近づくと街はツリーやイルミネーションで彩られ、一気にクリスマスムードが高まりますね。クリスマスケーキを何にしようか、毎年悩んでしまう人も少なくないのではないでしょうか。特に子供がいる家庭では、一緒に手作りのケーキを作るか、子供が好きなキャラクターにしようか、家族全員が満足できるデコレーションケーキにしようか、いろいろな種類のケーキが販売されるため悩んでしまいます。今回は、クリスマスにおすすめのケーキをご紹介します。

なぜクリスマスにケーキを食べるの?

クリスマスにケーキを食べる習慣はいつからできたのでしょう。日本では、1922年にケーキ屋さんで有名な「不二家」がクリスマスに特別なケーキを販売したのが始まりです。

1955年頃には、不二家が全国的に店舗を増やし、クリスマスケーキも同時に全国的に広まっていったそう。

クリスマスケーキと聞いてイメージするのは、マジパンで作られたサンタクロースやチョコプレート、たくさんのフルーツが盛り付けられるなど、豪華なデコレーションケーキが一般的ではないでしょうか。

実は、豪華なデコレーションケーキをクリスマスに食べるのは、日本や韓国だけの文化だったのです。日本では、お正月におせち料理を食べてお祝いをしますよね。特別な日に豪華なクリスマスケーキを食べるのも、日本人特有の習慣かもしれませんね。

クリスマスケーキの種類

クリスマスケーキは豪華なデコレーションケーキで!という時代は少しずつ変化しているようです。クリスマスに食べるケーキは国によっても大きく異なるため、近年では日本でも海外に合わせたケーキを食べる家族も少なくないのです。

どのようなクリスマスケーキがあるのかご紹介します。

1:シュトーレン

シュトーレンという菓子パンを聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。ドイツではクリスマスにシュトーレンを食べるのが伝統的なのです。

シュトーレンとは、生地にナッツやドライフルーツが練り込まれ、見た目はケーキというよりも菓子パンに近いです。粉砂糖がたっぷりかかったシュトーレンは、クリスマスに降る粉雪のイメージがあります。

ドイツではクリスマスイブの4週間ほど前から、クリスマスを楽しみに待つために少しずつシュトーレンを食べていく習慣があるようです。

2:ブッシュ・ド・ノエル

ブッシュ・ド・ノエルは切り株の形をイメージしており、フランスではクリスマスケーキとして食べられています。

ロールケーキで作るブッシュ・ド・ノエルは、木の雰囲気を出すためチョコクリームを塗ったりココアを振りかけたりしていますね。パウダーシュガーをかければ粉雪のイメージで、クリスマスムードも一層盛り上がるのではないでしょうか。

最近では、クリスマスシーズンになるとブッシュ・ド・ノエルを販売するケーキ屋さんも増えてきました。切り株に可愛らしくデコレーションしたブッシュ・ド・ノエルなど、見た目にも楽しいケーキが増えて、子供から大人まで楽しめますね。

3:クリスマスプディング

イギリスの伝統的なクリスマスケーキであり、ネーミングからカスタードプリンを連想される人も少なくありませんが、プリンとは全くの別物です。生地にドライフルーツやナッツをたっぷり練り込ませ、香辛料やラム酒も含まれています。

1ヶ月程寝かせて発酵させてから食べるため、味わいから少し大人向きかもしれませんね。スポンジのようなふわふわケーキと言うよりは、ズッシリと重みがあり食べごたえ十分です。

4:ジンジャーブレッド

アメリカではクリスマスにケーキを食べる習慣はなく、代わりにジンジャーブレッドというクッキーを食べてお祝いをしています。ジンジャーブレッドマンという人形の形をしたクッキーと言うと、だいたい想像できるのではないでしょうか。

ジンジャーブレッドは魔よけの意味があり、生姜の強い香りが家族の無病息災、風邪予防といった願いが込められているのです。

クリスマスは、ケーキに食事、プレゼントと準備に大忙しですよね。クッキーを焼いている暇もないため、生姜入りで日持ちがするショウガブレッドを早い時期から焼いて準備するという習慣があるようです。

特別感を出すなら立体ケーキやアイスケーキもおすすめ

国によってさまざまなクリスマスケーキが食べられていますが、やっぱり特別な日は思い出に残るケーキを準備したいですよね。子供が喜びそうなキャラクターのケーキは、いつになっても不動の人気ではないでしょうか。

最近では、3Dで立体的に作られたケーキで、キャラクターのリアルさを追求したケーキもあります。

また、子供が大好きなアイスクリームを使ったケーキも人気ですよね。普段食べないアイスケーキをクリスマスに選ぶのも、特別感がでて子供が喜んでくれそうです。

最後に

いかがでしたか?クリスマスケーキは様々な種類があり、最近ではデコレーションケーキだけでなく、シュトーレンやブッシュ・ド・ノエルなどもクリスマスシーズンに目にすることが増えました。

どうしてクリスマスケーキが食べられるようになったのか、国によって食べられるケーキが違うことなど、クリスマスの豆知識を子供に教えてあげるのも楽しいですね。

今年のクリスマスケーキは、家族が満足できるケーキを選べるといいですね。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら